嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

すてきな出会いをありがとう

gnn

みなさん こんばんは
こちらは滋賀県で伝統ある巻き筆を今も稀少に作ってくださっている巨匠です。

筆を遣う自分自身にとって、作家のたましいをいちばん感じる筆。
筆があっての作品 よい作品こそ良い筆から生まれるものです。

今回は、うれしいことに筆屋さんである藤野さんより直接ご招待を受けまして日本橋高島屋 「近江展」にいって参りました。

会場では巨匠の藤野さんが丹念に精魂込めた筆の数々が展示販売されてました、

筆を手にもって思ったことは、筆も生きているということ。

だからこそ筆は正直に作家の気持ちを紙に運んでいく。

そういう仕事をしているからこそちょっとだけ筆の気持ちが分かったり。。。。


すばらし出会いはいつも目の前にあります。
水墨画や書道をしていていつも出会うこのすばらしき瞬間でした。

藤野さん いつも温かく接してくださりありがとうございました。

同じ仲間と出会えただけで幸せ。

そんな気がしたとても感動した出会いでした。


そしてすばらしい巻き筆を教室の為に買わせていただきました。
会員のみなさんい筆屋さんの精魂こめて

本当に出会い合っての人生ですね。 感謝しています。
良き出会いで一緒に筆をもってみませんか。!!!



bfx藤野さん すばらしい仁徳を買わせていただきありがとうございました。そのお人柄に触れて筆も生き生きしています。また買わせていただきます。合掌/a>






教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね
























関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/02/27(月) 23:32:06
  2. 日記
  3. すてきな出会いをありがとうのトラックバック:0
  4. すてきな出会いをありがとうのコメント:3

水墨画の道 書の道とは

xjtr



みなさん こんばんは 今日は寒いです。
私はいよいよはじまりそうな花粉症がなんだかきているようで花もむずむずです。

さて、本日は私はアトリエで制作をしながらもなかなか気に入ったものが描けず自分の腕がまだまだだと痛感したほどです。

書の道 水墨画の道 早20年以上 月日が流れてもましてやさらに研究心が追いつかず自分の作品にいたって満足できるようなものなど見つかりません。

それ故にそれぐらい書や水墨画の道は長く厳しいものです。

そしてさらに自分の精神の鍛錬が足りなければ感動できる作品にも出会えずでありまさにこれからは更なる正念場です。


水墨画 書は数年でマスターできるようなものではありません。
良い絵は描けます。 技法的に凝ったものなど。しかし、どれだけそこに自分の歴史を残したか。どれだけ心の中から見えた作品かとなるとそれはなかなか一筋縄ではいかない。


20代自分の作品にようやく形になって来たかと思ってもその主体となるものに心が入っていないからなにかつまらない。

30代 歩んで来た道のなかで本の少しの少しだけ自然の美に一体となって絵が描けたような。

40代 50代 60代。。。。。


まさに書や絵はその人の人生の道のり 歩んだ歴史の集約なのかもしれないです。


私は今日もまた明日も少しでもましな作品に出会えるよう心して精神を磨き、静かに自問しながら筆を持ちたいと思っています。


教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね



















関連記事
  1. 2012/02/25(土) 21:41:13
  2. 日記
  3. 水墨画の道 書の道とはのトラックバック:0
  4. 水墨画の道 書の道とはのコメント:3

その2 みなさんおめでとうございます 誌上展覧会2報告

平成24年度 新春誌上展覧会のご入選ご入賞たいへんおめでとうございました。

書道や水墨画をこつこつ続けてこられた方々ばかりでその当然の結果としてみなさん輝かしい結果を手にされました。
お稽古とはこういうもの。日頃の成果は何ものにも替えがたいものであり、その日々の鍛錬こそが自分を向上させてくれるということの現れでありました。

本当におめでとうございました。
この名誉ある機会を胸に刻まれますますのご精進をされますよう切にみなさんの技能向上をお祈りしております。


sgdeすばらしい賞を初出品でおとりになられました。推薦です。おめでとうございました。

zdh日々かかさず足を運ばれ鍛錬された名誉ある結果です。笑みがこぼれます。おめでとうございます。

dsg今回は花鳥画での作品でご入賞です。 よかったですね。


zdh入門されましてすごくすごく丁寧に学ばれました。その技能が評価されました。


fh今回も二年連続でご入賞 その技能の習得が顕著な生徒さんです。おめでとう。

eywはじめて入門されいそがしい仕事の合間を縫ってはがんばってこられました。


zdfhz奈良県からわざわざ習いに来てくださっておられる生徒さん 初入賞されました。おめでとうございます。




みんさんのこれからのますますのご活躍を心からお祈りしています。!!



fzdhz日曜メンバーのご入賞の方々でした。




教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね




関連記事
  1. 2012/02/25(土) 21:23:18
  2. 生徒さんたちの活動
  3. その2 みなさんおめでとうございます 誌上展覧会2報告のトラックバック:0
  4. その2 みなさんおめでとうございます 誌上展覧会2報告のコメント:0

雪国を描く 墨の美

bmb


みなさん こんばんは ご機嫌いかがでしょうか。

さて、本日はこちら。 雪景を墨で描いたもの。
もう間もなく日本も春めいた頃になってくるなあと思うと心が浮かれてきますがまだ少し先なのでしょうかね。

さて、連日から多くの水墨画や書道の仲間がいっらしゃいましてお若い方も墨の美がとてもすきなのか楽しんで学んで帰られます。

そんな教室はあったかいのですが、みなさんが後にした教室でひっそりと水墨を描く私がおります。

墨絵の世界は静かに自分と対話しないといいもんが描けません。
いつもいいものができたなあなんて感じたこともなくときおり無性にだめだなあと自問してしまうことがほとんどです。

心がキレイで澄んでいないとこういう雪景はまた更にむずかしい。

でもまっなんとか今日はこれで精一杯かも。

いろいろ連日にやってこられるみなさんとの出会いに深く感謝しながら真夜中に筆をとった作品でありました。


良い夢を

おやすみなさいませ。




教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね



関連記事
  1. 2012/02/23(木) 01:12:39
  2. 嵐酔 gallery
  3. 雪国を描く 墨の美のトラックバック:0
  4. 雪国を描く 墨の美のコメント:0

祝 誌上展覧会 おめでとうございました

zreh


皆さん 誌上展覧会 ご入賞ご入選誠におめでとうございました!!


この度は昨年度末の水墨画 書道の誌上展覧会 ご参加され多くの方がご入賞 ご入選されました
誠におめでとうございました。

中国北京画院 劉青園先生をはじめ著名な方々の審査員を迎えこうして多くの方々が日頃の努力でご入賞ご入選されたことに心からうれしく感激しております。

みなさん,本当におめでとうございました。


たいへん残念ながら選外になってしまいました方々もこれはこれで前向きにまた一歩ずつ着実にお稽古されすばらしい栄誉を次ぎにお取りになれますように心からお祈りしております。

何も入賞することだけが目的でもなく、まずは気持ちのはいった作品がいつも生まれてくるように心からの鍛錬につきると思います。

ですので、焦らずそして自分のペースで末永くお稽古に邁進され、また一歩ずつの山道を登りきっていってほしいと願っています。

この度は誌上展覧会のご入賞ご入選本当におめでとうございました。
zreh推薦をお取りになられは驚きを隠せず!! 初出品のR.Sさん 書道で入賞でした。




rehzこちらは薔薇の水墨画でご入賞 秀作をお取りになられたJ.N さんでした。



zhreすばらしい鉄線をお描きになり見事初出品で推薦になられたY.A さん


hra今回の水墨画は見事に描けたK .K さん 赤い椿は印象的でした。

zreh今回は忙しい毎日の中でもこつこつ練習にこられ見事入選に H.Iさんでした


zdfh教室最年少のR.M君 大人顔負けで秀作賞受賞 おめでとう!!




教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね



















関連記事

テーマ:書道 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/02/20(月) 16:00:05
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 祝 誌上展覧会 おめでとうございましたのトラックバック:0
  4. 祝 誌上展覧会 おめでとうございましたのコメント:0

仲間と楽しむこと そして上達

tjz


みなさん こんばんは いかがお過ごしでしょうか。 今日はいちばん寒かったようです。東京も晴天ではありましたが底冷えしていました。

さて、本日はこちら。 
私がお邪魔して指導をさせていただいております六本木水墨画教室です。
みなさん 心から水墨画が大好きなようでしていつもたのしく足を運んで来てくださいます。

今回のテーマは「かごに入った薔薇」
やや中級の課題として薔薇の形をとるのが難しかったように思いますが、それでも何度も何度も筆をとっては
繰り返してお稽古されていましたね。

お稽古は真剣にやることも大切でしょうが、それは周りのみなさんと共にまずはお互い同士が楽しんで筆をもって
同じ課題に臨むということが大切ですね。

ここは難しいとかここは描くといったようなことが一緒にやっているからこそまた感じてこれるからです。


六本木教室のみなさんは、いつも笑いが絶えないそんな教室の面々です。
ですからあっという間にお互いに練習していますと時間が過ぎ去ってしまいます。

美しい絵を描くというより、気持ちが込められた絵を描くことそれがいちばん大切で、周りのみなさんと和気藹々に筆を持って楽しめる時間が何よりもかけがえのないものだと思います。

これからも一緒に末永く学んでいけたらいいですね。!!
がんばって下さいますように!


zre


k6はじめの準備体操は竹 前回の基礎を徹底します。



xrtかごの中の薔薇たち すてきな墨彩画作品があちこちに生まれていました。




教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね




関連記事

テーマ:芸術・心・癒し - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/02/19(日) 00:36:34
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 仲間と楽しむこと そして上達のトラックバック:0
  4. 仲間と楽しむこと そして上達のコメント:0

本質をさぐる教室


sfA




みなさん こんばんは いかがお過ごしですか。 
さて、今日のお題は「本質を磨く教室」と題して語ってみます。
本質とは何か。調べてみると、あるものがそのものであると云いうるために最低限持たなければいけない性質であり、そうした性質からなる理念的なもの。或る存在を必然的にその存在として規定する内実がその本質であるとのこと。
そうなんですね。書道も字をどれだけ工夫して筆文字を美にするか。
また水墨画だとどれだけ美しい墨色で描けているか。 構図がいいかなどそういう基本的な側面をさしているのだと思うのです。

私の教室は開校当時より、少人数でやること そして、少人数であるが故に出来ることそれはその人その人の個性を十分に引き出させる為に課題はその人に応じたものでその美を引き出させるといったことをしているのです。

もちろん基礎は徹底して学んだ上でのお話です。

絵画や書は、れっきとしたアート 美術です。

その為には書き手が感動する 何かを感じて筆を取ることが大切だと思うのです。

よく教室ではみなさん課題は同じ そしてただ単にその課題をやるというのがオーソドッグなものですが、私のやり方はみなさんがちがった課題でやっていただく それでみなさんが競う心もなしにご自身の美的感覚を自分なりに養うことができる。そして、たのしく心で何かを感じて描いていただけると思うのです。


本質はそういう意味でどれだけ基礎を徹底されたかたが発揮できるアートなのです。

何かを感じて楽しみながら自分の選んだ課題に挑戦しながらまずは気持ちが自身尾の作品の中に入っていくかが大きなポイントになるのではと感じています。

教室のみなさんはずいぶんとうまくなられており私もそういう意味では中身の伴ったものであったのかなとほっとしています。

これからもみなさんこつこつと!!
nc








教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね


関連記事
  1. 2012/02/16(木) 01:14:23
  2. 日記
  3. 本質をさぐる教室のトラックバック:0
  4. 本質をさぐる教室のコメント:0

移動教室の課題をつくって

京都

みなさん こんばんは 寒いですね
待ち遠しい春に季節。あと少しの我慢でしょうか。さて、本日はこれ。

文化教室での移動教室で今回は建物を扱うことにしました。建物もこうして水墨画風の感じですと結構味わい深いもの。
今回のテーマは京都 五十の塔を指導予定です。
教室でも新しい教室になったこと また表参道教室も含め若い方々が水墨画や書をたしなんでくれる方が圧倒的に増えたことでとてもうれしくまた其の中でもプロを目指される方も多くなり本格的な指導になりました。

今夜も夜中までアトリエにこもり作画していました。

あさっての風景が教室の為にまた課題や作品をまた明日も用意しようと思っています。
みなさんが描きたいと持っていただけるようにがんばってみます。


おやすみなさい。

教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね

関連記事
  1. 2012/02/14(火) 01:29:27
  2. 日記
  3. 移動教室の課題をつくってのトラックバック:0
  4. 移動教室の課題をつくってのコメント:2

みなさんのおかげです。感謝の心で恵比寿教室開校

blog_import_4f2e074344be8.jpg



本日よりいよいよ新教室が恵比寿にて堂々オープンしました!!


みなさん こんばんは 

2/12日 本日より多数の生徒さんをお迎えし、第二教室といたしまして恵比寿教室が開校しました。

恵比寿教室も表参道本部と同様 個性を大切にしそして基礎を徹底し、生徒さんが主役となるそんな教室にしてまいりたいと思っています。

教室の最大の特徴は、それぞれが学びたいもの(応用)と今迄習って来たものをきちんと消化し習得してもらう為の基礎を毎回取り込んでいるところです。

ですから忘れることもありません。

お稽古にきて伸びていかないのは問題です。 生徒さんの問題というよりもカリキュラムです。
だから常に私の指導者側からまず原因を追求する姿勢が大切だと思っています。

私の教室は人数集めに大きなところを集めたということよりそういうことではなく、まずは徹底して結果を出すことに専念しみなさんを導きたいと思っています。

そして最終は質の高い作家を生み出すそれ一本です。


これからも多くのみなさんをお迎えし少しでも自分の向上に役立ててもらえるようなそんな質の高い教室を目指して参りたいと願っております。


みなさん これからも何卒よろしくお願いいたします。


本日はいろいろありがとうございました。


洛陽中国書法水墨画院 院長

矢形 嵐酔 
 



教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね
関連記事
  1. 2012/02/12(日) 23:39:47
  2. 教室お知らせ
  3. みなさんのおかげです。感謝の心で恵比寿教室開校のトラックバック:0
  4. みなさんのおかげです。感謝の心で恵比寿教室開校のコメント:2

誌上展覧会 おめでとうございました。

xh



みなさん こんばんは いかがおすごしでしょうか。二月まだまだ寒い季節ですがどうかお体の調子をお崩しになられませんようにがんばって参りましょう。

さて、本日は昨年末に行われた誌上展の上位入賞者のみなさんに記念すべき賞状を授与させていただきました。

本当におめでとうございましした。
日頃の成果の賜物です。
この受賞を記念にどうかこれからもご自身のペースでこつこつがんばってくださることを心から祈っています。

本当におめでとうございました。

sgdeおめでとうございます。審査委員奨励賞受賞のR・Iさん/a>

fzdhzみなさんの努力あっての見事な結果でありました。






教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね

関連記事

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/02/12(日) 23:08:01
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 誌上展覧会 おめでとうございました。のトラックバック:0
  4. 誌上展覧会 おめでとうございました。のコメント:0
次のページ