嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

墨彩画紀行 にわとりを描く

reaj


みなさん こんにちは お変わりございませんか。いよいよ九月に入りまして私は朝夕に秋の風を感じては
心もちかほっとしております。
夏の苦手なわたしにしてみればやっと秋だなあなんて思うとうれしい限りです。

さて、今日の一枚はこちら。

中国画流の水墨画はもちろん墨の美が第一ですけれども、こうしてすこし色をつかって軽く彩色することで華やかになります。

今回はライチの実をさがす鶏の様子を一枚に仕上げました。


鶏は軽快にそして生きているように描かないといけないのです。
中国画流の水墨画のいいところは気韻生動といいまして気の力 そして躍動感を一気に描ききること そして命を吹き込むことで出来上がるのです。

そういう絵を描くことには日頃の訓練を惜しむ事無くこつこつやっていくことがいちばんです。


これからもこういう生き生きとした中国本番ならではの作品をみなさん 生徒さんにお教えできればと思っております。


tul
▲今日も大勢の生徒さんが個性溢れるすばらしい作品に挑戦しております。







教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね

スポンサーサイト
  1. 2012/09/02(日) 11:39:08
  2. 嵐酔 gallery
  3. 墨彩画紀行 にわとりを描くのトラックバック:0
  4. 墨彩画紀行 にわとりを描くのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1058-167bfbef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)