FC2ブログ

嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿、銀座で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

道 それはどれだけ時間をかけたか

ky

みなさん こんにちは 今日は67回目の終戦の日 戦火に消え去った多くの尊い方にご冥福をお祈りするばかりです。

さて、今日はこの「道」という書にそえて。

私の教室ではいつも筆をもつ時間を祈りであると考え一人一人の生徒さんが今日というなのもとで何を感じどう自分が見えたかということを考えてもらうそんな時間であると説きながら練習に励んでもらっています。

書や水墨画は単なる上手下手というものではないのですね。

一種いのりのようなもの  白い紙にぶつける心の思いのようなものがあり、使わせていただく全ての道具に感謝をし、書ける喜びに感謝し、今を考えて生きられるこの時間に感謝して描くというそういう意味のある行為だと思います。


やってこられる方もそれぞれの思いで今日の筆を持って心模様を墨色に託す訳です。

嬉しときはうれしさがまし、少々疲れた思い出は疲れた思いの書になったり実に不思議なもので筆はその人その人の心を鮮明に映し出してしまうのです。


だからこそまた表現をするにはとてもいい芸術であり、自分と向き合えるすばらしい芸術であるのです。

我が教室には、趣味として学ばれる方も多い一方でプロを目指される方も多数です。

そういう思い思いに応えられるように教室の運営を盛り上げています。


なんでもそうですが、みなさんが心の絵画や書が満足いけるそんな作品に到達するためにもきちんと地に足をつけてじっくり学んでいただけるようなそんな時間を作られ、一つの道を最後迄歩んでいかれる事がなによりも大切であると思うのです。


競争ではないのです。自分の心との相談です。


そういう中で無理をせず素直に心模様を絵や書にできるようであってほしいと願いながらこれからもみなさんの筆の道を影ながらに応援させていただこうと思っています。


ますますの向上お祈りします。

dshn

▲ 自分の絵や書に出会えるようなそんな教室作りを目指して参ります。



教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね
スポンサーサイト



  1. 2012/08/15(水) 21:44:37
  2. 日記
  3. 道 それはどれだけ時間をかけたかのトラックバック:0
  4. 道 それはどれだけ時間をかけたかのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1047-119be744
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)