嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

おにゆりを描いてみた

ggh


みなさん こんにちは 寒い毎日お変わりございませんか。

さて、今日の一枚はこちら。 教室でも人気の高いおにゆりを描いてみました。
おにゆりの鮮やかな朱の色を印象深く描いた墨彩画  教室でもゆりを描いている人も多く、華やかな装いが人気があるのかもしれません。

墨彩画ではあまり色を多用してしまうと水彩画のように見えてしまうので色はアクセントのような気持ちでいつも彩色をしますし、淡彩で描くということを念頭に色を彩色していかないと墨彩画はあまりうまくいきません。


教室の生徒さんも、色の使い方がなかなかうまく行かないとよく質問を受けますが、そういう問題の中には
墨色を十分に活かしきれていないこともあります。

つまり、色を全てにいれてしまってどこを強調すべきかが視点が決まっていないときによく起こっているようです。

私の場合、このおにゆりを描くにしてもまずは花のみに色を使う事で遠近をうまくだすこともできます。

遠近のよくわかるようなそんな配色を決めて色を入れています。

初めのころは私も大変苦労をしましたが、やはり墨彩画も水墨画の中の一つと考えるときに、水墨画の基調である墨色を殺さない程度で彩色をするという姿勢を常に持っていないと失敗をするということです。


最近は数多くのみなさんが楽しみながら彩色を楽しんで学ばれています。

ぜひ、みなさんも水墨画の墨色を基本として品のある最小限の彩色で品のある墨彩画を実現してくださいね。



jjtt

▲彩色はほどほどに。みなさんしっかり学ばれていました。

ghjk
やや大きな紙に描いても美しいですね。



矢形 嵐酔




教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね

スポンサーサイト
  1. 2013/01/21(月) 16:27:18
  2. 嵐酔 gallery
  3. おにゆりを描いてみたのトラックバック:0
  4. おにゆりを描いてみたのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1122-17df30cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)