嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

David Lee Rothさまをお迎えして

b,h


本日はアメリカよりすばらしいロック歌手アーティスト David Lee Roth さまを我がアトリエにお迎えできました。

たいへん気さくで明るいとても言い方でした。
どうかすばらしい墨絵と書の世界を楽しんでいただけましたら幸いです!!!




Hi Everybody!! Luckily The very famous Rock singer in USA, Van Halen, Top Vocalist, David Lee Roth come to my Art studio to feel the Oriental beauty of Sumi, Japanese Calligraphy and Sumi-e!!!
We are so happy to welcome such a big American artisit!!!!

I felt to build up a friendship with him through the brush communication.!!!

Thank you David Lee Roth!!!



▲David Lee Roth さんとは?こちらをご参照ください。



David Lee Roth様を我が教室にお迎えして!!!

かの超大物でアメリカロック界の重鎮でもありますDavid Lee Rothさまが我が教室にいらっしゃいました。

▼ デイヴィッド・リー・ロス(David Lee Roth, 1954年10月10日 - )はアメリカのミュージシャン(ボーカリスト・作詞・作曲家)、音楽家。ハードロックバンド、ヴァン・ヘイレンのボーカリストである。インディアナ州ブルーミントン生まれ (Wikipediaより)
David Lee Roth さんとは日本語版ウィキペディアはこちら



偉大なるロック歌手であり芸術家のデイヴィドさまがはるばる米国より水墨と書の世界を学びにいらっしゃいました。

デイヴィッドさまは以前より日本の心を学びたいと米国より我が教室にお問い合わせをくださりこうしてレッスンが成立いたしました。


私もこのようなすばらしい真の芸術家にお会いできましたことに深い感動を持ちましたし、また彼の芸術への感性はたいへんとぎすまされておりすばらしい感動のひとときを共有できましたことを私の心の思い出として刻まれた次第です。


今回は日本を訪日され歴史を辿る日本の度として日本の心を代表する数々の武道や精神道を体験されるとか。


こうしてお選びくださったところに我が教室があり、とてもお礼の言いようのないうれしさで一杯です。


今回は初回の授業を水墨画で体験 たくましい立派な竹を描いておられました。


絵を描く事だけではなく、筆をもって自分と対話する大切さを感じていただけたものかと思います。

ものすごく気さくな方であり、また勉強熱心でありまして非常に芸術性の感性の高い方でありました。


今回、ともに筆をもって心の対話が出来ました事が何よりです。

デイヴィッドさんの筆を看ていると何やらロックのような感性も感じたほどです。

心の竹という墨絵の奥深さを訪日中にまだまだ学んで帰られる予定です。


デイヴィッドさん 本当にすばらしいひとときをありがとうございました。

▲上の写真は初めてアトリエにお越しいただきまして私の粗茶で心をリラックスしていただきました。
足がいたくならないように気を使いましたね。

,h,d

tecnhw2f0fjq.jpeg


y,


▲レッスンもあっという間のひととき まだまだやりたりないような雰囲気でしたが一生懸命に筆を大切に運ばれました。


gfs
▲ 流石ですね。!!やはり感性でしょうか すばらしい風竹ができご本人様もさぞかしの大喜びでした。
ありがとうDavidさま





教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね







スポンサーサイト
  1. 2012/08/20(月) 23:39:54
  2. 取材関連について
  3. David Lee Rothさまをお迎えしてのトラックバック:0
  4. David Lee Rothさまをお迎えしてのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1050-cb012874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)