嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

心の時代をもとめて

rhe


みなさん こんにちは しばらくの雨模様から今日は梅雨晴れとなったようです。
涼しげな風も時折吹いております。 

さて、今日は「心の時代 墨から学ぶ心の安らぎ」としてお話ししております。

最近の時代はニュースを聞いていても些細なことで人が人を傷つけている。あの人がという人が思わず犯罪者になってしまったり。

何ともニュースを聞いていては人のやさしさというか思いやりというのかそういう肌身で感じるような機会がほとんどないようである。


周りにはあまり関係もない それよりも無関心という方も結構多い。
つまりは心があまりない 感じる事ができないという人が多くなったような気がしています。


なぜにそういう人が増えたのかと申しますとまずは一方方向的なメディアの浸透 全てが機器任せ 
自分から考えたり物を思考したりするそういう力がなくなって来ているというのも一つの原因なのであろう。


私はとても残念に思う。 本来高度な人間に生まれたのある。感情を抱く事もあればまた喜怒哀楽
そして五体の満足も与えられている。

そういうものをもっともっと大いに使うべきではないか 今の我々の多くがほとんどは手のみ 頭の中でしか感じ得ないそういう時代に生きている。いつもネットの中で自分はスクリーンの前でしかいない。
テレビもそうだ。


とても残念である。
やさしい思いやりのある国家にする為にも人がまず豊かになる それは精神的な豊かさが感じられるかいなかではないか。 統計では世界的にみて日本の精神安堵の指数は遥かに低い。
そして共通するのは先進国ほどにそうでありそういう地で生きる人々が常に精神的安堵の世界を求めているという結果もある。途上国のほうがはるかに人の心が豊かだといういう統計もある。



私の職業は筆をとることとなった今 これはちょい昔から始めた訳ではない。幼い頃から書を学びながら今の今まで筆をもって心を勉強して来た気がしている。これからもまだまだ修行の段階だ。


水墨画も始めたのはもう数十年になるか。
水墨画や書を学ぶ事で精神的安堵の世界をもとめて来た 
殺伐とした世界のなかで自分とはなにかを求め静かに筆を握り墨に心をゆだねる。そういう精神世界に浸る為にも自分を知ることにも始めたといって良い気がする。

心豊かな己になってこそ豊かな作品に反映できるのではないかと信じている。



水墨画を始めては描くもの 季節との出会い そして自然との対話 同じ筆を持つ者同士 同じ安堵を求める者同士で心から対話をすることそのすばらしさを知った気もしている。


fgxm

▲季節との出会い 人との出会い 墨との出会い あたらしい出会いに花がさきます。




私は、よく外部への出張教室もしているがその移動中にも多くの人をみると何かどことなく寂しげというか疲れているというようなそんな光景をよくよく目にする。電車の前に座っている人もどこか疲れ気味 特に若い人が多い。どこか心を無くしたような姿で座っている人もいる。 


これが現代の疲労度を表している気がすることが多々有る。

私が今の教室を開講し、教室では技術面よりも精神的世界の安らぎ 人と対話することの喜び 季節への敏感な感性などそういう物の自然的関知能力 また自分を見つめては自分をより上の精神世界へ結びつけて自己研鑽を踏める場所として門戸を開けているといったほうが良いと思う。

筆をもって癒しを求めることも心の一つの保養になればと思うところもある。
そういう思いで取り組んでいる。
笑いあり そしてまじめに取り組むことも また周りと取り組む事も。みな豊かに心を使う事である。



一人一人が少しでも疲れた仕事の後で明日への活力となって元気にまた生きていけるようなそんな生まれ変わった自分に出会ったほしいと思う気持ちから私は今も筆を通じて自分も一緒になり心の交流を続けている。


心がみな安堵があってこそ全ての物に愛情や思いやりを注いでいけるものだと思う。
私は教室で一人一人が元気に精神的に安堵に満たされる教室作りをと日々模索を試みている。

現実に通われてくださる生徒さんから「先生いま仕事が疲れて今日は行くのをやめようかと思うなかでも教室にきてみればなんか明日からまた出直しでがんばれる」そういう言葉もいただきます。
返り際には笑顔がある。それを見ては私も元気になれる。明日もがんばろうと思う。相乗効果であろうか。


そういう自然に出てくる生徒の言葉が心の聲であり答えであるような気がする。本来求めている結果を手にできた瞬間でないかとも思う。


tydk

▲こつこつとともに筆をもって作品に無心に取り組むなかで心が自然と安らいでいく自分を知ります。


私も今の世知が無い社会を生きる今、共に筆をもって墨に酔い精神的な安堵をもとめて豊かにこの墨絵 書の精神的世界を共有していきたいと思う。


ぜひみなさん 精神的な安堵を求めているのであれば書や水墨画の世界に自分をおいてみることもきっとまた一つの解決策になるかもしれませんね。

そして明日の豊かな貴方自身の人生の為に。


これからも人の人生が共によく幸せを感じてもらえるようなそんなお手伝いをして参りたい。




blog_import_4f2ce4f45f7e4.jpg午後クラスの開講のご案内です。!!!こちらをどうぞ



教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!






ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2013/06/22(土) 14:04:54
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 心の時代をもとめてのトラックバック:0
  4. 心の時代をもとめてのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1213-9ff382d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)