嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

墨をおろす瞬間

dfh

みなさん こんにちは いかがお過ごしですか。今日は東京も温かくうれしいかぎりですが明日からはまた寒波が到来。
まだまだ先の見えぬ春に首を長くして待っている次第です。

さて、今日のお話ですが、教室でも作品によっては一から墨つくりから始めることもあります。
墨をする そして筆をにぎって作品に向かうそれが本来の姿であります。

私も作品の大小にかかわらずやはり作品として仕上げるそういう場合は、墨汁ではだめですね。
やはり墨を上の生徒さんのようにゆったりした気持ちで墨をすりおろしていきます。

その瞬間がとても気持ちがいいですし、磨きたての硯でしたたる水滴からの水をうけて松煙墨(青墨)なんかをゆったりとした気分ですると気持ちがだんだんと落ち着いていき、作品のイメージといいますかその作品を書くという瞬間でのかけがえのない緊張感を味わえるわけです。


dtky
書道も水墨画も墨をすって本格的に書いていけばやはり気持ちも乗ってきますし、その墨をする時間こそがその作品に向かうべき心意気なのだと感じます。

作品を作るだけにあらず、作品には品位とまた美しい限りの墨色をもち、作品の心はその墨色 筆の筆跡に込められるわけであります。

ですから、教室でもやはり、単に墨をすることもせずにただ書いているだけ 描くだけでは本来の芸術の心を紹介できかねないと私は思っております。


教室では現在教室の院展に向けてさらにその作品の構図などが出来上がってきたら本格的に清書へと入っていきます。
その中で生徒さんは硯に向かい、特別な時間を持ちます。特に書道はそういう方が多いでしょう。

墨色を見ずにしていかにしていい作品と出会えるでしょうかね。おそらく無理でしょうね。

墨を静かに下ろしながら作品をその擦っている時間いイメージする時間 とても大切な時間だと私は考えております。

みなさん どうか楽しみだけではなく、心静かに墨をすりおろしながらまた作品制作にひたすらに向かうこと
それが無心の世界ではないでしょかね。

ht


dyk



gre
すりおろすと何とも言えない墨色に出会います。これもまた瞬時にしてそして偶然に。。。だから一期一会の世界がココにもに広がるのです。





n,cg



taeh
すりおろした60年前もの古墨で描いた山水  実に香り高い優雅なにじみであった。

dytkn
命 生命 生き生きとした色合いに調墨したものである。




dyl
酒にはちょいちょい酔っ払い気分で筆をもつことも。。。。


blog_import_4f2ce4f45f7e4.jpg


やっぱり可能性がある墨の文化は奥が深過ぎますね。。。、みなさんもその魅力をこれからも見つけ味わいましょう。



dvs
▲第37回国際書画連盟展 いよいよ開催▲当会院長であります矢形 嵐酔先生が所属している国際書画連盟展が東京 六本木 国立新美術館にて本日より
盛大に開催されております。
どうかご友人様お誘いあわせの上ご高覧賜りますようお願いいたします。当会門人も多数上位入賞者はじめ展示されていますのでよろしくお願いいたします。


会場:東京 国立新美術館 
会期:平成27年1月21日(水)~2月2日(月)
時間:10:00~18:00まで 最終日14時まで 入館は閉館30分前まで
主催:国際書画連盟 後援:文化庁・中国大使館・東京都   


私は理事役員枠といたしまして今回は墨虎を描いて出品しております。 ご高覧願います。
ydて






★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><br /><br /><br /><div class=
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/01/27(火) 15:35:50
  2. 日記
  3. 墨をおろす瞬間のトラックバック:0
  4. 墨をおろす瞬間のコメント:0

教室院展に向けて精力的

fvdhx

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか。
早いものでもう1月も後半戦ですね。時の移り行く早さを刻々と感じながら日々多くの門人様と筆をもってお稽古に精進しております。

さて、今年に入り、教室では例年開校以来のことですが、教室院展「洛陽会社中展」に向けて一斉に門人の作品制作 批評などにはります。

みなさんそれぞれのレベルにあった作品課題を探し出し、自分でしっかり構想や構図等を研究しながら私のアドバイスを受けて更なる上達を目指されています。


txrj
入門されてきた新人の方も既存の生徒さんと仲良く楽しく筆を握りながら真面目にこうして取り組まれています。

作品を作ることは、単なる描く書くという行為だけではないのです。 そこにそれぞれ描き手の心というもの感動が
十分に表現をされているかということに尽きるのです。

椿をみて「ああ、なるほど このように花がなっているか」「ああいう葉をしているんだ」ということを自ずと研究するようになり
水墨画を通じてその自然に迫ることもできるのです。


これが勉強であり学びであります。

vcn
みなさん それぞれに課題に頭を悩ませながらも順を追って指導を徹底しているためすばらしい作品が毎年出来上がり
この展覧会を通じてたいへん腕を伸ばされて行かれます。

教室の発表会は、そういう意味でも研究をするうえで大きな向上への源になっています。


gfx


xtrj


それぞれの作品が初夏のころ 一堂に飾られます。自分は描けない作れないなどと弱気であった人もそれはそれは見事な作品に仕上げられ自分でも驚くほどになられる方も多々います。

教室院展は長いようで短い制作期間 その中でしっかり基本を重視し、指導にそってやっていただければそれなりに素晴らしい悔いの残らない作品になることでしょう。


u8or
基本なくして作品にならず。 この意味をしっかり当会門人たちは把握しているようです。
これからますますの指導で更なる磨きをかけていよいよ我々は盛大な院展を開催するになります。 

焦らず 自分自身のペースでそして少人数で徹底して学ぶ環境 それが当会であります。 

多くの門人が毎年毎年見違えるほどに伸びてきました。これは教室の宝というべき存在であります。
ますますの研鑽をともにしながら教室院展でどうぞ思う存分輝かれますことを期待しております、



gfx

多くのお問い合わせが重なり今現在返信やスケジュール調整でご連絡が遅くなっています。 どうかお許しください。
必ず順にご返信していますので少々お待ちくださいませ。

先日にも2名の方がお越しになり新しいメンバーになられました。 ますますともにすばらしい水墨画 書という筆の芸術をまずは楽しんでいただきこれからますますうまくなっていかれますようにお祈りしております。




sdvb


この場をお借りし深くお礼を申し上げます。


ではみなさん 本腰を入れて恥ずかしくない輝いた墨絵 書を頑張ってくださいね。




dvs
▲第37回国際書画連盟展 いよいよ開催▲当会院長であります矢形 嵐酔先生が所属している国際書画連盟展が東京 六本木 国立新美術館にて本日より
盛大に開催されております。
どうかご友人様お誘いあわせの上ご高覧賜りますようお願いいたします。当会門人も多数上位入賞者はじめ展示されていますのでよろしくお願いいたします。


会場:東京 国立新美術館 
会期:平成27年1月21日(水)~2月2日(月)
時間:10:00~18:00まで 最終日14時まで 入館は閉館30分前まで
主催:国際書画連盟 後援:文化庁・中国大使館・東京都   


私は理事役員枠といたしまして今回は墨虎を描いて出品しております。 ご高覧願います。
ydて






★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><br /><div class=
関連記事
  1. 2015/01/26(月) 02:26:04
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 教室院展に向けて精力的のトラックバック:0
  4. 教室院展に向けて精力的のコメント:0

風景を描く 水墨紀行

hm


みなさん こんにちは 今日はとても底冷えのする一日となっております。
なにやら東京でも寒波の押し寄せでちらりほらりと雪まじりの雨のようでございます。

さて、今日はこれ。

水墨画の風景を描いた作品です。 水墨画の風景はやはりモノクロという色調に味わいを感じ、そこで見る側が
季節を感じて心でその季節の色を見るということができる本当に無限の広がりをもった作品となります。

描いたのは奥入瀬の渓谷の一部分
水がしたたりまた渓谷の岩場を清らかな水流がすがすがしい感じを醸し出している そんな風景にしてみました。
おそらく心の中ではほのぼのと温かいそんな季節いいますか、春の装いみたいな感じを早く感じてみたいのやらわかりませんね。


風景のコツはやはり線の表現にありますし、また墨色も青墨を基調としたやさしい澄み切った色合いがよろしい。

そういうことに時間をかけて写真などをみてこういう本画を描いていくわけです。

当会でももうすでに教室院展の作品制作にみなさんうつられており、風景を描いている人もいます。そういう方のためにこの作品がよきサンプルになればと描いてみました。


vg


水を描くことはよくその流れを読み、また水しぶきや水の深い浅いなど色合いに変化の生まれるそんな部分をこと細かく描くことが大切であります。

ですから単なる風景を描いているのではなく、自然に隠されている音もない無音の世界の光のようなものをじっくり感じ入って作品に表現してこそすばらしい風景画となっていくように思います。


今回の作品のほかにも風景を一部紹介しますね。 ぜひみなさんも日本のみならず海外の美しい風景 また
心象の風景を筆を使い水墨という世界で楽しんでみてはいかがでしょうか。


bcmgh



bmhg
こちらは生徒さんが心を入れて表現されています。何か物静かで時のとまったような雰囲気ですよね。

aet


vjh.
上記二枚も私の作品です。  にじみを存分に表現した作品の風景


h.jk


fgxn



iky
中国江南の桂林を水墨画で描いたものです。

みなさんも大いに水墨画で風景を楽しみましょう。!!!



rts
みなさんいつもご覧くださりありがとうございます。みなさんのおかげで当会も成長できております。
昨日も連続にわたり新規の方2名さまがご入会くださいました。

楽しくそして真剣に、また大いなる飛躍のためにともに協力して精進してまいりましょう!!よろしくお願い申し上げます。


dvs
▲第37回国際書画連盟展 いよいよ開催▲当会院長であります矢形 嵐酔先生が所属している国際書画連盟展が東京 六本木 国立新美術館にて本日より
盛大に開催されております。
どうかご友人様お誘いあわせの上ご高覧賜りますようお願いいたします。当会門人も多数上位入賞者はじめ展示されていますのでよろしくお願いいたします。


会場:東京 国立新美術館 
会期:平成27年1月21日(水)~2月2日(月)
時間:10:00~18:00まで 最終日14時まで 入館は閉館30分前まで
主催:国際書画連盟 後援:文化庁・中国大使館・東京都   


私は理事役員枠といたしまして今回は墨虎を描いて出品しております。 ご高覧願います。
ydて






★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<div class=
関連記事
  1. 2015/01/21(水) 16:24:35
  2. 相互リンク集
  3. 風景を描く 水墨紀行のトラックバック:0
  4. 風景を描く 水墨紀行のコメント:0

基礎を徹底してください。

gr

みなさん いかがお過ごしでしょうか。
連日、国際協会の新たな事務処理やまた、多数の新規会員様の入塾に関しいろいろ新年からばたばた。
ありがたいことではありますが、やはりここは身丈の範囲で今年も平和に乗り越えてゆかねばと自分の心と対話している今日この頃です。


さて、多くのみなさんが入塾に選んでくれていますが、やはり最近思うことを述べますと、一通りカリキュラムをやったからでは描けるようになる 書けるようになるというのは間違いなのです。
繰り返しの精進をされていますか。また、集中して心を入れて筆を運んでいますかということにあります。


cgh,k
すばらしい作品とは技法に凝ったそんな作品だけではなく、見ている人作った人との心がその作品を通じて共感できるところにある。だから私も筆をもってみようかなどと心を動かす時があるのですね。


なんでもそうです。基礎がない人はいづれ壁にもぶつかりますし、大した作品にはなりません。
よく国内外の審査会にも参加をしていますが、そういう心にこない作品もあります。 もちろんよくは描けているのですが技法に走りすぎてその人の基本的な心生きが見えてこないなどそういうものが多くなったという気がしております。



tydkd


ns

基礎を徹底して何度もわかるまでやるという人はごく一部です。 描けたかけただけでもうすでに心が先走って,いかにもできているような錯覚に陥る それが大変恐ろしいことなのです。

私の先生からもよく聞いた言葉があります。
「釘の打ち方のわからないものにいくら次のことを指導したところで基本がないのだから家など建てられるはずがない。」
と。みなさん わかりますね。 そうです。
いかに土台となる基礎的な要素がないと先に進めないかということをいているのです。



nhw46

我が教室ではそういう観点からも一人一人が徹底した基礎を習得していただくために手取り足取り指導をしています。

必ず描ける書けるようになる工夫があります。当会独自に編み出した上達法があります。
それをうまく指導をして、そこに基本を大切にするという姿勢を両者がもって臨んでいくことが更なる飛躍の一歩につながるように思います。 まちがいありません。


ykd

ますますみなさんが当会に来られ、当会の指導で徹底した基本を活かし、自分の作品の中に生きた線質 また生きた精神を加味したものを作り出していけるように私もますますこれから気合いをいれて共に勉強に励みたいと願っております。


bxzrf

この猫を手本で描きました。愛らしい遊びをもった猫 こういう遊びも含めた作品でみなさんと末永く筆を楽しんでまいりたいと思います。

これからもどうかどうかみなさんよろしくお願いいたします。


fdf
毎日多くの生徒さんが意気込みをもって楽しくそして真剣に学びをされております。   飛躍してくださいね!!!




★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><br /><div class=
関連記事
  1. 2015/01/20(火) 01:37:45
  2. 嵐酔 gallery
  3. 基礎を徹底してください。のトラックバック:0
  4. 基礎を徹底してください。のコメント:0

2015年 六本木教室からの報告

reh


みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか。 
今日は北風が強い冬晴れですが、雪も雨も降らほっとしております。

さてさて、今日はこちら。 2015年になり六本木水墨画教室からのご報告です。 六本木教室のみなさんは
正月疲れもなくこうして元気に筆をもって参加してくださいました。

初回ともあり、みなさんのちょっとした準備運動から開始しました。「基本に忠実であれ」というのが当会のスタンスです。
そういう観点からも今回は正月におめでたい朱竹を描いてみました。

筆をもってしっかり基本を学んだ後にまた新たなお稽古をすればさらに練習した意味を感じてくれるからであります。



ytdok

jty
一本一本を光と影に注意しながらお稽古して習ってきたことをもう一度よくかみしめてみなさん真剣なまなざしで筆を運んでおられました。


76ro


esr

男性陣もまたこうして何度も集中しながらお稽古に励まれています。 やはり水墨の世界は単に絵を描くことだけにあらず
繰り返しのお稽古を通じてしっかりその基本を活かして作画していく姿勢に意味をもつということを考えてお稽古をしないといけませんね。

fean


その後はみなさんとそれぞれのみなさんが描いた朱竹を見ながらそれぞれのいいとこなどを見せ合いました。
このような水墨画の世界で、ともに同じ課題において復習を取り入れて学ぶことも共通性があり、みなさんお互いの刺激になるわけですね。


基本を学ばれた後には、2015年の干支であります羊を 簡単な白描で表現する技法を伝授させていただきました。

作品を描くことは単に作品がうまいだけではいけません。そこに描かかれたものが生きているか また生き生きとした線質が常に保たれているかなどが重要なのです。

動物を描くのはまだまだ時間のかかることかもしれませんが、一歩一歩の努力を重ねてさらに精進をしてくれることを祈っております。


今回の羊はみなさん愛嬌のあるとても愛らしい雰囲気で描けたと思います。 作品に愛情をもってまた作品に品位をもって描ける そんな筆使いをマスターしたいものです。


ytdok


cfh
とある生徒さんのこの愛らしい羊 平和な年になりそうなそんな気がいたします。



htes


trsj


erah


みなさん 私とともにいろいろ描いております。課題はいろいろありまだまだこれから奥の奥をお教えしていかないといけません。

指導という形ではありますが、私も大いに勉強をさせていただいているそんな気がしております。


六本木教室のみなさんは本当に上達され、今や、このメンバーの中に全国の公募展で無鑑査を射止めすばらしい賞に輝くそんな人も増えました。

日頃のたゆまぬ努力でしょうね。  これからのみなさんのますますのご飛躍をお祈りし、これからもどうか筆を一緒に楽しく学んで参りましょう。


本当に2015年の初回は楽しい意味のある始動になりました。 感謝を申し上げます。!!!



hgk






★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><br /><div class=
関連記事
  1. 2015/01/17(土) 15:52:02
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 2015年 六本木教室からの報告のトラックバック:0
  4. 2015年 六本木教室からの報告のコメント:0
次のページ