嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

水墨画 書道のきちんとした力をつけていこう

.,h.


みなさん こんにちは 平素より私のブログをお楽しみご覧下さり本当にありがとうございます。

さて、今日のお話は「水墨画 書をきちんと学び正確な力をつけていこう」というものです。

最近は多くの新規の生徒さんやまたさらに上級へと進んで行かれる生徒さんもかなりいるのですがそういううれしい状況において今一度学びとは何かについてお話しています。

教室は、学ぶ上でとても大切なところ。 

我が教室は、手本は作っても手本通りにはお教えしません。


まず技法を1対1でしっかり見せる そして生徒さん自身が動きや技法を間近に見て習得をするということです。

かの魯山人がいっておりますが、師というのは全てが見本であり、手本などというのはその師の人間的な味のようなものとまた作り出す技法のすごさをどれだけ盗み取るかということだと言っております。


まさしく、その通りで手本をみて1点1画を忠実にまねて其の通りに描いているようでは単なるコピーとしか言いようのないものです。

もちろん臨書や臨画の世界はあります。

古の偉大な作家 水墨画でいえば、斉白石や八大山人 また李可染などそういう大家の作品から筆法を学ぶことも大切ですね。


書も同じ、偉大な書作家の作品を何度も何度も繰り返す練習で筆法を自然に盗み取っていくのです。


私はそういう勉強をしていく それは教室外でもできるのでそういう方法をやってほしいと説いております。


水墨画や書は最低でも3年以上きちんと学ばないかぎりたいしたましな書画を生み出せるものではないのです。


ですからきちんと信頼の出来る師について時間を次ぎにかけ、そして人並み以上に何でもいいので臨書や臨画を繰り返してみる

そういう時間を持ってみてください。
かならずといっていいほど見違えるような作品になってくるはずです。


これからも私の教室では1対1においての少人数を実施し確たる素養を身につけられ巣立っていかれる生徒さまの養成できる教場として私なりの信念で歩んで導いていきたいと願っております。


みなさんもどうかそれぞれ自身の書画を伸ばされますように。
心から応援しております。
kh
入門してまもないのですがきちんと課題をしっかりこなし上達していっております。

gtd

yoy
こちらは教室の夏のイベント うちわを描くに描いている枝豆とビールの組合せを水墨画で 実におもしろい画題ですね。がんばってください。






ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
  1. 2012/06/17(日) 11:39:37
  2. 日記
  3. 水墨画 書道のきちんとした力をつけていこうのトラックバック:0
  4. 水墨画 書道のきちんとした力をつけていこうのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1006-69b16fac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)