FC2ブログ

嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿、銀座で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

学びを通じて分かち合う心があります。

hxj


シモンさん(中央の外国人の女性)しばらくは産休に入ります。でもいままでこつこつとよくがんばって通ってくれました。

学びを通じて気分も明るくなります。
心を開ける瞬間があります。


水墨画 書道とういう芸術で共に筆をもって活動できるそれがどれだけかけがえのないものなか多くの生徒さんが感じてくれております。


私の教室は、もちろんプロになると決めて通ってくれる方もいますがそういう方ばかりではないのです。

そのほとんどが自分で描けるようになりたい。友人にプレゼントしてみたいなど人とのコミュニケーションの手段として筆をもたれる方もいるのです。


とてもいいことですね。最近はネット社会で多くの人がパソコンとの無言の会話 そんな環境に生きています。

やはり人には書くこと話すことなどいろいろなかけがえのない人間本来の喜びがあります。

その一つがこの芸術なのです。


この写真でも分かるように、多くの仲間が心を共有できる教室として今共に活動しています。

これからもみなさん一人一人の個性を活かしながらともに楽しめるそんな教室であり続けたいと願いばかりです。




教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。





▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね



関連記事
  1. 2012/04/12(木) 16:54:03
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 学びを通じて分かち合う心があります。のトラックバック:0
  4. 学びを通じて分かち合う心があります。のコメント:0

教室展に向けて みなさんの奮闘

fn

今年も5月の教室展覧会にむけてみなさん 最終の奮闘中です。

去年は東日本大震災という未曾有の不幸に襲われまして教室も一ヶ月あまりの休講となっておりましたが
あれから一年。

みなさん会員も全員変わること無く一緒の船にのりましてこの平成24年度の作品展覧会に臨むことができます。

やはりいつ時も、平和であり、そしてみなさんが笑顔で過ごせるこの日々をいつもの如くと思わないで感謝しながらこれからも歩みたいものです。


ご覧くださっても分かるように、教室では開校以来、方針を変えていないのが個別に少人数で対応し直接筆の動きや墨の作り方などをその人その人に合わせて対応しています。そのため伸びていく会員が増えまた新規にも多くの方々がきてくださっています。本当にありがとうございます。


その効果もあったのかみなさんそれはそれは見違えるほどにうまく上達され今年も奮闘は奮闘を重ねているにもかかわらず、どこか落ち着いて今回は制作されているような気がします。


みなさん、課題は違うけれどもこうして春の陽気に誘われていっしょに筆をもって一生懸命にがんばっていることこそがかけがえのない事なのです。


そのことを大切にみなさんが健康であり、そして心健やかに筆をもつことの喜びをかみしめて今後も変わること無く歩んでいきたいものです。


この度はみなさん奮闘しながらも自分の個性を生かしながらすばらしい作品が多数生まれています。

あと少しの締め切り迄どうか最後までがんばってみてくださいね。

そして我が教室のかけがえのない作品展でいっしょに鑑賞できる日をたのしいみにしています。


ご健闘心からお祈りしております。

ymf数々の仲間がいろんな課題に臨みながら真剣に質問されていました。



mf後の清書に挑む方々も最後の勝負どころでしょうか。


tjr


jyf仲間が真剣だからこそ自分もがんばっていけるのだとか。


fgj男性の生徒さんは仁王を描くとのことでした。どうなることでしょうか。





教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。





▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね






関連記事
  1. 2012/04/10(火) 15:35:22
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 教室展に向けて みなさんの奮闘のトラックバック:0
  4. 教室展に向けて みなさんの奮闘のコメント:0

ICCPSロシア協会より来賓 会長訪問 

js
祝 ICCPS 国際中国書法國画家協会 ロシア支部会長 来日!!!!

ICCPS 国際中国書法國画家協会ロシア協会支部より会長さんが我がアトリエに起こしになりました。

国際中国書法國画家協会(ICCPS)は我が協会であり、世界に8カ国の規模を誇る国際協会です。

その支部の一つであるロシア協会様のAlex会長はこの度日本を訪問されました。

始めての日本ということでとてもわくわくしていたとのことでロシアの会員一同様また会長様より多くのお土産も
いただきました。

まことにありがとうございました。
ロシア協会はとても多くの会員をもち今もAlex代表のもとに墨絵に興味のある方々が集い、週に2回も講習会を開いているとのことでした。


水墨画や書道をこよなく愛され、我が教室の仲間のみなさん そしてさらに多くの会員のみなさんがその技能の高さにも驚いてしまったほどです。

今回のメインもロシア協会の会長との揮毫研究会を実施いたしまして、交流会を執り行いました。
我が協会からは代表として遠藤副会長 また石井事務局副局長が参加しともに筆をもって交流会をやりました。


流派も流儀も違う仲間ですが、心の根底には筆をもって墨に心を託すということ自体は皆一体でありました。

なかなか日本では縦社会の芸術界ですから流派や流儀を重んじたりばかりでなんら自己満足といいますかその会のうちだけで終わってしまっている あるいは展覧会でも入落だけで芸術を判断することが多く、それだけの為に
作為的になっている所も多いです。

我々は、個々人の表現が違っても基本を閉める書画芸術の多様な表現 また、書画文化を多くの方々と分かち合うことこそがこの草の根交流になっていると自覚をいたしております。



今回、ロシア協会もまた後日に交流展覧会を開催予定だとのことで我が日本協会からも作品を寄贈贈呈させていただいた次第です。


これからもロシア協会ならびに世界の各国のみなさん 会員のみなさんと貴重な国際交流を繰り広げ多くの方々の多様であり、心豊かな作品を発表できればいいのかなと決意を新たにいたしております。


またこのブログなどをお読みでご興味のあるみなさん 一緒にぜひ活動してください。
きっと貴方様の心にも世界の方々とともに交流できる貴重な思い出を手に入れられることでしょう。

春になりました。陽気な陽光に心を起こされて、季節のフレッシュなうちにぜひ、書画教室に参加してみませんか。みなさんとまたこの美しい季節に出会えますこと楽しみにいたしております。


この度のロシア協会様のご訪問深く感謝し、ますますのロシア協会支部のご発展をご祈念いたしております。

ありがとうございました。

xmすらすらと筆を運んで描くAlex会長


gmx遠藤副会長は書法をご紹介くださいました。


fyx最後に私は中国人物:しょうきを描かせていただきました。


xjy


xfj


yjxすばらしい作品がこの度交流会で実現しみなさん気持ちよくロシア協会に寄贈くださいました。 感謝

fzddロシア協会所属の生徒さんとともに


hxm右は私の門弟より すばらしい揮毫会を実現


jz門弟より寄贈された作品をもって




国際中国書法國画家協会 日本国本部 代表会長
矢形 嵐酔




教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。





▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね






関連記事
  1. 2012/04/09(月) 11:05:26
  2. 日記
  3. ICCPSロシア協会より来賓 会長訪問 のトラックバック:0
  4. ICCPSロシア協会より来賓 会長訪問 のコメント:0

全日本水墨画美術協会 色紙大賞展にて準大賞

mg

祝!! 全日本水墨画美術協会 色紙大賞展にて見事年間準大賞に輝かれました!!
誠におめでとうございます。

さて、みなさん、春めいてきましたら吉報も多くやってくるものですよね。
うれしいです。

なんといっても私ではなく、見事私の金曜日クラスに在籍するM.Iさん 全国公募の全日本水墨画美術協会主催の
色紙大賞展にて見事年間通算で準大賞を見事勝ち取られました。

いやあー恐れ入りましたね。

なにより私は一番うれしいです。わが事のような喜びで代え難いものです。


Iさんは、よくがんばってくれています。
水墨画の本質を最近はだんだんわかってきてくれているようで、うまく描くとかキレイに描くとかではない心の素直さ そして技法にたけるだけでなく、書道もならいながら水墨画に必要な線の描き方 濃淡など徹底して、学ばれてきました。

現在は、中級に属しながらもけっして休まずにこつこつと階段をのぼっています。


やはり、作品を小品から大作まで描けるようになっており、けっしてひけをとらない腕前となり、各主催の公募展でも負けをとらない技量に発展していることをひしひしと感じ入りました。


大きな豊富をもってこそ自信をもってこそ下手なりにでもうまくなります。


そして、何よりも徹底し的確な臨画と的確な指導も必要です。


今回はそのような環境に身を置き、そして誰よりも筆を多く持ちながら努力されたIさんお成果の賜物となりました。

これを機にこの賞に満足せぬようにますます上達され精神を鍛えられますように心より祈っております。


また、最後に多くのお問い合わせでまたIさんのように熱心に学ぼうと足を運んでくださっている新規の方々に深く感謝します。

みなさんお一人お一人に的確で衰えのない技法と精神を伝授していければと思います。

そして私も生徒さんとともに学び捨てず研究に励みたいと願っております。


この度は誠におめでとう!!!
ytkt熱心に学ばれているこちらがI.Mさん


gn<全国水墨画秀作展でも入賞をはたされました。その他多くの優秀な成績を残されたこと彼女の努力の賜物ですね。/a>







▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね




国際中国書法國画家協会 日本本部 代表

矢形 嵐酔

関連記事
  1. 2012/04/06(金) 17:11:23
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 全日本水墨画美術協会 色紙大賞展にて準大賞のトラックバック:0
  4. 全日本水墨画美術協会 色紙大賞展にて準大賞のコメント:0

水墨画風景 白の余白

yhx

みなさん いかがお過ごしですか。 一転、春の嵐からすっかり春の陽気が戻りほっとしています。

いよいよ四月にもなり先日の大嵐で桜も散ってしまうのではとヒヤヒヤしましたが街のいたるところでいろいろな桜が顔を見せて春の風に優雅に吹かれておりました。


さて、今日は水墨画の白の余白をお話しします。

水墨画は基本的には瞬間の感動を気韻生動という概念の中で感動をぶっつけ本番に、そして気迫を迫る静と動の世界で表現されてこそ見る人にも水墨画の醍醐味である幽遠の深さを醸し出せるのです。


さて、今回は、私がこの年に描いた雪国の街を厚い雲に覆われたなかでどんよりと照らす太陽。そしてうっすらととけているような屋根の雪を白と黒の世界で表現して見ました。

水墨画は、白 つまり紙の地の白をかに美しく残すことができるかで優劣が決まると言っても良いのです

最近はよくよく水墨画展なんかにもいったり自らが審査したりすることもありますが、多くの絵は絵を中心に描きすぎといいますか焦点が描くことぞのものに重点がおかれています。


水墨画芸術は、白をどう美しくみせるか どんなところを大胆に描けばよいかで自ずと描くところ省略するとこが決まります。

そんなことをしっかり学びましょう。

水墨画は描くこと以上に無音の世界 つまり描ききらない静の世界を美しくみせるそんなことを学べば一番上達が早いでしょう。


それが白の余白を学ぶ為の第一歩ですね。

がんばりましょう。






▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね




国際中国書法國画家協会 日本本部 代表

矢形 嵐酔
関連記事
  1. 2012/04/05(木) 11:27:49
  2. 嵐酔 gallery
  3. 水墨画風景 白の余白のトラックバック:0
  4. 水墨画風景 白の余白のコメント:0

国際中国書法国画家協会 米国支部 Casey会長の個展から

gn


ICCPS 国際中国書法國画家協会 北米支部 Casey Shannon 先生 個展誠におめでとうございました。
盛大に執り行われた模様です。



開催地:

Valley Girls Art Gallery

13766 Center Street

Carmel, Valley, CA USA

March 17, 2012 from 4pm to 7pm.






dtsj</a>

我が協会の北米支部会長 Casey Shannon 先生が先月盛大に個展を開催されたそうです。

いつも精力的に活動され、墨絵を個性的にアレンジされ、モダン水墨の手法で米国民のみなさんに紹介をしておられます。
とても刺激になるあたらしい感覚の墨絵に深く感じ入りました。

先生の協会に対する温かいご支援を感謝しますますのご活躍をお祈りしております。





会長はまた米国協会の代表作家として、今年も五月に行われる教室展覧会に賛助出品で展示が決定しております。

多くの仲間が国際中国書法國画家協会で活動され、今は多くの仲間が国境を越え、また異文化の壁を越えて会員同士が精力的に活動を繰り広げております。


多くの仲間がそれぞれのスタイルで活動し、同じ書道や水墨画を一緒に共有できる喜びを深く感謝し、先生の活躍ならびに北米協会のますますのご発展をお祈りいたします。


この度の個展、大成功たいへんおめでとうございました。



▼ICCPS 北米協会のサイト及びCasey 先生のサイトは以下の各国協会紹介の北米協会をクリックしてくださいね



▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね




国際中国書法國画家協会 日本本部 代表

矢形 嵐酔
関連記事
  1. 2012/04/04(水) 14:02:18
  2. 国際中国書法国画家協会 各国支部HP
  3. 国際中国書法国画家協会 米国支部 Casey会長の個展からのトラックバック:0
  4. 国際中国書法国画家協会 米国支部 Casey会長の個展からのコメント:2

春の嵐が近づいている

fhmx

みなさん こんにちは 今日は打って変わっての春の嵐だとか。
いよいよ春がきたのに春一番も吹かず今日の嵐。

春は眠たくなるようなそんな陽気な気候なのにたいへん残念です。 今日は風も吹き荒れていましてかなり心配です。
仕事の方々もどうかお気をつけて。

さて、嵐であれる波打ち際をニュースでみて、波が岩にあたって打ちしぶいている様子が見えました。

凄まじい迫力ですね。

あんな波が押し寄せているとたいへん心配で怖いような気もしますが見る限りはあの迫力に魅了されると言いますか水墨画の世界だなあなんて。


今日の一枚は月下の下、波濤のどとう砕ける波を描いた作品です。

私が以前筆を運ばせて描いたものでふと思い出してこうしてご紹介させていただきました。

この絵は国際展覧会で審査委員特別賞を頂戴したもので今もかざっております。


こんな大荒れのときにみてみる波はさぞ暴れ者になって岩場に打ち付けているのでしょうがこんなしけた中にでていこうものならかならず迷惑にもなりかねないので私はあっさりと映像で見たものです。


春の嵐、早く過ぎ去ってもらいたいものです。
帰宅時間に大事が起きないように心から祈るばかりです。






▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね








関連記事
  1. 2012/04/03(火) 15:28:38
  2. 日記
  3. 春の嵐が近づいているのトラックバック:0
  4. 春の嵐が近づいているのコメント:0
前のページ