嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

篆刻の美 石印材の魅力

e6i

みなさん こんにちは 今日はどんよりと曇り空 気分もまあまあというところですね。

さて、今日はよく作品を完成させますと書でも水墨画でもその作家の署名ととともにその作家が書いたという証の
印を押す訳ですがその印というものについて少々お話ししたいと思います。

この署名と印を押す事を合わせて落款といいますがとても難しいものです。

印という形式に用いる書やその印にふさわしい落款を入れて仕上げとなす訳ですからいろいろと誓約もありこれもまた
書や水墨画を学ぶ我々に取ってみてもとても重要な事なのです。


そこで、今日はこの印についてですが、印に刻される文字は一般的には篆書と呼ばれるような書体で大変古いものです。
その篆書にも小篆や大篆 金文 石鼓文に甲骨文などとその篆書の幅は多義に渡ります。

そういう文字をこの限られた石(印材)の上に刻していく訳で篆刻とは書の宇宙を秘める大変すばらしいもので
寸法の芸術などとも評されているようです。


そして、また私は、時折自分で氏名や雅号のほかにも遊印という自分の好きな言葉やまた中国の故事成語などを石印材に刻しては楽しんでこの篆刻を続けております。


私のコレクションを少々ご紹介いたしますが、それは印材の種類ですが、印材の種類は多種多様で少なくとも50種以上は有るようですね。

その中でも名品中の名品ともなると2、3cmばかりの石ころが数十万もする逸材となり石のコレクターのなかでも競い合いの商品になるようです。

私の持っている石印材にもそういうすばらしい古印材とよばれるものも有りますが、これは私のような篆刻を楽しむものとしてもすばらしい石として大切に大切に保管しております。


それでは石の王者となる中国の数々の石印材をご覧いただきましょう。


ay
▲上記が印材の王者に君臨する「田黄」すばらしい彫刻がされております。

田黄石は水田の中から採れた黄色い石でとろけるような芋ようかんのようなすばらし光沢があります。もうすでに掘り尽くされているような噂もあります。



reha
▲こちらは鶏血石と呼ばれる次にすばらしい石印材 見事な鶏のとさかの赤のような筋や色がありそこから名付けられているようです。

とても見事な色で本当に地球からの宝石のようで見るからにほれぼれしてしまいます。



ea
▲これは私が見つけた稀にみる「碧石虎皮文様寿山石」なんとも翡翠のような碧が石の中に点在しとても美しい輝きをもつ貴重な石印材です。



a34
▲こちらは広東緑というこれまた緑の鉱脈がうつくしい印材でとても硬いいしでもあります。
鑑賞にとてもいいのではないでしょうか。



DSC_0712.jpg
▲最後にこれは「白芙蓉石」です。寿山の月洋郷と言う所で採れる石
このような白の肌は透き通るような美しさで掘るにもとてもいい石でもあります。

三大石印材とよばれるものは、別名を「印材三宝」とよばれるにふさわしいものなのです。
これが上記にもご覧いただいた「田黄 鶏血 芙蓉」というものです。

どうですか。こういう今の我々が常に使っている常用の印とはまったくちがう石の美しさを兼ね備えた印材
そういう中に篆書を刻していくオリジナルの印が出来上がるときにたいへんうれしい喜びに満ちた気分となりまし。

今日は私の数少ない印材のなかでも逸品の逸材をご紹介させていただきました。

みなさんも書画に通じている人にはこういう印材の魅力にも心を傾けてみてはいかがでしょうか。



遼寧省鞍山市石印材奇石協会






ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね
スポンサーサイト
  1. 2013/02/27(水) 16:13:59
  2. 日記
  3. 篆刻の美 石印材の魅力のトラックバック:0
  4. 篆刻の美 石印材の魅力のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1146-aa96b98a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)