嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

凛として描く

ggcr


凛として描く。

それが私の筆の道に対する思いである。

心が凛としていれば絵にも書にも凛とした気品が出てくると思うからだ。

私の日課は毎朝可能な限り墨をすっては思い思いの心模様を素直に描いていく事に専念している。


先日は、私と同じ名前を持っている先輩の水墨画家のとある先生に出会いました。
先生の名前も「ランスイ」といい、以前より同じお名前の方がいるのは承知していたのですがご縁が有りまして
先生と銀座の水墨画展覧会で初にお目にかかりました。


先生の名前は「嵐水」私は「嵐酔」いやあなにかしらご縁を感じた次第でした。


先生はとても気さくで70代に見えない若々さで何よりも自由でとてものびのびと活動されておられました。

先生のご出身は紀州和歌山で同じ関西のにおいがしてこれまた意気投合みたいになりまして何とも人との意味のある出会いはいいなあと感じ入ったものでした。



私の周りに集まってきてくださる画家や書家の先生や友人はとても腕もありなんといっても気さくでそれでいて見事な作品を生み出す先人たちばかりで私のよきお手本になっている。そしてみなさんが凛と気品漂う先生たちばかりなのです。


私はそういう貴重な出会いを心から感謝しまた今日も新たな出会いに期待をしながら筆を持っているのである。


これからも凛とした私なりの作風を生み出せるよう日々の鍛錬をし良い出会いを重ねて参りたい。



ああ、その嵐水先生はともかくすごいのが教室をもって活動しているのではなく一匹狼にふさわしい画業でありました。そういう先生の絵にたいする思いが一本であり誠にすばらしい。私もそういう芯が一本通った道を凛と極めて参りたいと願うばかりである。


嵐水先生たいへんいろいろなお話本当にありがとうございました。


gsfn
▲凛としたたる瀧のように。。。。




ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
  1. 2012/07/31(火) 11:20:37
  2. 嵐酔 gallery
  3. 凛として描くのトラックバック:0
  4. 凛として描くのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1035-60b52884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)