嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

2013年 訪中 国際中国書法国画家作家清品展

rh3


みなさん 長らく ご無沙汰をいたしまして申し訳ありませんでした。
しばらくの訪中に際しましてこのブログも更新できませんでお詫び致します。

さて、今年も昨年同様に国際中国書法国画家協会主催 国際中国書法国画家協会秀作清品展に参列のため
門弟を含め受賞した者も一緒に訪中をして参りました。

すばらしい展覧会開幕となるたいへんな数の方が式典に参列 そしてそれぞれ入賞されました方々も喜びに
受賞をされすばらしい式になりました。


この中国国際書法国画家展は国際中国書法國画家協会はじめ中国遼寧省鞍山市美術家協会さま また軍工作協会
鞍山市外事處など蒼々たる役所の後援を得て開催されています。


訪中した門弟の中でも出品をされた方も多々折りまして特別賞をはじめすばらしい受賞を手にされて感無量の喜びであったようです。

ew
▲式典会場での中国関係の方々との記念撮影



ys
また授賞式ではこうして中国の有名な演劇団の方も花をそえてくださいました。


一人一人に記念品をそして授賞式を行いましてみなさんの笑顔を会場に溢れていました

t4e


dk
▲準大賞受賞作家 車驥女流作家 大きな楯をもらわれました。

DSCN0595.jpg
▲今回の大賞に輝きましたドイツ協会の会長 和子さんです。 まさか自分がと何度も驚かれ夢のようだとおしゃっておられました。



このように我が教室でも国際中国書法国画家協会国際展に参加を毎年していまして日中はのみならず世界からも多くの参加があります。
今回は日中はじめ、オランダ、アメリカ、カナダ、スペイン、フランス、アルゼンチン、ロシア、ドイツと多義にわたりましてこの中国書法水墨画の文化普及がかなりすすんでいるんだなあと感じております。

今回の展覧会は会場を鞍山市青少年宮センターになりさらに去年以上に大きな会場での盛大な展覧会となりました。

すばらしい会場でのすばらしい作品の数々 本当にうれしい思い出になりました。

いろいろな作品が一斉に集いそして国際交流に花がさきました。
これこそ民間レベル最高での交流になったと自負いたしております。



tjs


tsn
▲授賞式の後は総勢80名ほどの式典受賞晩餐会へ
役員の訪中団員より色紙作品を中国側へ贈呈いたしました。



そして何よりも交流の要となった日中揮毫会へと

DSCN0688.jpg
▲私が描いた蓮と金魚を


jydt

tjr
▲日中の作家が総勢30名ほど集いましてすばらしい揮毫交流会を実現。言葉は分からなくとも筆から生まれる気持ちは皆同じでしたね。水墨 書の傑作が生まれていました。


fd

yt


うld
▲若干10代の若者も青年部に所属しているこの会の会員です。大人顔負けの作品をすいすいと筆から生み出しています。なんとも中国の子供たちのレベルには圧巻です。


rh3


本当にこの度のすばらしい訪中で仲間一同 私たちはかけがえのないすばらしい体験をいただいて参りました。
そしてそこには平和と日中のお互いの深い絆ができました。

ひとえに温かい中国のみなさんのおかげであります。

ひとまずは訪中における国際書法國画家清品展授賞式の模様をお伝え致しました。

次回はさらに国際展覧会の模様をご紹介いたします。お楽しみに。


yks




★★★速報!! 月曜/金曜日の17:45からのクラスに若干の空席がありますので書画にご興味のおありの方で入門されたい方はご遠慮なくいらして下さい!!★★★ 人数に制限がありますのでお早めに願います。

教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!






ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2013/10/05(土) 13:46:12
  2. 国際中国書法国画家協会各国の活動録
  3. 2013年 訪中 国際中国書法国画家作家清品展のトラックバック:0
  4. 2013年 訪中 国際中国書法国画家作家清品展のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1263-1658baf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)