嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

意味のある国際展覧会へ 2012年ICCPS中国国際展覧会

fzdh

2012年 ICCPS 国際中国書法國画家協会 中国国際展覧会にむけて今年も多くの方がご参加のようです。!!!舞台は本場墨の國である中国での盛大なる開催です。どうかみなさんご参加ください。!!!!


さて、みなさん 今年も芸術の秋には中国は遼寧省で盛大に我が協会の国際展覧会を開催し、中国遼寧省書法家協会や鞍山市美術協会 北方新報や中国共産党文化教育部の多大なご支援をいただきながらまた開催することになりました。


私の協会も今は多くの仲間が集うようになり、心の交流会を世界で行っています。
ただ大事なことは、水墨画や書道をやりたい 真剣に学ばれる方々がいる一方で、多くの画壇や書壇はなぜか疑問を持つばかりなのですが、なんやかんやで多額のお金が必要で下手をすると一回の会費にいろんな名目で数十万円が消えていくというおかしげな会ばかりがいっぱいあるということです。


私はそれを脱却し、常識ある少額制度でなんとか出品を応援し、作家のみなさんで一緒の土台で芸術を発表できるような会をと努力しています。そういうものをつくりださないといい作家もうもれてしまうような気がします。


やれば出来ます。特に日本の芸術界はあまりに意味のわからない資金がたくさんかかり、私は常日頃より疑問を抱いています。

特に公共の場所でやっているのにも関わらず出品費用などとんでもないような額を要求しているところもあり(私のしっているところでも数々)本当にどうなっているのか疑問もつばかりです。


さて、、我が協会は私の協会でもありますが、一方で中国から著名な書画架と中国市政府の協力でご支援をいただき本当に格安にてこの芸術活動を遂行しています。

掛軸を二本だして記念冊子までだしながらも高々2万円だいとうそういう会です。それを目指してきました。格安で皆さんがともにどしどし出してくれるそんな会です。

ですからはっきりいって私たち協会の儲けにはならないのですが、何よりもこういうみなさんが出しやすい環境
そしてきちんと評価をして審査をし中国で展示をしながら各国のすばらしい作家のそれぞれの作品を展示できる
こんな機会を作り上げることが目的なのです。
そしてきちんと公的なところからも支援をいただけるような。


芸術は万人にできるもの。それが基本です。それが私の基本的な考えです。
お金が高いから出せませんというものでは芸術活動の基本なのです。

提供者も出品者のことを考える そこにみなさんが出品をできる対等にその芸術を展示できるようになるのです。


私も今迄は多くの会に誘われ、疑問を抱きながらも作品を発表しましたが、今考えるとそういう会で大きな賞をもらったところでなんのもんにもならないし、たかだか趣味の会のようなところで賞をもらったところで何にもなっていないなあと個展なんかを通じて考えるようになり、今はきちんとした評価のあるそれなりのところへ出品をしていますし、生徒にもまずあ自分にプラスになるような出品を心がけるようにと語っています。



ようは出品する側もどこならいいのか どういうところに出品することが生きることかをしっかり考えることも大事なのです。
出品すること自体は何ら悪くもなく、むしろ推奨します。
しかし、むだな多額のお金を払っても意味のなさないようなお金の使い方や時間の無駄をしてほしくないとただただ願うばかりです。


今回も協会では、本当にすごい数になりそうです。
まだ八月迄はしばらくありますがちょこちょこ集まってきています。
これからもしっかり純粋に活動している芸術家がきちんと発表できる、そしてそれなりの評価をしてもらえるようなそんな土台をみんなの力で作っていかないと行けないと心新たにしております。



これからもみなさん どうかよろしくお願いいたします。

芸術はみな自由に万人にできるものであるということを噛み締めて。!!!

fdh
▲揮毫会を催し中国の芸術家とのかけがえのない交流会です。国際展覧会中に開催です。


fzdh
xtj


▲世界のICCPS 支部より多くの出品が見込まれています。


kydt

▲中国協会会長 紫雲会長のあいさつです。
th,

fzdh


gks

▲今年も多くの仲間との心の交流を進めてまいりたいと願っています。みなさんどうかがんばってくださいね。


ご覧いただいた方々でご興味のおありの方は国際中国書法國画架協会のカテゴリーサイトをご覧下さい。





ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
  1. 2012/06/28(木) 14:37:29
  2. 日記
  3. 意味のある国際展覧会へ 2012年ICCPS中国国際展覧会のトラックバック:0
  4. 意味のある国際展覧会へ 2012年ICCPS中国国際展覧会のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1015-4726dc6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)