嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

柳澤暁芳先生を迎えて揮毫会

ytk


みなさん こんばんは 御元気でしょううか。
今日の日曜日は、相変わらずのお教室ご愛好者さんとともにすばらしいお稽古ができました。

これもひとえに多くのみなさんの支えられているおかげです。ありがとうございました。

さて、今日の一枚はこちら。

書作をしているのは柳澤暁芳先生です。柳澤先生は当協会の招待でもありましてこの度先生とともに揮毫会が実現し、一緒になって書作研究会を行いました。


柳澤先生のサイトはこちらです。">柳澤先生のサイトはこちらです。

共に筆を握る者同士が一緒
意見をしながらお互いの良き筆法を取り入れてこれからの研究課題に学んでいました。


先生は、とても気さくな方でもっぱら大字を書くのを得意とされています。今回は初めに漢字作品を二行で
書作しました。


一緒に貴重な時間を書という貴重な交流で気持ちよく筆を持つ事で、ますます字を書く事 筆をもって人と人が顔を見ながら交流できるすばらしさを噛み締めました。


また、その後は自由に書作をしたりしながら、私は水墨画も紹介しました。

ytke

yyfr




水墨画で描いたショウキ様です。

水墨画も書道も筆の動かし方や墨量の変化などは言わずも大変重要であり、それをコントロールするのも神経を集中して一気に書くというその高い精神性が重要なのです。


やはり先生もそれなりに歴史をもって筆の道を歩まれて来た方なのだなあと見事な筆さばきに勉強をさせていただきました。


流派や会派はちがっても書を愛すという気持ちが同じであればともに交流し合いながらいろいろ素直になって勉強できるものなのです。


ytk

tydy

書の作品を揮毫 中国の詩の世界を気持ちをこめて



こういう時間は普段、指導ばかりの私にとってもたいへん貴重なのです。

本当にこの度はすばらしい時間をありがとうございました。これからももしよき出会いがありましたら気持ちよく
筆をもって交流しあえるそんな交流を実現させていなあと思っています。


人の顔がいろいろあるように生み出される作品も多種多様。それがまた新鮮でいい。

それがいいとか悪いとかではない。人の魂から生まれる書や絵はなんとも新鮮である。

fgnf

柳澤先生の最後の作品 気分が乗ったのかとても味わいのあるすばらしい作品でした。



教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね
スポンサーサイト
  1. 2013/01/27(日) 23:59:03
  2. 日記
  3. 柳澤暁芳先生を迎えて揮毫会のトラックバック:0
  4. 柳澤暁芳先生を迎えて揮毫会のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1126-74643ae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)