嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

墨彩画紀行 ばらを描く

sy5ik


温かい日差しが注いでいる日曜日となりました。
今が一番気持ちのよい季節なのかもしれません。筆を握っていても窓から時折入ってくる春の風に心を誘われて
優雅に過ごしております。


さて、今日の一枚はこちら。
墨彩画紀行 「バラを描く」であります。

バラは当教室でも中級の方対象の作品で、結構人気のある水墨画のテーマでもあります。


今回は写真のようなヒメバラを顔彩で軽く彩色したもので描いております。

ばらを描く時のポイントは、花びらの組合せを考えないとうまくバラらしく見えません。
要は、バラの一枚一枚の花をひらがなの「く」を描くようにその形を五角形の中に組み合わせていく事が重要になるのです。


今回のバラを描いてお稽古している方も多々おりますので今回のアップが少しでも参考になればと思います。

水墨画の基本は、基本的な線をきっちりと描いている事。
そして、描きすぎない事。
最後に、描かない余白をきちんと美しく残しているかいなかであります。


みなさん、そうした点に留意され、筆を運んでみてください。




ydk
▲洋画風に描いた水墨ばらです。


syk5
▲美しさは自然からの贈り物でしょうか。





blog_import_4f2ce4f45f7e4.jpg午後クラスの開講のご案内です。!!!こちらをどうぞ



教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ






ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


クリックしてね

スポンサーサイト
  1. 2013/04/14(日) 12:07:40
  2. 嵐酔 gallery
  3. 墨彩画紀行 ばらを描くのトラックバック:0
  4. 墨彩画紀行 ばらを描くのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1179-aa8f51bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)