FC2ブログ

嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿、銀座で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

りすを描く

12


みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか。

今日の一枚はこれ。シマリスを描く。

シマリスとか小さな動物は愛嬌がとても大事。 いきいきと描くためには筆を必ずたてて毛先を均一にして
描いていく丁寧さと大胆な彩色がまたいいのです。


墨彩画でいちばん大切なことは墨色と色彩の割合に気をつけることかもしれません。

我が師匠は、墨:色=7:3というようなことを言っていたのを思い出します。

教室ではこうしたかわいらしい小動物からトラまでもをこなしていく生徒さんも多いのです。ですから、一緒になって実践しながら研究を続けています。


こうした小動物に愛嬌を加味する事ができますと、なんだか見ている側もほっと安らぎますね。

みなさんも小さい動物から大きな動物までいろいろ研究を重ねて楽しんで動物の墨彩画を描きましょう。




教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね


スポンサーサイト



  1. 2012/11/25(日) 11:12:01
  2. 嵐酔 gallery
  3. りすを描くのトラックバック:0
  4. りすを描くのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1101-9a95386d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)