嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

物事に打ち込む心構え

zsdg
初の院展に出品をしている入門者。 毎回毎回一生懸命に筆を持ちながら、より深く学んでいます。自宅での練習もされ、筆を見ていてその心の深さを感じています。いい作品が展示できることでしょうね。


みなさん ご無沙汰いたしております。
やっと夜のクラスを終え、その後は新しい生徒さんへの印鑑づくりを終えながらも、我が教室にある海水魚水槽の水替え
そして、やっとここにたどりつくや真夜中になっております。
日頃から、多くの皆さんが足を運んでくれている教室になっていますが、今日は新しい門人の方へのメッセージとして、また既存のみなさんへのメッセージとしてここにつづらせていただいております


水墨の世界 書の世界 みなさんはどういう思いで飛び込んだのでしょうか。

いろいろ筆を持つために何かしらの心構えがあったと思うんですね。

友達に素敵な墨の作品をプレゼントしたい。 またあるいは、墨という奥の深い世界に筆を通じて体験してみたいなどなど
いろいろであったかと思うのです。

私の場合はというと、それは書を習っていた関係もありながら、同じ筆、同じ墨で水墨という世界ももっと知って東洋の墨の美を味わってみたい、そして、墨を自分の心の表現を表せる唯一の表現方法にしたいと切に願ったからです。


ですから、物事を真剣に見ることも出来たし、今は亡き先生の教えに食い入るように眺めては真似ていた自分がおります。
それは書道も同じです。

おそらく心の中に迷いがなかったと自負しております。
 
私は思うのですね。やはり、何かを学ぶときにあたっては一日してならないものがほとんどでしょう、ましてやこういう世界は長年の訓練と自分からの積極的な努力しかないのだと思うのです。
本人の心次第でしょう。

特に、書や水墨画の世界は、単なる芸術ではなく、芸術として、その人の感性が大いに影響する心象芸術だからです。


ですから、私は習うにあたってやはり心を強く持たない限り先がないと述べたいのです。

それは自分が体験をしてよく感じる思いであります。
現在多くのみなさんが、当会院展の作品展に全力で取り組みながら、奮闘しております。

苦しいことも多いでしょう。 やめたくなることもあるでしょう。でも、そういう場合、「なぜ、自分が筆を持ちたい。」と考えたのか今一つ再確認していただきたいのです。


vcxnf
今回の作品に黙々と向かい続ける生徒さん 考えて筆を動かすことの大切さを学んだ能力の高い生徒さんです。


やはり、毎回毎回 週に1回ではありますが、月に4回も通えばまた飽きてくることもあるかもしれません。

でも、二つの考えに1つしかないのです。

うまくなるか、ならないか。 
何かを手に入れられるか、否か。ただそれだけ。   みなさんはおそらくというより、入門してきたころ「うまくなっていきたい」と必ず思ったことでしょう。

でも、人間というのは同じことを続けて平気でいられることと集中力が持つ人持たない人 それぞれなのです。

しかしながら、私も以前は飽きやすい性格であった自分が、運十年と筆をもってここまでやってこれたことは、
単に集中力がないというマイナスな部分の度合より、はるかに「筆を持って必ず上達してものにしたい。」と思うその気持ちが勝っていただからだと思います。
つまり、いかにプラス的な目的を持つかによるわけですね。

ですから、そういう思いが後押しをして、今では集中力もまた養われたと思っております。


みなさん、わかりますか。人はいろいろと周りのことに影響を受け、あれもこれもと手を出しては、また変えるいうそういう心のありようを持っております。
しかし、それでは気が付いたときに何も残らないのです。
体験は多くしても何も習得できないんですね。

いろいろ体験はしたとしましょう。でも、もし自分が、何かをマスターしたいと切に願っているのであれば、かならずこういう世界は地味でもあり、心の優柔不断な気持ちで筆を持つことができないと思うのです。


fnzd

いろいろ私は、申しましたが、やはり当会のみなさんには一つでも多くのことを学んできっちりとした技能向上に努めていただきたいとただただ願うばかりですね。


私も、日々毎日、真剣に筆をもって真剣にみなさんと向かい合っております。
みなさんはいかがですか。

水墨画 書の世界は正直です。 その人の作り上げるものをみればなおさらその人の気持ちを私はよくわかります。

長年の経験でしょうかね。笑


日々、このところ多くの入会がありましたが、私は、今一度立ち止まってみなさんに物事を習うことの意味を考えていただきたいと思うのです。


私がもっともいやなことは、「中途半端な生き方はしない」ということでしょうか。

それは私の心でもあります。ですから、今でも筆を持ちながらアトリエに来ては今日の自分の気持ちにわだかまりがないかをしっかり見つめながら筆に墨を付けております。


みなさんが、上達してきた中で、今一度物事を習うことの深い意味を探してみて再認識していただきたいと願っております。

あれもこれも、気持ちも優柔不断であるならば、一度立ち止まり再度心の整理をしていただきたいものですね。
決して自分の心には嘘がつけないはずです。



みなさん、新しい方もそして、既存の生徒さんも、これからも目標を再認識し、上達のためには一本の硬い道を目標に
何にでもトライされることを期待しております。

必ずそれがあれば物事はうまくことが運ぶことでしょう。



fdfznb
入門をされ、コツコツと筆をもって丁寧にまなばれております。その地道な活動がいつの日かすばらしい作品に出逢えるることでしょうね。


crf


bzd


一生懸命になっている人の姿はなんて美しいのでしょうか。
ご成功心よりお祈りしています。


★★★新規会員随時募集★★★
月に4回受講でき集中して、個別の課題に徹底して指導を受けたい人 【振替制度あり】
書も水墨画の世界も上達したい人
やる気があり、継続は力なりの精神で取り組める人はぜひいらしてください。


残念ながら、当会は上達を確実に感じていただくため、以下の方は勝手ながらご遠慮くださいますようお願いいたします。
※集中力がなく、物事を続ける自信のない方
※一つの課題に向き合えない方
※カリキュラムなどに沿って課題を消化できない方
※作品を作るために追及、研究心のない方


申し訳ありませんが、ご指導させていただいても上達をお約束できかね、お支払いただくお客様【生徒様】のお月謝が無駄になってしまうこと、双方の時間の無駄になりかねますのでご遠慮くださいましたら幸いに存じます。なお、当会は生徒集めに徹した募集はいたしておりませんのでご理解ください。。

★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><br /><br /><div class=
関連記事
  1. 2015/04/21(火) 02:12:12
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 物事に打ち込む心構えのトラックバック:0
  4. 物事に打ち込む心構えのコメント:0

水墨画の命は線にあり

rha

みなさん いかがお過ごしでしょうか。
春めいた季節の中、みなさんもご機嫌よろしいかとお察しいたします。

多くの新しい仲間が筆仲間としてこのすばらしい陽気な春にお迎えできますます活発に筆をもって交流できる環境があることに感謝感謝です。


みなさん、すがすがしく筆をもってともに研鑽に励んでいってほしいですね。


さて、今日は、上記の作品をご覧くださればと思いますが、こちらは今月初旬に行われました「国際水墨芸術大展」東京都美術館で見事初入賞した門人の作品です。


何とも言えないこの作品は墨色だけではなく、淡彩の美しさ また見事な構図 本当に努力の跡がひしひしと伝わってまいります。

作品はただただきれいなだけではなく、いろいろな技法やまた構図の問題において大きく左右されています。


私が、特にすべての門弟に言い続けること、それは濃淡も然り、まずは線を鍛えよということですかね。

多くの門弟が非常に伸びていくなかで、ますます重要になるのがこの線の質なんですね。


線は、一日してなるようなものではなく、長年の鍛練の中で上達していきます。

そのためにやはり重要なのは書をたしなんでいるか否か。書道をしている方で師範をお取りになっている方も入門され水墨画を始められるとやはり筆の線という点ではとても筆さばきがなれているため上達が格段と早くなるようです。


私も幼いころから今まで書をたしなんでいます。書をやることで線を自然と鍛える結果につながるわけです。

上記の梅の門人も書を当会で学びバランスよくその上達がされているお一方なのです。

xhft

私が思うに、審査員として審査をすることもたまにあるのですが、その大半以上が線が生きていない なにか生気が感じられない作品も多いのです。

もちろんきれいに描けて入るのですが、そこに気韻生動の生きた線がないために訴えるものがないのですね。

ですから、みなさんは絵を単に描いているわけであって実はその本質が描けていないというそういうことになっているのです。


我が会では、線を徹底して何度も履修します。
生きた線をなくして生きた画は生まれないと考えるからです。そのためには、関係がないと思われる書はその生きた水墨画を学ぶにあたって本当に重要な世界であります。


書を長年学んでいる人はやはり画もうまくなるのが断然い早いのです。

ですから、みなさん、どうか書をおろそかにせず、線を鍛えるということでは必ず実践をし画賛を入れるそういう勉強にも本腰をいれていただくことが重要であると申し伝えたいと思います。


trsj
上記の像の作品も同様に今回の大展で見事上位入賞へ選出され本人も大変満足されていました。

何度も何度も線を重ねながらすばらしい像の質感を出せているように思います。

濃淡もすばらしいし、またその構図が大胆 また背景も見事です。

水墨画も単に画を描くことではなく生気を踏まえて線を活かす そういう筆使いを願うばかりです。

こちらの生徒さんはもう先生になられる段階まで来ましたね。ここまでくればはずかしくもないでしょう。
どうかこれからも線を大事にいろいろな線を習得し、生気にあふれた作品をは残していただきたいものです。


tsrjt

教室の院展の締め切りももうまじか。 みなさん最後のラストスパートに。
毎年毎年の作品が大きく向上し、習われるすべての生徒さんが今回はここまでというように満足をして筆を持ってくれています。

ですから、当会の院展では多くのみなさんが毎年大きく前進し向上を続けています。


「線を鍛えることなくして生きた画はかけず」

この言葉を大切にしっかり線を鍛えることを念頭に筆の学びを今後もしっかり続けていっていただきたいと願っております。


みなさん 最後まで頑張ってくださいね。


fgxj



★★★新規会員随時募集★★★
月に4回受講でき集中して、個別の課題に徹底して指導を受けたい人 【振替制度あり】
書も水墨画の世界も上達したい人
やる気があり、継続は力なりの精神で取り組める人はぜひいらしてください。


残念ながら、当会は上達を確実に感じていただくため、以下の方は勝手ながらご遠慮くださいますようお願いいたします。
※集中力がなく、物事を続ける自信のない方
※一つの課題に向き合えない方
※カリキュラムなどに沿って課題を消化できない方
※作品を作るために追及、研究心のない方


申し訳ありませんが、ご指導させていただいても上達をお約束できかね、お支払いただくお客様【生徒様】のお月謝が無駄になってしまうこと、双方の時間の無駄になりかねますのでご遠慮くださいましたら幸いに存じます。なお、当会は生徒集めに徹した募集はいたしておりませんのでご理解ください。。

★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><div class=
関連記事
  1. 2015/04/17(金) 11:36:43
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 水墨画の命は線にありのトラックバック:0
  4. 水墨画の命は線にありのコメント:0

第6回 京都文人画展への挑戦

trjs

みなさん いかがお過ごしでございますか。 あわただしく一週間が過ぎております。四月もまた半ばへ。
季節の移り行く早さを感じては、この頃の忙しさにバタバタしております。

さて、先日締切がありました、全国水墨画美術協会主催の第6回京都文人画府展覧会の作品を作り出品をした生徒も多く
その作品作りをもっていろいろ多くのことを学んだことと思います。


上記の作品を描いている生徒さんも大変上達をされ、夏の風物でもあるアユを墨色で見事に表現されておりました。
やはり枚数を重ねて描く、常に研究をする心を持って挑む。また決して妥協をしないことこそがその人の画というものを作り上げていくのだと常々感じております。


gckhm
京都展覧会は日本の古都である京都で毎年開催され、夏の祇園の祭りに加えての大きなイベントになっているようでございます。

全国はもとより、海外からの出品もあり多種多様の水墨画の可能性を追求し続けているそんな画壇の一つでもあります。

そういう全日本の舞台で、当会の門人も多くの方がその作品会に挑み、技能をまた深めるために真剣になって取り組まれたようです。

結果はどうってことありません。それが私の私見です。
結果というのは後から必ずついてきます。 それよりも大切なことは自分をその画の中に悔いなく表現し、妥協することのない作家活動ができたか否かではないかと考えております。

毎回、当会の生徒さんはレベルの高い作品にも挑みながら磨きをかけ、着実にその技法を学びながら次回の出店に備えております。

今回も数十名の方が出品をされ、その多くが力作といっていいくらい素晴らしい作品になっていたと感じました。
何よりも心で感じるそんな作品に一様になっていたと感じております。

kd57

多くの墨絵の愛好家が集う中で皆さんがどれだけ苦労をして試行錯誤を繰り返し研究したかが重要であってそれが今後の作家としての活動に大きな幅を持たせてくれるはずです。


何度も何度も同じ課題に数か月向かう そういう心構えの備わっていることが大事でとても地道な作業なのです。
それを逃げることなく最後の最後までやり続けることこそ この世界に必要な精神であると感じております。


私も今回は古都 京都を舞台にしたテーマで下絵から作り上げ とある風景の写真から作品をイメージしてみました。

xrtj

その中で試行錯誤しながら数週間をかけてやっと出品し終わりました。
なんだかやっと肩の荷が下りたのもつかの間 今月の教室院展に向けての作品作りや、商談での作品注文に追われてはカレンダーを眺めるそんな今日この頃であります。


四月下旬には結果を知ることになる今回の作品会 みなさんの作品に光り輝く結果が届きますように心から
祈るばかりであります。本当にお疲れでございました。


srt
こちらが作品として出品をしたものです。 まあ私の今の気持ちは込めることができたと胸をなでおろしております。



nyrs
これからもみなさんとともに心を一つにして多くの作品に挑んでいければとねがっております。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


★★★新規会員随時募集★★★
月に4回受講でき集中して、個別の課題に徹底して指導を受けたい人 【振替制度あり】
書も水墨画の世界も上達したい人
やる気があり、継続は力なりの精神で取り組める人はぜひいらしてください。


残念ながら、当会は上達を確実に感じていただくため、以下の方は勝手ながらご遠慮くださいますようお願いいたします。
※集中力がなく、物事を続ける自信のない方
※一つの課題に向き合えない方
※カリキュラムなどに沿って課題を消化できない方
※作品を作るために追及、研究心のない方


申し訳ありませんが、ご指導させていただいても上達をお約束できかね、お支払いただくお客様【生徒様】のお月謝が無駄になってしまうこと、双方の時間の無駄になりかねますのでご遠慮くださいましたら幸いに存じます。なお、当会は生徒集めに徹した募集はいたしておりませんのでご理解ください。。

★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><div class=
関連記事
  1. 2015/04/14(火) 03:21:16
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 第6回 京都文人画展への挑戦のトラックバック:0
  4. 第6回 京都文人画展への挑戦のコメント:0

院展最後に向けて

ctj


皆さん 大変ご無沙汰しています。
連日、展覧会の準備とともに、我が教室では京都展覧会 またさらには、私のほうでの役員出品 多数のお問い合わせとご入会などで本当にばたばたしなかなかこちらにたどり着くことができず読者の方々に葉ご心配をおかけしました。

本日ちょい合間が空いた内とこうして更新しております。


春の風に誘われてか、書や水墨画という筆の芸術を始めてみようと足を運ばれる方が多く、それでいて大変みなさん熱心であります。

水墨画も書も根気と長年やり続けることのできるそういう気力のない方ですと、伸ばしてあげたくてもなかなか伸びないというのが本音のところであります。


さて、上記の生徒さんは、今年の初夏に開催される教室院展に向けて熱心に取り組まれており、雪の中の竹を仕上げておりました。


やはり一つ一つと丁寧にやり抜いてきたこちらの生徒さんらしい基本がしっかりしたそういう作品になったように思います。

墨色も研究しなくてはいけないし、またさらには筆をどのように運ぶかにおいて相当の時間をかけて制作をされました。

初回に入会時には、なかなか思うように描けなかった生徒さんですが、やはり毎週毎週足を運び、決して妥協せず、しっかり前を向いて歩いてきたということが今の真の力につながっているのではないかと感じております。



ctrjd
こちらの生徒さんは渓谷を描きたいとさっそく筆を執っていました。教室院展では、初夏の涼しげな渓谷と水の流れを何とか表現したいとと持ち込まれまして私の指導のもと本当に集中してやり抜いておりました。


fjfc

まだこれから先に描いていかないといけないところや、省力の美等をお教えしていかないといけないと思っております。


xbft
作品を描くことは、年に一度の大イベントではありますが、当会に足を運ばれる生徒さんのほとんどが、教室で書を学び、水墨画を学びバランスよく学習され、どちらの芸術にしてもしっかりとした作品になっていることは間違いありません。

何よりも、飽きずに、自分から進んで筆を執ればすぐに上達することも可能であります。


dhr
作品を描く中でやはり、水墨画の描かれる絵にすばらしいというのが内面から現れてくるようなそんな作品を目指してほしいと思うのです。

何もきれいで、技法に優れた作品よりも、見る人の目に印象としてそっと残るようなそんな美を追求してほしいと思うのです。

いろいろこれからみなさんを含め、教室院展 また祝賀会と、そして展覧会が終われば中国国際展 私はさらにはさらにはの出品に追われる日々なのでしょう。


いつも気が付けばまた寒い冬が来てやっと落ち着くようなそんな多忙を極める今でありますが、そういう身分を私に与えて下さったことに心より感謝をしこれからもますますの発展と生徒さんの技能上達のためにしっかりしっかり応援できればと願ってやみません。



xft



ztjh
あと残りわずかの制作 どうか今年も盛大な院展なるようにみなさんの一人一人の力を作品に込めてご健闘ください。

頑張って!!!



w





★★★新規会員随時募集★★★
月に4回受講でき集中して、個別の課題に徹底して指導を受けたい人 【振替制度あり】
書も水墨画の世界も上達したい人
やる気があり、継続は力なりの精神で取り組める人はぜひいらしてください。


残念ながら、当会は上達を確実に感じていただくため、以下の方は勝手ながらご遠慮ください。
※集中力がなく、物事を続ける自信のない方
※一つの課題に向き合えない方
※カリキュラムなどに沿って課題を消化できない方
※作品を作るために追及、研究心のない方


申し訳ありませんが、指導をしてもお支払いただくお客様【生徒様】のお月謝が無駄になってしまうこと、双方の時間の無駄になりかねますのでご遠慮くださいましたら幸いに存じます。なお、当会は生徒集めに徹した募集はいたしておりません。

★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><div class=
関連記事
  1. 2015/04/07(火) 15:44:49
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 院展最後に向けてのトラックバック:0
  4. 院展最後に向けてのコメント:0

大日本書芸院 練成会にて

nbxtf


みなさん 長らくのご無沙汰です。 最近は非常に多くの新規の方が筆を二義理に来てくれていることや、また自分の
作家活動が多方面にわたり大変バタバタしています。

喜ばしいことですが、やはり身丈だけの生活をと願いながら日々を歩んでおります。

さて、先日の日曜日には我が会が所属する大日本書芸院 合同練成会が開催され四国は徳島まで我が門弟とともに
参列をし朝から夕方まで筆に明け暮れたそんな練成会でございました。


数多くの方々が、今年の夏に開催される【大日本書芸院展】東京都美術館で開催予定のために必死になって手本を身ながら作品制作にふけっているのです。


書はやはり、墨すりから 墨をすりながらあれやこれやと悩みながらも多くのみなさんも同様に、試行錯誤しながら筆をもって研究をされていました。


まわりも真剣であるためにこちらも気を落ち着かせているわけにもいかず、みなさんとともに朝から一生懸命になって精進をさせていただきました。

この練成会には、大日本書芸院 代表理事の先生をお迎えし、直接に指導をしていただくことに大きな意味があり、
作品制作の上での大きな指針として位置づけられております。


fdhf
我が門弟も飛行機に乗り、一路四国へ。緊張しながらも落ち着きながら一つ一つの書を大切にこのようにお稽古をされておりました。


練成会はやはり参加していく中で、はじめは緊張しながら筆を運んでいる自分が、先生の指導を仰ぐたびに少しづつ変わっていく様子がよくわかります。

やはり、自分ひとりでわからないところも指導をうければ「ああ、そうなのか」と納得いくこともあるのです。


我が生徒も、今回ばかりは緊張しながらも真面目に一生懸命取り組み、院展に向けてまた大きな励みになったようであります。


xnfdt

私はというと、鑑査員として【師範より上】なので小品としての作品を制作しました。
上記の写真のように、大きな筆でどっしり重厚に表現を求められる前衛書という部類の作品が当たり、その作品を書いてはいるもののなかなか墨色の発色が非常に難しく本当に難しい筆さばき 墨つくりに悩む毎日であります。


諦めては何もありませんから、私もこの練成会での励みとお稽古する大切さをまた改めて感じましたので今後気合を入れてさらに精進していい作品に出会いたいと思う。

一人一人の作品にコメントと講評を直々に代表理事の先生からいただき、目には見えなかった部分での指導を感じた今回の合同練成会でした。

これを機会に、ますます磨きをかけ、その教えに報いるように我々も一生懸命に努力を重ねていければなと感じております。


xtj

これだけの多くの人が練成会に駆けつけ朝の9時ぐらいから夕方まで何枚も何枚も書作していました。


書の仲間とこうして交流できたことを感謝するとともに、どうか今回の作品が上位に向かえるようにさらに練成会でいただいた師匠の教えを胸に筆を運びたいと願っております。



私は上の作品で左のさく。「曇」という感じ1字です。 それがまたなんとも難しい。
しかし、難しい中に学ぶべきことを実際に体験して理解できるようになると信じ、これからも頑張っていきます。


練成会皆さん本当にお疲れ様でした。 これからもどうかよろしくお願いいたします。


xdtjh
最後に、本部代表理事が生徒さんのために、大きな筆で前衛書を見事に書いてくださいました。
本当に参考になりましたし、感謝の気持ちでいっぱいです。 やはり筆さばきが違うんですよね。


今年の大日本書芸院展での展示会が今からとてもわくわくしながら待っているような感じですね。
ぜひみなさん 精いっぱいに心をこめて筆を執りましょう!!!



★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><div class=
関連記事
  1. 2015/04/03(金) 01:24:07
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 大日本書芸院 練成会にてのトラックバック:0
  4. 大日本書芸院 練成会にてのコメント:0
次のページ