嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

第36回 国際書画連盟授賞式に参列して

rjywj

みなさん こんにちは 今日は快晴のごとく 本当にすがすがしい冬晴れです。
お変わりないでしょうか。

さて、昨日は教室を急遽休講にせざるをえなく私が所属させていただいております「第36回国際書画連盟授賞式」に東京
六本木の国立新美術館へ参りました。

たいへんな数の参列者で授賞式も同美術館の3F講堂にて盛大に執り行われました。

i.ut

当会からも数十名の門弟が出品をしましてみなさん思い思いの作品を多数出品しすばらしい展示会となっております。

そして多くの門弟がすばらしい上位の入賞も獲得され本当にこれを励みにまたさらなる健筆を運んで頂きたいものだと感じております。


冬の梅花を見事に書き上げまして公募部門最高賞 新人奨励賞を受賞されました。

el8e6u

そしてまた、

7ke
上段の竹林を金泥をつかいすばらしく気品にみちた水墨画を描き見事上位入賞へ 竹取物語の一節をそえまして。。。


そしてさらには、

cj,
書道の受講生徒の作品で斬新な作品 前衛非文字性を追求した作品となり見事最高賞となりました


areh5
私も僭越ながら「理事奨励賞」を理事枠で頂戴致しました。みなさんの日頃からもたゆまないご愛顧あってのおかげでございます。この場をお借りし深くお礼を申し上げます
ありがとうございました。



このようなすばらしい授賞式に参列しみなさん日本全国より大勢が出品そして晴れの受賞になりました。

同じような筆を持つ仲間がこれからもますます多く増えてすばらしい作品により心身ともに鍛えられるそんな会であってほしいと願っております。


門弟もこの授賞式に参列しそれはそれはとても喜んでおられました。
これからもますますすばらしい創作を追求し、より一層高いところへと進んでいかれますように切にお祈りするばかりです。


こうしたみなさんの晴れの成果がまた後進の方々のよき励みにもなったり、またそれが新しく入門されてこられるみなさんのよき手本見本になっているようです。

本当にこの度はすばらしい受賞のひとときを本当にみなさんありがとうございました。
またおめでとうございました。



その後は、みなさん受賞者の方々との懇親会となりお隣のグランドハイアット東京での祝賀晩餐会となりました。
すばらしいお料理とまた弾むお話で名残つきないそんなひとときでした。

祝賀会ではまた私の水墨画のお仲間である先生とも再会をし喜びを分かち合いました。
いろいろな仲間とまた一期一会の世界で本当に意味の深い会であったと思います。
また来年もまた元気にそしてさらなる飛躍で参列をしたいものです。
hg,

rjywj



この「第36回国際書画連盟展」は2/3まで国立新美術館で開催となっていますのでぜひみなさんご高覧くださいませ。

dtj




本当にありがとうございました。


dtk
★★★貸しギャラリー209 お気軽にご利用お問い合わせ下さい。★★★" 通常は矢形嵐酔氏作品の常設展示ギャラリーです。事前予約によりご鑑賞可能!!事前予約はギャラリー内のメールかお電話で。>★詳しい内容はこちら★



★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めに何卒よろしくお願いいたします。!!。★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますのでお早めに願います。
洛陽中国書法水墨画院教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2014/01/28(火) 14:14:58
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 第36回 国際書画連盟授賞式に参列してのトラックバック:0
  4. 第36回 国際書画連盟授賞式に参列してのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1309-d156ad88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)