嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

前衛書の面白さ

rahe

みなさん こんにちは 今日もぽかぽかと春らしい陽気に包まれています。
日々みなさんお疲れさまです。

さて、今日の一枚。「土」という字を大字で書作しました。
前衛の書というのは誠に面白いもので墨をゆっくり摺り卸しながら水を差し、またその繰り返し。
そして一番いい状態の墨色と出会うために果てしない旅が続きます。

墨をすりろしながらまた紙に筆で墨をたらし墨色がどのように変化していくのかなどなどをいつも念頭に作品までの下準備を繰り返します。


そして、さらにこういう前衛での美は墨が芯をつくりだし、写真のように周囲にうっすらと淡墨が覆うような状態を目指すわけですが、これまたそのときの書作している場所の環境が一番の要となります。

つまり、その時の空気の温度やまた湿度などがうまい具合に金備わったときにこそこういう発色のおもしろさを手にする事も可能なのです。

私も前衛をするときは一種の旅のように試行錯誤を繰り返しながら墨色の無限のひろがりを試みている訳です。


今回の「土」は大地の伸びやかさ そして時に中国への旅でみたあの広大な土地 どこまでも続くそれはそれはみるからに大地の広がりというそんな大きな視点に立って書作した一枚です。


昔みた車窓からの中国の広大な大地が目に浮かびこの度前衛で「土」を書いてみました。


大きな筆に一気に気持ちを筆にいれ迷い無く筆を運ばせるというたかだか数十秒の書作ではありますがそれがまた
全身全霊の気持ちで集中できるそのすばらしさもあり前衛という書の魅力を感じて今回も挑んでみました。


今後も教室で前衛をやる方も増えてくるはずなので私がまずしっかりと研鑽をつみ良きアドバイスができるように精進を重ねたいと思っている。


6jqn
▲大字書に試行錯誤しながらも必至に書作する生徒さん「温故知新」としたためています。


4jwt6



教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ






ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね
スポンサーサイト
  1. 2013/03/12(火) 13:18:24
  2. 嵐酔 gallery
  3. 前衛書の面白さのトラックバック:0
  4. 前衛書の面白さのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1156-7108c955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)