FC2ブログ

嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿、銀座で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

今年の夏


みなさん おはようございます。

九月に入ってやっと涼しくなりましたがまだ曜日によりましたら暑さが帰ってくる日もあるとか。

まあまあ なんといいますか、今年は異常な程の暑さでしたから昼間こられる生徒さんも汗でびっしょりっということも。
今年の半端ない夏に会員だけで素敵なオリジナルの扇子やうちわを作り少しだけ涼しい涼を求めてつくってはみたものの、顔だけ涼しくて体はアツアツ。

それだけ大変な夏になりました。

噂に聞くところ、プール遊泳中に熱中症とかで 水温が34度ほど 体温に近い状態ですから水泳してて熱中症 聞いて驚きました。

さて、お話は戻りまして今回はご年配の方々のうちわとまた当会の会員 会友のみなさんの作品 がたくさん集まりみなさんとても個性的で感性豊かな作品を作り上げられたなあと感動しました。

水墨画や書道でさらっと自分だけの作品を描いて楽しめる これは究極の喜びかもしれません。

また来年もみなさんとワイワイいいながら素敵な水墨画 書道のうちわや扇子を作り上げたいとみなさん 熱意でいっぱいでした。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。
関連記事
  1. 2010/09/21(火) 08:19:42
  2. 日記
  3. 今年の夏のトラックバック:0
  4. 今年の夏のコメント:0

努力の証


「一生懸命何かに打ち込めること なんてすばらしいでしょうか。目標を持つことで自分を高められるのは本当ですね!!」

こちらの生徒さんは本当に水墨画が大好きで旅行でも水墨画の道具をもって行くんだそうです。
そのと土地土地出会ったものを水墨画にするんだそうです。

私も水墨画を初めてあんな絵がかければいいなあと思うとやっぱり筆が持ちたくて仕方がないのでうずうずします。

こうの気持ちこそが大切で目標をもってやっていくと必ず自分を高めようと努力しがちになりますから何でもことが
早く運びますね。


でも、豪快に中国画の世界を自由気ままに学んでいる所なんかは熱意が感じられて私もついつい細かく指導してしまうのですが
それだけに確実にのびているなあと感じてしまうものです。


もちろんあくまでもこういう文化的な習い事は競争ではまったくありません。

自分との対話。

書きたい描きたいものをより時間をかけて見つめる。 今迄見えていなかった姿が見えてきます。
感動します。

それが私たちたちは楽しくて心の保養にも成るからこそ筆をとって描いているのです。

都会では、平日に成るとみなさん ざわざわ ほんとに休まる気配があまりありません。
ですが、私は、ざわざわするのも好きではないですし、よけいに時間に追われるのが嫌いですからこうして教室を開いて筆を持ち、少しでも多くの人にも心にゆとりをもって生きていってほしいと小さいながらも教室で活動しております。

がんで訪れた方もいますし、家族の介護に追われる人 自分を見つけようと来られる人 まちまち。だから教室は楽しいし、同じ顔のメンバーと出会えるからまたほっと出来るのです。


それでいて、好きな絵に努力する彼女のような人もいます。
努力の証が実り今年の書法水墨画誌上展覧会では見事 国際中国書法国画家協会会長賞を受賞もしました。

これを機にますますまた筆に心を込め、すばらしい水墨画で人の心に灯りをともしてあげられるようなそんな作家さん成られますように心から祈っている今日の教室です。


みなさんもお気軽に水墨画 書道を一緒に書いてみて楽しんでみてはいかがでしょうか。



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。

関連記事
  1. 2010/09/20(月) 17:56:39
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 努力の証のトラックバック:0
  4. 努力の証のコメント:0

季節はずれか


みなさん おはようございます。 うってかわり昨日の雨の1日から気持ちの良い天気になりほっとしています。

今朝方、自宅の周りを散歩していましたらなんとも可愛らしい朝顔らしき花が電車の路線脇に可憐にさいていまして、青い葉っぱより小さな花々は朝露で輝いていました。

こんなに涼しくなったのにと思いながら今頃でも朝顔は咲くのかななんて首をかしげながら眺めておりました。

いやあ、私は花屋で花をお金を出して買うよりも空き地や道端脇にひっそりとさいている野の花の方が断然好きです。

秋になりました。秋の野菊もまた水墨画を描く自分にはあまりによい題材。これからは秋らしく四季折々の花なんかを生徒さんの画題に選びたいなあなんて感じています。

秋らしい草花と出会うために少し朝早く起きて散歩するのもまたなんとも楽しいし、綺麗な野の花に出会うとなんだか得した気分になります 。

でもでも、今ぐらいならまだ朝顔咲くんですかね。葉っぱより小さな朝顔なんてみたことありませんが、浜昼顔なんでしょうか。よくわかりませんが季節はずれの朝顔ってことで今朝の一枚。

心が和む野の花との一期一会でありました。


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。
関連記事
  1. 2010/09/17(金) 08:25:50
  2. 嵐酔 gallery
  3. 季節はずれかのトラックバック:0
  4. 季節はずれかのコメント:0

波の音


「くだける波を画面いっぱいに無心で筆を運んだものです。みなさん 波の音には7つあるんだそうですよ。」

さて、こちらの作品ですがこの度カナダ モントリオールで開催されて水墨画展覧会で無鑑査出品した作です。

波は私の永遠のテーマかもしれません。
幼い時によく地元の浜辺につれていってもらったことがあり、よく岩場にぶつかる大きな波しぶきが大好きで見ていたのを
思い出します。

水墨画で描こう描こうとしても形がすぐ泡となって消えて行くので幻のような波を何度も頭に焼き付け描いたものです。

地元の漁師さんたちの間では知っているようなんですが波というのは七つの顔があるんだそうでそれに伴った音も違う
だから生き物なんだいわれます。

さざ波 小春波 潮騒 引き潮 荒波 竜頭波 波浪といったような具合でそういう波の顔を常に見ながら漁の動向を
探るんだそうですね。

面白いものです。 水墨画で波を今回テーマにするにあたり波の豪快さを醸し出せるように神経を集中し、描いてみました。

跳ね上がる波 飛び散る飛沫 戻り波。

これらを墨と水で描いた現在の私の力の集約です。 見ているひとにも波の音が聞こえてきますでしょうか。

これからテーマとして「波」を扱うことも多いのですが、まだまだ大自然の波には研究が必要です。

いつの頃に納得した水墨波涛が出来るのか自分もワクワクしながら波を追求してみたい。

そんな事を考えながら戻ってきた我が作品をアトリエに戻しながめて音を聞いております。



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。
関連記事
  1. 2010/09/16(木) 17:16:21
  2. 嵐酔 gallery
  3. 波の音のトラックバック:0
  4. 波の音のコメント:0

栗を描く


みなさん おはようございます。

いやあ たくさん雨が降りますね。

傘も意味がないような。

さて、今朝は生徒さんからの一枚 秋の味覚の一つ 栗。

栗は、初級者の人にとっても取っつきやすい課題。 今回は栗のなっている様子を絵にされております。
当会の水墨画は、中国画流で描くためになんといっても筆の筆線は重要で、荒さやまた墨ののり具合がよくないと見劣りしてしまいます。





水墨画は、常日頃より気持ちの上での感動が一番 そこからはじめて墨や筆を思うようにコントロールできます。

ですから、常日頃より心や目を感動させるようにいいもの 季節の中のいいものにたくさん触れられるようにしたいものです。

これからも素晴らしい技能と、心の鍛錬を日々重ねられ、素晴らしい中国画流の水墨画をマスターされますこと心より深くお祈り申し上げます。

みなさんも水墨画 書道で見つけてみては 身近にある喜びと感動のひととき。


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。
関連記事
  1. 2010/09/16(木) 08:22:31
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 栗を描くのトラックバック:0
  4. 栗を描くのコメント:0

輝く命


みなさん おはようございます。

朝夕共にすっかり秋の気配になりましたね。 ようやく汗が出る季節はさりそうで風の香りに秋を感じる日々になっております。

さて、今朝はこちら。
色鮮やかに生き生きとさく深紅の薔薇。
教室近くのとある私有地の庭にそれはそれは見事にさく薔薇がありました。

手入れが行き届いているのか庭もとてもきれいで薔薇の花もなんともきれいに庭の他の花々と調和しています。

今回は墨彩画で薔薇を描いた一枚です。
生き生きとした生き物たち 生き生きとした草花 私はそういう身近にあるものの生きる姿をみながら、
「それぞれには与えられたさだめもあるし、それをきちんと謳歌しないといけないんだろうなあ。」と。
美しく、懸命に生きる姿というのはまた同じように生きるものにとっても刺激になるし生きる糧にもなります。

昨今、日本では若い人たちの自殺なんかが増加傾向だそうで やはり何があったとしても命を大切にしてほしい。他に何か道がないのか そういうことの選択肢をいろいろ見つけてほしい気がする。

人間界は生きていくことはなかなか大変だけれどなんとかなる。心の持ち方をもっと変えてみる。ちょっとしたことから 輝く人生もある。

そうした意味からも小さなことかもしれないが周りで生き生きといきるものたちを見ながらそっと自分の背中を押してあげてほしい。

輝く人生=いのちとは多かれ少なかれ己自身の心の持ち方だと思う。

生き生きと咲く薔薇に魅せられて思ったことでした。

みなさん 行ってらっしゃーい

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。

教室情報はこちら。写真をクリックしてね みなさんお気軽にお問い合わせ下さいね
関連記事
  1. 2010/09/15(水) 08:24:08
  2. 嵐酔 gallery
  3. 輝く命のトラックバック:0
  4. 輝く命のコメント:0

水墨画巨匠 卓吾先生と出会う!!


「水墨画界の巨匠 墨彩画の巨匠 卓吾先生に会ってきました。」

みなさん こんにちは。夕方になり秋風のすずしい気持ちのよい頃になりました。

今日は水墨画の巨匠 卓吾先生の個展が開かれる銀座に足を運んでまいりました。

先生とは以前より、全日本水墨画美術家協会の展覧会でも何度もお目にかかり、とても気さくであたたかな方なのです。

特に現代中国画流の墨彩画については右に出る者もいないぐらいの筆致で先生からは学ぶことがたくさんあります。


今日から先生の銀座にある画廊で数十点の墨彩画を見ることが出来ます。

先生の作品は多彩な色彩があるんですがどことなく叙情を
さそうといいますか観る人の心にぽっと灯をともしてくれるようです。

私も会場で見ていましたら、先生とばったりと会いまして先生からしばらく絵の解説などを頂きながらすばらしい作品に
見とれておりました。

いい人の作品には魂があります。
鳥肌の立つような鮮烈な思いに駆られます。先生の作品からは、また先生が多忙を極めながらも自らの画業を人生とともに歩まれた年期のようなものが絵の中にあるんですよね。

私などまだまだ若すぎてこれではあかんなと思い直しました。


今回も先生と出会い、また会場でも温かく気さくに話してくださいまして何かしらご縁を感じるほどです。

本当に一期一会の境地でありました。

皆さんもぜひ、お時間ありましたら東京銀座で盛大に開かれております 卓吾先生の墨彩画の世界をご覧下さい。

本物を見ると圧巻です。

これからも先生のことを また先生のご活躍を願って止みません。!!!

ありがとうございました。

墨彩画の巨匠 卓吾先生の個展開催中 銀座大黒屋ギャラリー 6F 入場無料 地下鉄銀座線A2徒歩0分 9/14より19日迄 19時迄 最終日17時迄

中国三峡を描く


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。

教室情報はこちら。写真をクリックしてね みなさんお気軽にお問い合わせ下さいね
関連記事
  1. 2010/09/14(火) 19:04:59
  2. 日記
  3. 水墨画巨匠 卓吾先生と出会う!!のトラックバック:0
  4. 水墨画巨匠 卓吾先生と出会う!!のコメント:0

ほんものの画力


みなさん おはようございます。天気予報でもいっていたようにやっと東京も30度を下回るとか。秋の風が心地よくなりました。

これからしばらくはゆったり秋の気配を感じながら過ごせるはず。

さて、今朝は「画力」のお話。

水墨画のみならず絵を描く画家にとってなくてはならないもの。

画力は美しい絵を描くという能力よりも画家が本来持っているその人その人の描く能力 また、個性的な感性を上手く描ききる技能なんだと思います。

私の知り合いのシンガポール人とフランス人の水墨画家がおりますがまあそれはなんといいますか 個性的であり、即興で筆のデモンストレーションをやりましても見ている周りの者の心をグイグイと引っ張ってくるぐらい魅力があり絵に力があるのですね。

上手い絵というよりは作家の感性の表現の上手さに集約されるような感じかもしれません。

日本でも先日 わたしも会友である水墨画美術協会で理事をつとめられる中国人水墨画家 W・Sがいますがまあ彼の即興の筆裁きは目を見張るものがあるほどそれはそれは神業ぐらいの画力です。

私なんかはまだまだ足元にもおよばないなあなんて感じながら今なお日々の研鑽が続きます。

筆を置いた瞬間から技能は落ちます。

だから好きならはなさなければよい。

画家が本来もっている画力を発揮できている作家は私の知る限り水墨画家がこれだけたくさんいるのに右手で数えるぐらいしかいないと思っています。

私もなんとかもっと本来の自分が豊かに醸し出されるようなそんな画力を養ってまいりたいと常日頃思いながら筆をもち心 感性を養っております。

同じように水墨画 書道の筆を持つあなた様も日々の自分をより高く研鑽してお互いに伸ばしていければ最高ですよね。
今日も1日頑張ってまいりましょう。


にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。

教室情報はこちら。写真をクリックしてね みなさんお気軽にお問い合わせ下さいね
関連記事
  1. 2010/09/14(火) 08:22:11
  2. 日記
  3. ほんものの画力のトラックバック:0
  4. ほんものの画力のコメント:0

アート書道で飾る


みなさん こんにちは
お昼休みにつづっています。

さて、今日の一枚はアート書道でかざる 「秋」

最近はアート書道をやられる方が以前よりも増えたように思います。

書道のように級や段を意識しない自分が主体の書のアートなんです。

基本的にはセンスの問題もありますが美しい表現を追求さえすればいいのが書けます。

文字を書くことに集中するよりも文字と遊ぶみたいな感じなので秋なら秋らしい雰囲気を醸し出すような手習いが大切。

1日の中であったこと思ったこと また街で見かけたようなこと それを自分らしくかければよいのですね。

ただきちんとした表現方法は制作するときに必要です。だから私はアート書道の良さを伝えるだけでなくどこに空間やかすれ にじみ 色などを的確にすれば見栄えがするかなどの指導をしています。

最近 私の知り合いの書道の先生も書道をたしなむ人が増えたようでして、殺伐とした時代ゆえにどこか自分を静かに見つめたりすることが必要に感じる方が増えたのではとおっしゃっていました。

そうかもしれません。ひとときだけでも心を静める 先を見つめる そんな姿勢がこのアート書道の人気になっているのかもしれません。

あなたもアート書道であなたの空間を飾ってみてはどうでしょうか。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。

教室情報はこちら。写真をクリックしてね みなさんお気軽にお問い合わせ下さいね
関連記事
  1. 2010/09/13(月) 13:45:36
  2. 嵐酔 gallery
  3. アート書道で飾るのトラックバック:0
  4. アート書道で飾るのコメント:0

踊る阿呆に見る阿呆


「踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿呆なら踊らなソンソン」


真夏ももう終わりですね。地元の恵比寿では神社の秋祭りがありはっぴ姿の若者が神輿を担いでおりました。

祭りは何でも心が騒ぎますよね。 

笛やたいこの音色 また浴衣の人が行き交う路上 屋台の明かり。

祭りは日本の文化のひとつなんでしょうね。 久しぶりに屋台で友達とあそぶ子どもたちを見て昔を思い出しました。


私の地元は徳島 阿波踊り 美しい着物をきた人たちがひとつになって踊りの渦を作っています。

地元の阿波踊りももうどれだけ見ていないだろうか。

今では東京 高円寺の阿波踊りをみては我が故郷の夏を思い出す。

都会ではなかなか地元のようなゆっとりとした時間がないので落ち着いて踊りなんかを見れないけれどないよりはまし。

阿波踊りをながめて遠い昔の記憶を辿っています。

皆さんの心の中にもあるでしょう。 ゆずれない故郷のほっとなお祭りの風景。

貴重なお祭りの良さをいついつまでも後世に残して行きたい物ですね。



「踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿呆なら踊らなソンソン!!」

週末はみなさん充実しましたか。またあした。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。

教室情報はこちら。写真をクリックしてね みなさんお気軽にお問い合わせ下さいね
関連記事
  1. 2010/09/12(日) 21:23:12
  2. 嵐酔 gallery
  3. 踊る阿呆に見る阿呆のトラックバック:0
  4. 踊る阿呆に見る阿呆のコメント:0
前のページ 次のページ