嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

桜の花が待ち遠しいな

trsj

みなさん おはようございます。 

もう三月も終わり。 季節の移り変わりはなんとも早いものです。

今年は例年になく寒いようで、まだ桜の開花は東京ではまだのようです。四国 高知ではソメイヨシノは開花をしたそうですので西から順々に桜前線も北上することでしょう。

寒い季節ともお別れ。 私もほっとしています。

一番良い季節なので心も浮かれます。 最近は、春の陽気につられてか多くの新しい方々が門を叩いてくれております。

その多くのみなさんも墨彩画で今年はさくらを描いてみたいなどといってくれる方々が多くこられます。

そうですよね。あんな見事な満開の桜をただただ目で眺めるだけではなんとももったいないのではと思います。

自分なりに感動した分だけ筆を運ぶのもまた気持ち新たでいいのではないでしょうかね。


私は、今日から地方へ参りますので不在ですが、帰って来たときにはもう東京でも桜の花咲く頃になっているでしょうね。

薄ピンクの淡い花がきっと春の陽気のなかで光か輝いていることでしょう。


みなさんも春を満喫してくださいね。




▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね






関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/03/30(金) 09:04:28
  2. 日記
  3. 桜の花が待ち遠しいなのトラックバック:0
  4. 桜の花が待ち遠しいなのコメント:0

水墨画 墨彩画紀行 モクレン

ff

みんさん こんにちは すっかり晴天の一日でありました。

今朝方は、我が教室の書展がありそれを墨をすっては書いていました。 教室でも今は教室展に向けてみんながしっかり描いています。

残り僅かなこの時を大切にみなさん個性溢れる作品を目指してがんばってほしいです。

今日は、名残をしのんで写真で以前とっていたモクレンを描いて残してみました。

花々は季節の顔。 その美しい花の命を水墨画 墨彩画いつも自分なりに残しております。

花を見ては墨をすり、その美しさに酔いながら筆を運ぶ その瞬間が何よりも代え難いひとときです。

花は何も言わずともその姿を見せて美を放っております。

もくれんも私が好きな花でして、以前国際展覧会で描いてからはなかなかご無沙汰でした。

しかし、ふと描きなったので筆を取って描いた紫モクレンです。

水墨画や墨彩画は気軽に楽しめる芸術です。自分の感じた自然からのお届けものを自分なりに描いてみる そんなかた苦しくない絵画なのでぜひみなさんも筆をとってその感動を描いてほしいと思います。


これからは桜ですかね。

あと一週間もすれば東京も水墨画で描きたいほどの見事な桜が咲く頃になるのでしょう。

春は出会い そんな春らしい出会いを桜とともに大切に味わいたいものです。






教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。



▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね






関連記事
  1. 2012/03/29(木) 17:25:11
  2. 嵐酔 gallery
  3. 水墨画 墨彩画紀行 モクレンのトラックバック:0
  4. 水墨画 墨彩画紀行 モクレンのコメント:0

桜咲く頃

y4


みなさん こんばんは 春らしい空気 心も浮かれてきますね。
連日のお問い合わせに明け暮れながらもみなさんとはささやかでありますが一期一会の出会いをうれしく思う今日このごろです。

今日も水墨画教室では、春にふさわしい画題を学ぶ生徒さんも目立ちます。

我が教室も長くやってきますとひとりでに自分で水墨画や書をすらすらと自由気ままに描くようになられた方が多く増えまして本当にうれしいく思います。

生徒さんが描けたと喜んで下さっている姿こそがこの教室をやっていてよかったと思う瞬間です。


さて、本題に戻りまして、テーマはさくら。

私は桜が大好きです。
人生を桜の花のように見事に咲き誇って華麗に散っていきたいと思うのですが。

桜は小さい花びらですがそれが集結して淡いほのかなピンク色がやさしく心を包んでくれます。

私なんかは生徒さんが桜を描きたいというかたに合わせて自分なりにどう描いてもらったらいいのかなどスケッチを重ねて指導します。

けれども多くのみなさんはまだ本物をしっかりと観察できていないなあと思う時もあります。

絵画はやはり先生の手本がいいのではなく、本物を見て観察する心がないと成長しません。
だから、私の教室では観察をしてこいといっています。


よく先生がかいたものを手本で渡してそのとおりに描くことがたいへん多いのですがはたしてそれでいいかと私は思います。だから手本はあっても自分で観察した感じで描いてみることが大切なのです。

これからの季節、桜もさくころみなさん一度じっくりと桜をみて描いてみてはいかがでしょうか。
きっとその見事な姿に感動してすばらしい桜が描けるだろうと思いますよ。

ではでは。



教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。



▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね



関連記事
  1. 2012/03/29(木) 00:44:37
  2. 日記
  3. 桜咲く頃のトラックバック:0
  4. 桜咲く頃のコメント:0

お礼をかねまして

sv

みなさん 今晩は
春めいてきまして花粉症に苦しみながらもなんとか楽しんで春を満喫しております。

このところ連日につき多くのお問い合わせ下さり共に筆を握ってくれる方々が増えまして心から感謝しております。

水墨画 書道を本格的にやりたいとやって来てくれる方は本当に真剣です。
だからこそ私も真剣で臨まないと行けません。

若い人たちがこぞって私の教室では水墨画や書を学ばれ筆の楽しみを増やしています。

私に出来ることはぜんぜん知れたことですが、生徒さんが高い望みをもってやってくださっていることで私もまた一つ大きな希望と望みをもって研究することもでき感謝です。

学びとは教えられることからも生徒さんからももらえます。

見方を変えることで自分も研究になる。その境遇を大切に我が教室はますます海外にもいる生徒さんにも気をくばり邁進したいと思っております。

これからもみなさんどうかよろしくお願いします。




教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。



▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね








関連記事
  1. 2012/03/28(水) 00:32:38
  2. 日記
  3. お礼をかねましてのトラックバック:0
  4. お礼をかねましてのコメント:0

中国桂林を描く 墨彩画紀行

hdf


みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか

春めいて来たと思えばまた寒くなんだか三寒四温とはこのようなことなのですかね。

さて、今日はこちら。 墨彩画風景紀行で綴る桂林の風景です。 水墨画は何も墨色のみではなくむしろ最近は墨彩画で淡く色を施すこともとても有意義ですね。

教室に習われにくるみなさんは墨彩画で自分流のはがきを作ったりしておのおの楽しんでおります。


さて、桂林はとっても風光明媚ですばらしい中国の景勝地ですね。 形がいびつな山々がはるか向こうまで連なり、その中を巡る河を舟で下る離江下りはあまりに有名です。


今回は遠方の山を水を使わず違う方法で描いたためにとても幻想的であり潤いが増しました。

研究を重ねた結果こうして美しい色も構図も改良してこの絵を描いた訳です。

何度も何度も考慮して自分なりにその場所にいるかのように描いてこそ水墨画なる絵画にも命が吹き込まれるような気がしております。


みなさん 桂林にぜひ訪ねてみては如何でしょうか。その大自然の美しさに心を洗われるでしょうね。

すてきな日曜日をお過ごしください。




教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。



▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね
関連記事
  1. 2012/03/25(日) 12:16:56
  2. 嵐酔 gallery
  3. 中国桂林を描く 墨彩画紀行のトラックバック:0
  4. 中国桂林を描く 墨彩画紀行のコメント:0

水墨画教室 上級編 雪景雪解け

xtj


みなさん 三月も下旬にさしかかるというのに、まだなんだか寒いですね。

今年は寒気が例年にないくらい大きく停滞し続けているとのことでまだ北国では雪も降り続いているとのことです。

桜の花びらが舞うほのぼのとした春めいた陽気が待ち遠しい限りです。

さて、教室の上級では、名残惜しく降り続いた雪 冬の風景を描いております。

私が思うに、やはり水墨画で一番似合う季節は冬でしょうか。
冬の白い白銀の世界こそ 水墨画を描く中で一番いい風景です。

今回は雪解け間もないそんなころの風景を水墨画で描いています。唯単に紙の白を残すだけではけっして立体感のある雪を描けませんが、あることをほどこせばなんとも雪がうっすら解けているようなそんな状況を描き出すことも可能です。


上級者のみなさんは、こうした水墨画の集大成として多くの学びを取り入れて創作性が高い水墨画を描かなくてはなりません。


その為にはきちんと学んで来たことを自分なりに整理し、それをさらに研究して自分の画風に取り込んでいくこともとても重要です。


ぜひ、ご覧いただいた方々も如何でしょうか。 すばらしい雪景の雪解けを描いてみてくださいね。


すばらしい週末をみなさんお過ごしください。




教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。



▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね








関連記事
  1. 2012/03/23(金) 11:59:12
  2. 嵐酔 gallery
  3. 水墨画教室 上級編 雪景雪解けのトラックバック:0
  4. 水墨画教室 上級編 雪景雪解けのコメント:2

すばらしき出会い 韓国の先生を迎えて

zsg


zdb出会いはいつもそこらへんい転がっているようです。





みなさん こんばんは いかがお過ごしでしょうか。
最近は春の訪れとともに多くの出会いを重ねております。

また、この場を借りまして、我が教室をお選びくださり多くのお問い合わせご入会 そして新しき出会いをいただいているこの現状に深く感謝し、一人でも多くの方々とともに幸せをお届けできるようなそんな教室協会でありたいと念願しております。

さて、こちらは、私が所属する全日本水墨画美術協会の全日本水墨画秀作展にておこしになられ、会長よりご紹介いただいて私のあたらしきお友達になりました韓国の水墨画の先生です。

先生は今年もすばらしい紅椿の絵を出品されまして見事入賞をはたされました。

本当にそのお人柄をしのばせるような繊細でそしてまたやさしい感じの墨彩画でありました。


同じ筆を持つ者同士でこうして同じ趣味を共有し、そしてまた先生と言葉や国境を越えて交流できてこぞ私が本当に念願であったことの実現でした。


またそのよこに写っている女性の先生も私といつも中役してくださっている三重県の水墨画の先生です。

いつも気さくでありとても実力ある先生です。

書道や水墨画の世界 日本の画壇や初段は縦社会で全くもってまわりの違う流派と交わらないという閉鎖的な環境です。

このような閉鎖的な環境であれがいいとかこれは流派がちがうからあかんとかなんともわたしからしてみればくだらん。と思うのですが。


というのも、芸術は万人に与えられたもの。人の性格人の顔が違うようにそれは表現も違う
だからなんでも柔軟に受け入れないと行けない。
それが芸術であり、狭い範囲でこれがあかんいいなどと言っているようじゃ行けないと私は思う。


先生の水墨画もまったく日本のタッチとは違いますがなぜかいい。
それはそこにその人そのものが集約されているからだと思う。

ようは、自分なりの自分自身が投影された作品こそが感動を生む。
先生が手本くれたから手本のように忠実に描くとかいう教えが結構ありますがそうではない。一番は自分の顔となるその芸術は自分が存在していないといけない。

そういうことを韓国の先生とも語り合いました。

本当に良い出会いをいただいております。
ますます協会も発展し、これからもますます元気にそして活発的に出会いを重ねともに元気になれるようなそんな
出会いを重ねて参りたいと思っています。


では、また明日の出会いを夢見て!!おやすみなさい。



jdh私の教室に作品をその場で揮毫してくださいました。感謝</a>
dgs協会の招待作家になってくださいました。ありがとうございます。これからもお願いいたします。/a>




教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。



▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね










関連記事
  1. 2012/03/23(金) 00:23:01
  2. 日記
  3. すばらしき出会い 韓国の先生を迎えてのトラックバック:0
  4. すばらしき出会い 韓国の先生を迎えてのコメント:0

ICCPS 国際中国書法国画家協会 フランス協会より

rh
2012年 8月 de peinture au Parc Oriental de Maulévrierで国際中国書法國画家協会のフランス国際展が開催されます。* 25th August - 2 Sept, France; Eastern Park Maulevrier /span>



国際中国書法國画家協会 フランス協会支部 会長 Gregory さんよりすばらしい協会のイベントがこれから実現する予定です。

またこのブログ内でご紹介予定ですがフランスでは最大の日本庭園での国際中国書法國画家協会 各国の支部会員との国際文化交流 墨絵の合同国際展覧会が今年の八月より開催されます。

その前に出品予定の選抜作家によるビデオクリップが編集されまして国際展への興味の高さが印象づけられました。

みなさん個性溢れる独自の創作性とそして国境を越えて展示されるこのすばらしいICCPS のイベントを最大限尽力し協力していこうと思います。


本当にこの度はフランス協会 グレゴリーさんの多大なるご尽力に深く感謝したいと思っております。


ありがとうございました。



▼こちらがその選抜作家によりますビデオクリップです▼
 ぜひお楽しみください。
CCPS フランス協会編集 国際選抜作家展覧会の選抜作家ビデオクリップ">ICCPS フランス協会編集 国際選抜作家展覧会の選抜作家ビデオクリップ




国際中国書法國画家協会 日本国本部 代表会長 矢形 嵐酔



教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。




▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね









  1. 2012/03/20(火) 15:50:43
  2. ICCPS協会 ビデオクリップ
  3. ICCPS 国際中国書法国画家協会 フランス協会よりのトラックバック:0
  4. ICCPS 国際中国書法国画家協会 フランス協会よりのコメント:2

すばらしい教室交流会 大字書会から

uh


みなさん こんばんは すばらしい交流会の模様をご紹介します。
こちらはこの前の日曜日に遠藤夕幻書道教室にご招待されましてお互いの教室をもってすばらしい墨の交流会が実現しました。

遠藤先生は若い先生ですが、まずなによりも気さくであり、決して生徒さんを飽きささないといいますか精力的に活動されています。


今回は大字書を大筆で書くというテーマ。

私も書道は長年やってまして以前はよくこんな大字をパフォーマンスしたことを懐かしく思い出しました。

まずは、どんな文字をしたためるかということ 基本的な線 また構成などを遠藤先生が丁寧にみなさんに語られました。


みなさん書道大好きな方ばかりで、遠藤夕幻書道教室はまず枠にとらわれないすばらしい教室です。
みなさんが主役になれる舞台があるようです。

fhdまずは何を書くか みなさん先生よりアドバイスをもらいました。


gjいただいた手本を元にどのように大きく豪快に書くかなどなどみなさん一生懸命に筆を動かしました



我が教室からも門弟が参加させていただき、お互いの教室の墨交流が始まりました。

とてもすばらしい交流が出来たことは何よりもよかったですし、お互いの教室の仲間とのかけがえのない交流で友好を深めたこと 墨のすばらしい文化を共有できたことはかけがえのことであり、このような交流こそが何よりも大切だと感じました。


本当にこういう交流が出来たことに感謝です。


それでは大字書会の模様です。
遠藤先生の揮毫はいつもながらにすばらしいものでした。 こんなたのしい授業を展開している先生の活動も評価したいと思います。
eg筆の使いをまずは見せて解説する遠藤先生



fha小学校1年生の女の子 お母様と習いに親子教室です。大きな筆を自由につかっていました。


rezh


私も僭越ながら大字に挑戦 久しぶりに大筆をもって自由に書いてみました。 本当に楽しいもので無我夢中になりますね。

rrrh私が書いた紅梅です。



その後みなさん、生徒さんは次々に大きな字を発表し、とても充実した2時間あまりを過ごしました。
書いた後はとっても気持ちのよい晴れ晴れした気持ちになったのではないでしょうか。


そして、遠藤先生から以前よりお願いされていました水墨画を少々ご紹介させていただきました。
同じような書道具を使いますが、そういう道具で絵を描く それにみなさん興味津々でした。
お互いの交流で実現したすばらしい交流会 

筆を持つ者同士いつどきもこれがだめ あれがだめという前にもっと大きな視野で流派や流儀を越えて交流することこそもっとも大切にしないといけないなあと感じた交流会でした。

本当にありがとうございました。


▼夕幻書道教室のブログはこちらから▼



ds水墨画を描いてみせる私です。鶴の親子を描きました。



へdgできあがった作品はよくがんばってくれた一年生の女の子にプレゼントさせていただきました。



教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね









関連記事
  1. 2012/03/19(月) 23:26:11
  2. 日記
  3. すばらしい教室交流会 大字書会からのトラックバック:1
  4. すばらしい教室交流会 大字書会からのコメント:1

祝 第39回全日本水墨画秀作展授賞式に参列

xtj

祝!! 第39回全日本水墨画秀作展 授賞式に門弟と参列!! 写真中央の私の横の先生はNHK 水墨画講師でもおなじみ 人気水墨画家の王子江先生です。私も尊敬しており先生と同じ協会にて所属しています。


みんさん おはようございます。
なんだか雨の降る寒い一日となりましたがいかがお過ごしでしょうか。

さて、春めいた季節のなか 天気もよく昨日は第39回全日本水墨画秀作展 授賞式が盛大に六本木 乃木会館にて
執り行われ私も受賞した全員の門弟と授賞式に参列させていただきました。


100名以上の多くの皆さんがロシア 韓国をはじめ中国また日本の全国から仲間が集い、多くの方々の受賞者を囲みながら順調よく開幕いたしました。


この水墨画協会展は日本屈指の最大の水墨画中央画壇の発表の場として公募制となり今回我が教室の門弟も全員出品し全員が入賞を果たすというすばらしい結果を頂戴させていただきました。


本当に受賞された全ての方々おめでとうございました。



また、授賞式のあとは出席者全員を囲みながらみなさんで乾杯をし、多くの仲間とのかけがえのない交流をいたしました。


ロシアからも数十人 そして韓国など多くの海外出品者もお出しになっておりまさに国際的にもたいへんふさわしい水墨画展でありました。



これからまた心をあらため心機一転、気を引き締めまして次回京都展にむけまた本日より奔走いたします。


多くの仲間 また私も多くの友人である先生とすばらしい祝宴に参加できたことが何よりの思い出となりました。

これからの門弟のますますの技能精神発展を願い、また全日本水墨画秀作展のますますのご発展をここにご祈願し第39回授賞式の模様をお伝えさせていただきました。


以下はその式場でのスナップです。お楽しみください。

fhaW.I さん 優秀賞受賞されました。 牡丹を描かれました。



fhaS K さん 上位入賞 水墨画年鑑社賞を受賞 藤を作画されました。


hkK Sさん 今回は佳作 鷹を作画


fnI M さん 同様 佳作 鷹を作画されました。

fn上位入賞 見事 美術新聞社賞受賞 月下夜風竹図を作画

vb この度異例の最年少 小学校6年生で特別賞を受賞した私の教室の生徒さんです。

         みんさん本当におめでとうございました。!!!! そのほかの国内外の公募部門も全員入賞を果たすなど門人の活躍から目が離せません。


s大先輩でもありいつもお世話になっている池田先生 菊島先生とともに記念写真

fj神奈川墨神会会長の手塚先生と一枚 いつもありがとうございます


tj現代抽象水墨画の先生 鈴木先生を囲んで。いつも気さくな先生であります。



xtjNHK 水墨画講師で友人でもある著名水墨画家 王子江先生を囲んで



m第39回で見事大賞をお取りになられた出品者の方とご一緒に 中央の女性のかたです。



fjロシア協会の受賞されました方々と記念に


gj最年少受賞者の生徒とともに 本当によくがんばってくれました。



dhロシア人作家のみなさんを囲んで



rh宮崎県水墨画協会の田中先生と記念に一枚 お元気そうで何よりです。


yk私の大親友である大阪の小川先生とともに いつもありがとうございます。


jzみんさんと元気にそしてはればれしく一枚の写真が残ったこと本当にうれしい限りです。 みなさん同じ筆仲間でこれからも一生懸命にがんばっていきたいものですね。



第39回全日本水墨画秀作展覧会は今月18日迄開催中です。
この機会にぜひぜひすばらしい全国からの水墨画をご高覧下さいますようよろしくお願いいたします。


みなさんおめでとうございました。




教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね






関連記事
  1. 2012/03/17(土) 13:14:18
  2. 日記
  3. 祝 第39回全日本水墨画秀作展授賞式に参列のトラックバック:0
  4. 祝 第39回全日本水墨画秀作展授賞式に参列のコメント:0
次のページ