嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

凛として描く

ggcr


凛として描く。

それが私の筆の道に対する思いである。

心が凛としていれば絵にも書にも凛とした気品が出てくると思うからだ。

私の日課は毎朝可能な限り墨をすっては思い思いの心模様を素直に描いていく事に専念している。


先日は、私と同じ名前を持っている先輩の水墨画家のとある先生に出会いました。
先生の名前も「ランスイ」といい、以前より同じお名前の方がいるのは承知していたのですがご縁が有りまして
先生と銀座の水墨画展覧会で初にお目にかかりました。


先生の名前は「嵐水」私は「嵐酔」いやあなにかしらご縁を感じた次第でした。


先生はとても気さくで70代に見えない若々さで何よりも自由でとてものびのびと活動されておられました。

先生のご出身は紀州和歌山で同じ関西のにおいがしてこれまた意気投合みたいになりまして何とも人との意味のある出会いはいいなあと感じ入ったものでした。



私の周りに集まってきてくださる画家や書家の先生や友人はとても腕もありなんといっても気さくでそれでいて見事な作品を生み出す先人たちばかりで私のよきお手本になっている。そしてみなさんが凛と気品漂う先生たちばかりなのです。


私はそういう貴重な出会いを心から感謝しまた今日も新たな出会いに期待をしながら筆を持っているのである。


これからも凛とした私なりの作風を生み出せるよう日々の鍛錬をし良い出会いを重ねて参りたい。



ああ、その嵐水先生はともかくすごいのが教室をもって活動しているのではなく一匹狼にふさわしい画業でありました。そういう先生の絵にたいする思いが一本であり誠にすばらしい。私もそういう芯が一本通った道を凛と極めて参りたいと願うばかりである。


嵐水先生たいへんいろいろなお話本当にありがとうございました。


gsfn
▲凛としたたる瀧のように。。。。




ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/07/31(火) 11:20:37
  2. 嵐酔 gallery
  3. 凛として描くのトラックバック:0
  4. 凛として描くのコメント:0

暑中のお見舞いを申し上げます。

gtっm


盛夏厳しき折の皆様ご一同様に暑中のお見舞いを申し上げます。

厳しき暑さです。ご覧いただいている読者の方々、どうか会友 会員のみなさん また全日本水墨画美術協会さま会員のみなさま大日本書芸院の先生 また会員のみなさん、中国遼寧省美術家協会 書法家協会の諸氏先生方
国際中国書法国画家協会 各国支部会員のみなさまに暑中のお見舞いを心から申し上げます。

お体にはくれぐれも気をつけて日々をお健やかにお過ごしくださいませ。


日本の厳しき夏をみなさん乗り切って参りましょう。



国際中国書法国画家協会 会長
中国遼寧省美術家協会 理事
全国水墨画美術協会 無鑑査

矢形 嵐酔






ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村





関連記事
  1. 2012/07/31(火) 00:06:01
  2. 日記
  3. 暑中のお見舞いを申し上げます。のトラックバック:0
  4. 暑中のお見舞いを申し上げます。のコメント:0

誰よりも努力したこと。

kd

みなさん 暑い毎日 お変わりありませんか。
さて、本日はこちら。

こちらのすばらしい朝顔の写真 よく物を観察して配置もそして雰囲気も夏らしい一枚になリました。

作品にはその人の感じた作風が何よりも大切なのですが、この生徒さんには生徒さんが一生懸命に観察して感動を受けたことがしっかりと伝わってきます。


ffff
こちらの作品には鉄線とアゲハチョウの工筆画を描いています。
こちらの作品は優雅で夏の一こまを鮮明に描いていてとてもその雰囲気が生きているようです。

yyu

またこちらはよく売られている化学線維の生地に活かされた扇子に夜空の花火を描いた作品ですが、先日も隅田川の祭りでみたように見事な花火が夜空を彩っていて夏の雰囲気がとてもうまく表現されました。


上の全ての作品は当教室で学ばれながら国内外でも受賞を重ねている生徒さんです。
絵が大好きだから毎日筆を持つとのことで自分に妥協する事無く前進されています。


人よりもそれは倍の努力を重ねている彼女には絵の基本もさることながらきっちり本格的な水墨画が表現されるようになったとうれしく思います。


石の上にも三年とはよくいっているので3年以上の研鑽を踏んでやっとですからそれを目安に学んでいければみなさんこのようになれるでしょう。

だれが見てもなるほどいいねと言われるようになるには時間をかけてきっちり学ぶことです。

そうなってくると自由自在にお手本など関係なくしっかりした絵が次々に生み出されるようになるのです。


一週間もたてば練習したことはわすれるのです。それを忘れないようにする為にも最低1ヶ月ぐらいはかけて細かく課題を学んでいいく事は意味のある事なのです。

人よりも努力した苦労はこうして生きています。


ますます国内外はもとよりすばらしい本格的な水墨画を生み出し、人の心に響く絵を発表してください。

暑さしのぐ美しい扇子にしばらく酔わさせていただきました。





ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村





関連記事
  1. 2012/07/30(月) 10:53:24
  2. 日記
  3. 誰よりも努力したこと。のトラックバック:0
  4. 誰よりも努力したこと。のコメント:0

中国国際展覧会にむけて奮闘中

xhgg


みなさん こんにちは 日々とても厳しい暑さで私の夏嫌いにまた拍車をかけるほど。
みなさんどうかこまめに水分を補給し熱中症にくれぐれもお気をつけて。

さて、今日はこちら。

どうですか。この堂々たる筆の運び方。 こちらの生徒さんは初出品でこの秋に開催される中国国際書画展に出品をする画題をこうして何度も描いています。

暑い中でも仕事を終え、毎週元気よくがんばって足を運んでくれている姿勢にとても感心します。

今回の画題は「ニューヨークの夜」です。

墨彩画で描くニューヨークですがとても幻想的で日頃の基礎の学習をきちんと活かされ筆もスムーズに描いておられました。


やる気というのはまた大切でしっかり作品の構想を考え今備わった力でしっかり一生懸命に努力して描いていく事そういう姿勢がないといいものはできません。


我が教室ではみなさん しっかりこつこつとがんばっています。

水墨画や書道というものは長年の努力しかありません。習いながらも自分で考えながらしっかり作品と向き合いながらどうしたらさらによくなるかということを常に疑問を抱き考えていく事が学ぶ側にも求められます。


教室ではこうした仲間が多いに増えまして私も日々やりがいのある教室でたのしませてもらっております。


今日もこれからまた多くの生徒さんと学びの中ですばらしい作品作りに向き合っていこうと思います。


みなさんどうか中国国際展覧会に向けて多いに奮闘ください。かならずいい結果を残せるでしょう。



gfjs
▲良い色合いにニューヨークを描いていますね。楽しみな画題です。

fdj

▲こちらの生徒さんも中国国際展覧会へ出品 書道も水墨画も出品というすばらしいがんばりようです。紫陽花を作画しておられます。がんばって!!





ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


関連記事
  1. 2012/07/29(日) 12:33:43
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 中国国際展覧会にむけて奮闘中のトラックバック:0
  4. 中国国際展覧会にむけて奮闘中のコメント:0

ICCPS 中国国際展にむけて模索中

td


みなさん こんばんは 
暑い盛夏お体を大切に日々を健康に歩みましょう。

さて、今はいろいろな出品がかさなる毎年一番多忙なとき。

作品の制作やらまた指導など追われまくっています。


この度は今年の秋に中国で開催される大イベント 国際中国書法国画家協会の中国国際展覧会に出品の画を模索中です。

なかなか一筋縄に行かないもので水墨という偶然の産物に身を委ねながら今回の作品に没頭している日中夜なんです。



教室でも多くの方がこの国際展に出品でみなさんの力作も世界7カ国から徐々に寄せられています。

忙しい中でみなさんも必至になってがんばっておられるのでそういう姿をみては時折自分に「お前もがんばれよ」と言い聞かせて筆を取っています。



中国を舞台に世界の水墨画 書道愛好家が一堂にあつまりすばらしい国際展を実現する事が我が協会の使命でもありますのでしっか本腰をいれて描いて作画していきたいと思います


写真は秋の山の山水を特殊な技法で描いた作品でこれからこの作品に息吹を吹き込んで完成に走っていく段階です


またすばらしい展覧会をこのブログ内でご紹介しますね。

yod7
▲生徒さんも必至ですね。 負けていられないなあ。

zdfjy

▲今年の国際展覧会も出品が山ほどのようでわくわくです。どんあ国際展になることやら。。。





ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村

関連記事
  1. 2012/07/25(水) 16:48:57
  2. 国際中国書法国画家協会 各国支部HP
  3. ICCPS 中国国際展にむけて模索中のトラックバック:0
  4. ICCPS 中国国際展にむけて模索中のコメント:2

基本ありてこそ

uuu


みなさん こんにちは 御元気に御すごしでしょうか。
連日の体験やまたこれから催される国内外の展覧会 また私の制作に追われし毎日で暑さとも葛藤
ほんとうに日々一日があっという間に過ぎ去っていくようです。

さて、お越し下さっているみなさん また連日暑い中足を御運びくださっている体験の方々に深く感謝しております。ありがとうございます。


さて、今日は教室の初心といいますか 多くの生徒さんにぜひ心に留めていただきたいと思う事
それをお話します。


「基本を徹底しなさい。 基本が家でいえば土台 基本をしない人こそ上達はない」
ということです。


先日は私の仕事の都合で2週間ほど間をあけて講座再開になりましたが生徒さんからは口々に
「先生 一週間あくとなんだか完全に忘れているようだ」とのお声です。


そうですね。 たかが1週間はされど一週間ということもあり筆を持たない間学んだことをすかっり忘れていってしまう
それが人間でもあるのですが。。。。。


でも、水墨画や書道はあくまでも技術です。
能力は努力次第で飛躍的にも伸びていきます。

いかに忘れないようにこつこつと筆をもって自分なりに努力しているかという事でしょう。

教室だけにただただ通われているだけではこれははっきりいって習得は遅いのです。
30分だけでもいいので筆をもってみようと思うと気がつけば1、2時間練習をしていることもあります。


つまり単なる受け身になるか、積極的に自分からすすんでやるかで大きな分かれ道になるということです。
やはり今までも実績を残して来た方に共通していることが自分が積極的で筆を持った人と言う事でしょうか。
そういう人はいつまでも心に印象づけられます。


楽しさを見つけるというのは水墨画 書に限らず習い事には時間もかかるし、出来る迄も相当のご苦労も多いでしょう。楽しさというのは勝手にやってくるのではなく自分が作り出す物なのです。!!


なかなか楽しさが見つからなくてもしばらくは諦めずやってみる事。 それでいて少しだけでもいいので自分なりの復習の時間をもつこと それのみなのです。
それがひいては基本を作る楽しさを呼んでくる。 基本を定着させ自分が描けるようになる一番の近道になるのですから。



私の教室に入門されている写真の男性は大学院生のかたで少し研究とは違う事して刺激的になりたいと水墨画を始められました。


水墨画をはじめの頃はなかなか思うように筆も動かずまず調墨のことも皆無だったのですがまずまじめに通われ
一生懸命に繰り返す諦める事無く続けられました。

その結果こうしてすばらしい集大成として朝顔を自分なりに描けるようにもなりました。
仕上がった時の生徒さんは笑顔満面でしたね。 とてもよかったと思います。

私は絶対に何をおいても基本だと思っています。 基本無くして何もなし。

なんでも人よりも高度な物 また墨彩画の世界など入門まじかに夢を大きくして描き出そうと慌てている方もいますがもちろん夢を大きくもつことはいいことです。否定はしません。
ですけれども順序をきちんとおって基礎からの力を徹底してやっていく事こそこれが本物の力や創造性を生み出す原動力になることを私は今もう一度ここでみなさんに語っておきたいと思います。


我が教室は、生徒さんに必ず対価を返すこと 来て力になったことを実感してもらうために基礎を徹底しますしこれからもその方針を変える事無く歩んで参りたいと思います。人数などまったく関係ないのです。
多かれ少なかれ変わることのない信念で我が教室を運営して参ります。



私が今活動している水墨画や書道芸術界の中でも本の僅かの一握りのアーティストさんしか人を感動させる技量を持っていないなあと感じながら私も猛省しその仲間に加わっていけるように日々書き続けようと心に誓っています。
ある生徒さんはあまりに感動したと涙されてたのを知っています。そういう作家の一員に少しでも明日が近づけるように真摯に練習に励んでいこうと思います。


みなさん どうか暑い真夏です。お体をご自愛くださいますように。


i6e
erj
▲水墨画の一つの集大成を作り上げる大学院生の若い生徒さんも必至で作り上げられました。





ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村

関連記事
  1. 2012/07/24(火) 15:10:40
  2. 日記
  3. 基本ありてこそのトラックバック:0
  4. 基本ありてこそのコメント:0

生徒さんの活動記録 個性溢れる団扇




みなさん こんにちは
肌寒い一日になりそうですが、私はこういうぐらいの過ごしやすいほうがいいですね。 元気になります。(笑)

さて、こんな肌寒いひとときの中で六本木教室のみなさんは暑さに備えての団扇をつくりました。

今回みなさんが選ばれた画題は「菖蒲」と「金魚」


どちらも夏にふさわしい画題です。 みなさん描く前にははたして絵がかけるのかと不安気な様子でしたが
こつこつとやっていくうちに感じをつかんでくれたようです。


水墨画を描くことはうまく描く事だけではないのです。

一番大切にしたい事 こういうことを自分の手で考え作りだし、そしてみなさんと筆を楽しむこと
そこにうちわを作るという大切な意味があると思います。


それにしてもみなさん 必至でした。
無心になって繰り返し描き方を学ばれたあとはもくもくと団扇の中に菖蒲やら金魚を見事に描いていかれました。


水墨画をみなさんにお教えする中で、このように生活に中に水墨画や書道を取り入れられ一つの生きがいになっていってくれれば何よりなのです。

心の気休めに筆をもつ

そして自然を眺めて心の感動を見つける そういうゆとりのある時間をもっていただき健やかに毎日を過ごしていただきたいと願うばかりでありました。


ylo


up;
▲男性の生徒さんもみなさん 一生懸命に無心になりながら描いておられました。良い作品がみなさんできました。


でgr
▲女性陣もみなさんは女性的な筆の運びですばらしい菖蒲を描いていかれましたね。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村

関連記事
  1. 2012/07/22(日) 12:05:11
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 生徒さんの活動記録 個性溢れる団扇のトラックバック:0
  4. 生徒さんの活動記録 個性溢れる団扇のコメント:1

夏を遊ぶ 団扇から

yk


みなさん たいへん今日も猛暑となっていますね。
あちらこちら出張で指導をする傍ら、移動も多くて汗が吹き出て参ります。

さて、夏を遊ぶと題して書いた今日のブログ。
みなさん 恒例の団扇を作っております。


美しい菖蒲の花を描く講座で筆の使い方 バランス 構図などをしっかり基本から指導して参りますとみなさんとても熱心にそしてこんなにもすばらしい作品を作り上げられました。



夏に必須のアイテムを同じ筆をもって筆法を学ぶという観点からもとてもいい実質体験になっています。

墨彩画の分野になり、みなさん色をうまく作り出すことや花をどううまく描くかで迷われながらも長い間しっかり学んでくださっている方なので基本もそれなりに出来ておりみなさんそれぞれ個性溢れる作品を残せました。




自分で作った団扇はやはり習っていてこそ出来るみなさんの特権ですね。

これからますます精進され次は扇面に描いてすてきな扇子を手にされますよう祈っています。




何事も基本があってのこういう作品作りであることを忘れてはなりません。


涼を芸術で味わってみてください。





iuu
真剣そのもの 今迄の基本を活かされながら描いていきました。

fjs



gjg
お一人お一人の個性を十分発揮され本当にすてきな御稽古になりました。



tul

教室ではみなさんのレベルにあわせての指導で確実に腕を伸ばされる方が多くなりました。

感謝




ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村
関連記事
  1. 2012/07/19(木) 16:38:13
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 夏を遊ぶ 団扇からのトラックバック:0
  4. 夏を遊ぶ 団扇からのコメント:0

かなの美に酔いしれて

bmbmb


お暑い日が続きますがみなさんお変わりませんか。
心より暑中のお見舞いを申し上げます。


さて、今日はこうしてかなをご披露しております。

「花のいろは移りにけりないたづらに我が身よにふる眺めせしまに。」
小野小町(9番) 『古今集』春・113から



【現代訳】
  栄え咲き誇った桜の花も、むなしく色あせてしまったわね。私
 が降り続く長雨でぼんやり時間をつぶしているうちに。
  かつては絶世の美女よ花よと謳われた私も、みっともなく老け
 こんでしまったものね。恋だの愛だの、他人との関わりのような
 ことに気をとられてぼんやりしているうちに。


             
  非常によく知られている歌で、色あせた桜に老いた自分の姿を
 重ねた歌です。かつて日本の美女を「小町」と言ったように、伝
 説の美女ですが、それは年をとるにつれて衰えゆく「無常な時間
 に敗れゆく美」を歌い上げたからかもしれません。
  ただ単に美しいだけなら、誰の心にも残りませんものね。

                        参考「京都百人一首の講座より」
             
  
  この歌には日本人ならではの滅びゆく名残の美学、「無常観」といったものがとても新鮮でそしてはかなく
  表現されていますね。
  いつの世もこうした人間の心模様が自然と重なって見えてくるといったものです。
         

  ですから今は今の美しさをしっかり噛み締めて、そして移り行く季節をしっかり見つめ心に焼き付けて人生を楽しみたいものです。

我が人生はいつも心が決めるもの。
若かりし頃をしっかり回想するのもいいですが過ぎ去ったことは帰らず そういう無情を抱きながらも私は
今の自分をしっかり楽しめるそんな生き方をみなさんにしていただきたいと願っています。


今日の歌はとても有名なのでみなさんもみなさんの心意気でさらっとしたためてみるのも書道ならではの楽しみになるでしょう。




っgk
こんな盛夏だからこそしずかに筆をもって涼を楽しんでいたい。





ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村





関連記事
  1. 2012/07/18(水) 13:53:12
  2. 日記
  3. かなの美に酔いしれてのトラックバック:0
  4. かなの美に酔いしれてのコメント:0

第四回京都全国水墨画文人画秀作展覧会にて

gkyt
第4回 全国水墨画秀作展京都文人画水墨画展覧会が京都文化博物館にて盛大に開催されています。ポスターの扇面作品は第一線で活躍されている王子江先生の作品です

この展覧会は全国水墨画美術協会にて開催されまして7/15日には授賞者を全国から集め、見事な受賞式及び懇親会になりました。

いろいろな作風が一堂に展示されまして全国は北から南までの水墨画が結集し、それぞれ個性触れるレベルの高い作品が展示されました。

このような会に、我が教室からも出品をしており、見事上位の賞を頂戴させていただきました。

一人は、見事準大賞にもうお一方は、秀作アカデミー賞を受賞されましてみなさんもとてもお喜びになられました。

一生懸命に心をこめる 一筆一筆に思いを馳せて墨に心を託す いのりのような世界があったでしょう。
そういう真剣な努力の影にこのような好成績を残せた事は我が事のように大変うれしい気持ちで何よりもの幸せでありました。


みなさん会場にも新しい方々が順々に受賞をされており、水墨画を生活の生きがいに楽しまれているかたの多さにほっとうれしさで一杯になりました。


私もこの協会には所属しておりますが、この度は協会会長賞を頂戴いたしまして光栄に存じます。
水墨画も書道もいわば亀のように学んで来ております。

その足跡としてこの結果を大切にし、そしてまた後進の指導に更なる努力を重ねて水墨画の魅力を伝えていければ本望です。



何も賞に選ばれる事が一番ではありません。
それよりも生きがいとして心のよりどころになるようなそんな友達感覚での水墨画の世界を模索していく事で幸せを感じていただけるよう私も会員も含めて精進して参りたいと思います。


この度は受賞された門人のみなさんおめでとうございました。
fnf

tjjr
▲受賞をされたみなさんです。私もそっとうしろから拍手を送りました。おめでとう

cxn

fjd

gg
▲秀作アカデミー賞受賞した門弟です すばらしい出来です

bvb

▲NHK Eテレ 日曜美術館にご出演された王子江先生に協会から花束が贈呈されていました。さすがです。

dfzm
▲全国水墨画美術協会の色紙大賞展で見事年間準大賞に輝いた門弟の色紙作品も会場に展示されていました

fへ

▲会長賞を受賞いたしました我が作「三鏡獅子舞」
 
れjy
会長とともに記念写真を撮影しました。





ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村




関連記事
  1. 2012/07/17(火) 01:45:32
  2. 日記
  3. 第四回京都全国水墨画文人画秀作展覧会にてのトラックバック:0
  4. 第四回京都全国水墨画文人画秀作展覧会にてのコメント:0
次のページ