嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

第42回全日本水墨画秀作展授賞式に門弟と参加

うylr



みなさん お変わりございませんか。 さてさて、季節も深まりゆき早くも今年は雪が東北、北海道で降ったそうですね。もうそんな季節になるのかと随分と暑かった日本の夏を今は恋しく思うような。。。

ええ、お話は移りましてこの度全国水墨画美術協会主催の第42回全日本水墨画秀作展へ入賞した門弟たちと参列を致しましてみなさん日頃の成果を一生懸命に紙面にぶつけた結果がこの日に晴れて評価賞賛されました。

喜びに満ちた笑顔に本当に我がことのようにうれしく我が生徒さんの喜びに於いて、どんな水墨画であれ心を込めて無我夢中にお稽古に精進した日を懐かしくうれしく思いました。

それでは一部ではございますが授賞式の模様を。

fくy
▲この度門弟の最高賞につながりましたロシア人の生徒さんです。全日本水墨画秀作展準大賞 初出品での大賞で緊張しながらもこの表彰式に望まれました。

みなさんそれぞれに思いを胸にいろいろお感じにも成った事でしょう。
それでいてまた、明日からの制作に、意欲がわいて来たようです。

賞のランクが関係するものでは無いのです。
何よりもそれに向かった最後までやり遂げたという完走が一番大切なのです。


我が門弟たちが日頃より一生懸命に描いたこの作品の一枚一枚には何かしらの訴えかけるようなそんな息吹を感じた訳で、こういう発表の場でそれぞれが認められたことをうれしく喜んでおります。

本当におめでとうございました。


その後は祝賀懇親会へと打つリまして、全国、そして海外からお越しになった筆の愛好家たちと垣根を越えて交流に花が咲きました。

初めて参加した門弟も楽しく思い出に残る記念になったと喜んでお帰りになられたようです。


みなさんと共に一緒に参列ができましたことにこの場を借りて深く感謝するばかりではなく、それぞれが元気で
そして末永く筆をもって学んでくださったこれまでを感謝する思いでいっぱいです。


うfyl


k。うg


76k

▲みなさん緊張しながらもこうして受賞されました。本当におめでとうよかったですね。是を機にまた大いにがんばっていただき是からのますますの飛躍を願ってやみません。
もちろん私も思いますが公募展はあくまでも自分の目安であって、それ以上に大切な事は自分自身の筆の作品を生み出し筆をもって心と心の交流を深めていくことだと思います。
みなさんどうかそういう気持ちで一緒に筆をもってくれればと存じます。





ふゅln
▲第42回全日本水墨画秀作展は今月15日金曜日 14時迄です。みなさんどうかすばらしい日本全国 世界からのすばらしい心の作品をご高覧くださいますように深くお願い申し上げます。

sgj


lr86
▲今回の大賞を射止められた抽象水墨の大作です。すばらしい墨色でドラマ性が高い作品で現代水墨の傑作でした



7r;6y
▲人物画の大家 林静明先生の作品です。 お見事です。


it
▲NHK 元水墨画講師 全日本水墨画美術協会副会長 王子江先生の傑作です。
気品が有り見事な筆致です。

ii

▲私の作品です。外務大臣賞受賞させて頂きました。まだまだ未熟な線質に大いに猛省をかねて今後の勉強を続けていきたいと思っております。


★★★速報!! お席に若干の余裕しかございませんので書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めに何卒よろしくお願いいたします。!!!★★★ 人数に制限がありますのでお早めに願います。

教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2013/11/14(木) 00:30:34
  2. 全日本水墨画秀作展参加の模様
  3. 第42回全日本水墨画秀作展授賞式に門弟と参加のトラックバック:0
  4. 第42回全日本水墨画秀作展授賞式に門弟と参加のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1279-c01b1df2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)