嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

書の美を追求した仮名

DV


みなさんこんにちは いかがお過ごしでしょうか。
すっかり朝夕の空気も秋の気配を感じる涼しい気候となり今年のひどい猛暑とのおさらばに喜んこんでおります。

そんな厳しい真夏にもへこたれずみなさん教室へ足を運んでくださり筆をもって腕の研鑽につとめておりました。

みなさんのやる気が感じられた今年の夏でありました。

さて、今日は書の美をお届けします。
久しぶりにかなをしたためたいと古墨を少々摺り卸しましてこうして短歌と俳句を書にいたしました。



 「田子の浦に うち出(い)でてみれば 白妙(しろたへ)の
    富士の高嶺(たかね)に雪は降りける」

          山部赤人(4番) 『新古今集』冬・675

冬のある日、田子の浦へ出てみた。するとはるかに望む富士の
 霊峰が、まるで真っ白な布のように雪をかぶった姿で雄大にそび
 えている。さらにその頂上には今も雪が降り続いているのだ。
             ◆◇◆
  澄み切った空気がピシリッと音を立てそうなくらい寒い冬の日。
 息が白くなるそんな日に、海岸べりから富士山を眺めてみましょ
 う。
  冬の富士は「白富士」と呼ばれる、まるで1枚の純白のヴェー
 ルをふわりと置いたような世界。そこにしんしんと雪が降ってい
 るのです。それはずっと、この歌の中で降り続きます。
  想像しただけで鳥肌が立つような、なんと美しい世界でしょう
 か。こんな見事な情景をよく描き得たものです。
  青い海辺と真っ白な霊峰と、そこに音もなく降り積もる雪。広
 大で超然とした、幻想的な絵のようです。
             「百人一首講座より抜粋」


こんな句を詠んだ山部赤人は雄大な雪の布を被る広大な富士の山に最高の美を感じたのでしょうか。
私も想像を膨らませながら作家の思いに浸り句を書作してみました。


かなはまた漢字ではなくやわらかさの中に含まれるかな独特のやさしさ そして日本の美がありますね。
ましてや墨をゆったりと摺りながら情景を書作する前に想像を膨らませるひとときはなんとも至福のときでした。


さて、もう一つは俳句を書作です。
「菊の香や奈良には古き佛たち」



r53q


九月九日の重陽(ちょうよう)の節句(菊の節句)に合わせて、奈良の各寺を参拝した際に詠んだ句。
芭蕉が亡くなる一ヶ月前にあたる晩年の51歳の時の作とされております。。
〔語注〕・菊の香や=ちょうど菊の節句の日で、境内や道すがら、菊が飾られ、菊の香が漂っているさま。
・古き仏達=参拝してまわった各寺の境内や道すがらの古い時代の仏像たち。

 訪れた奈良の各寺の境内や道すがらの仏像達と、各所に飾られ並べられている菊とそのまわりに漂う香
 との組み合わせに芭蕉が心ひかれた様子が詠まれていて、不思議な奥行きと味わいを持っている句。
                               「私の好きな松尾芭蕉の名句より」



秋口の奈良を舞台に詠ったこの句はとても秋を感じる風情を醸し出しています。
菊はほのかに漂う香りが上品ですね。
その香りと石仏の佛に手向けられた菊とのイメージを想像して今回書きました。

古の芭蕉が秋の奈良の地でこうして日本的な風情に酔い、深い味わいのあるこうした句を詠んだのは今なおじっくりとこの句を感じ取ればまったく共感できますね。


今日は、ひときは秋を感じた名句を静かに書作でき改めて書の美をお届けできたかなと喜んでおります。
みなさんも絵画的なそんなすばらしい名句の数々を自身の手でしたため、その名句の中にある情景をぜひ味わって頂きたいと思います。





★★★速報!! 月曜/金曜日の17:45からのクラスに若干の空席が確保できましたので書画にご興味のおありの方で入門されたい方はご遠慮なくいらして下さい。!!★★★ 人数に制限がありますのでお早めに願います。

教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!






ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


是こそがこれからの芸術の秋にふさわしいでしょうかね。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/10(火) 15:05:34
  2. 嵐酔 gallery
  3. 書の美を追求した仮名のトラックバック:0
  4. 書の美を追求した仮名のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1252-d9dd4338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)