嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

きっちりと腕を身につけて

ldf

みなさん 今日もたいへん高温です。
お体にはくれぐれもお気をつけて。

さて、今日のお話。

先日は私の所属する大日本書芸院展にて見事連続で上位の入賞をしたと師匠より電話をいただき深い感動とまたこの状況に安心するというのではなくこれからも研鑽に研鑽を積まないと行けないと思う心境でした。

大変多い数のなかでこうしていただける賞に恥じないようにするにはこれまた静かに何度も自分の腕に満足する事無くたゆまぬ努力しかないのです。

連日、また新たな方々が当教室に入門をされましたがなにわともあれ、人に教えていく自分としてはやはり正真正銘の腕を研鑽し身につける事 そして確実にそういう入門者のみなさんの問題 疑問に丁寧に応える事が出来ないと行けないと思っています。


だいたい私の師もいっていますがこてさきだけで習得しただけの者はすぐにその道のプロがみればすぐに分かるのだそうです。ですから厳しい訓練を受けて時間をかけてしっかり丁寧に筆法を学べと幾度と言っておられました。


多くの生徒さんが確実にすばらしい水墨画や書道をかけるようにしてあげるには、自分が常に初心を忘れず徹底して研鑽を積み上げる以外にない。

そして、これから習われようとする方がもしいるならそういう厳しい訓練をうけている方できっちり筆法を理解している方に習われるべきであると思う。

運良く私はそういう師に出会えた者で今でも水墨画や書で生きているし、流派を問わない国内外の展覧会でも満足のもらえる結果をいままでいただかせていただきました。

みなさんもこれから習われたい方などどうかしっかり御探しになり、腕のきっちりそなわった自分がこれやと思う師匠に出会ってください。

かならず探せばいます。
探さないといません。 習う事にも時間をかけ習う師を探すにも時間をかける それがいい腕を養える唯一の方法です。

安易な方法で習得したり、自己満足で終わってはいけません。常に疑問をもってそして今の歩んでいる道が本当に無駄でないかなど静かに目をとじて考えてみてください。

答えは必ず見えるでしょう。

本日も多くの御入門の方ひとりひとりに満足だと思われるようにきっちり筆法をご紹介していきたいと思っている。

一人でも真ある作家を輩出できる日のために。


yr
細部迄観察をし繰り返しの練習がいちばん大切です。


tul
▲学ばれるひとりひとりに確実に力をつけて御返をし国内外での評価をつけてあげることで証明されていくこともあります。しっかり描いてうまくなってください。




中国遼寧省美術家協会/鞍山市書法家協会 理事
全国水墨画美術協会 無鑑査

矢形 嵐酔



▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村













スポンサーサイト
  1. 2012/08/13(月) 12:47:53
  2. 日記
  3. きっちりと腕を身につけてのトラックバック:0
  4. きっちりと腕を身につけてのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1045-7f597b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)