嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

墨彩画紀行 中国蘇州を描く

dfh


みなさん こんにちは 今日はとても清々しい青空が広がり冬の美しい澄んだ色を感じております。
教室の再会も無事に始まり、また今年一年みなさんとともにゆっくりそして元気よく歩んでいければと望んでおります。

さて、今日の一枚はこれ。

墨彩画で描いた水郷の世界 中国 蘇州の朝です。


水墨画でとくにいい印象を描き出す為にはやはり水をいかに調整しながら霧などにつつまれた風景を叙情的に描き出すかがポイントとなります。

その為にも構図を考えて一番絵になりやすいであろう部分を見つけ出す事も必要なのです。


中国蘇州は何度か訪問しましたが、まさに水と深く関わった水郷の町です。
とにかく朝と夕暮れどきはなんとも癒えない情感に包まれてしまう。


行き交う小舟は運河の中をゆっくりと進み、また白壁の古い民家の二回では人々の憩いの場として喫茶や囲碁などでくつろぐご老人の姿もまたあり、また人々が水辺近くで洗濯物を架けているすがたなんかもとても風情がありまたいい。


私は海外を幾度となく多数訪れているけれども東洋のベニスと呼ばれるこの蘇州という町はとても大好きな地域である。


まるで時が止まったかのようなそんあ風景は人々の心をゆったりといやしてくれる。

そして出会う人々の姿。


私はそういう町の片隅で静かに筆を運んではスケッチを繰り返した事を昨日の事のように思い出す。


この作品は私の気に入っている作品とひとつです。ご覧下さる方々の旨に「ああ、蘇州はこんなきれいなとこか
ぜひ行ってみたいなあ」と感じて頂けるようなそんな絵になっていれば幸いです。


今日もどうか良きで会いそして平和な一日をお過ごしください。



嵐酔



教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね
スポンサーサイト
  1. 2013/01/11(金) 11:19:22
  2. 嵐酔 gallery
  3. 墨彩画紀行 中国蘇州を描くのトラックバック:0
  4. 墨彩画紀行 中国蘇州を描くのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1116-0fec54c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)