嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

プロという作家の姿とは

yflu


みなさん こんばんは いかがお過ごしでしょうか。
さて、先週から台湾へ出張をしておりました。帰国しましたら桜がとても満開に咲き誇り春本番と言ったような感じでございます。

さて、今日はこちらから。

先月のお話で恐縮でありますが、我がアトリエにいらして頂いた重鎮の先生との交流会

私も重鎮の先生の揮毫姿をみたりでき本当にプロ意識の高さを感じさせれました。

お越しいただいたのは、水墨画会きっての重鎮である2名の先生でお一人は卓吾先生 またNHK 水墨画講師でもあります王子江先生です。

先月、先生たちが私のアトリエに足を運んでくれる機会がありまして本当に感激に堪えませんでした。

お二方の先生とは私も仲良くさせていただいておりまして、先生たちを交えての交流会となりました。

私のクラスもちょうどお休みでもありましてその日を利用してのお越しとなり、先生方のすばらしい揮毫風景を見せて頂いた訳です。

iu
▲水墨画第1線でご活躍されておられる王子江先生。 教室でさらさらとすばらしい筆さばきを見せて頂きました。


両名の先生の共通するところは、何よりもプロとしての品格 また人間的あたたかさもそうですが、やはりそこにはプロの画家として絵のデッサン力やまた構図の取り方など一流の美意識をもっておられ、非常に高い美の追求をされておられるところです。

一つ一つの線は命があり、また気韻生動を取り備えたたいへんすばらしい。
卓吾先生は竹を また、王先生は人物を 惜しみなく描いてくださいました。
プロとはなにか。水墨画で言うならば、

それは、生きている線を生み出せているか。生命力がそこに宿っているかという事なのでしょう、

すばらしい両名の先生方に心から深く感謝を申し上げたいと思います。 先生方のような器になるにはまだまだ光の見えぬ道を歩いておりいつになることか分かりませんが自分の人生をやはり愛する筆とともに送っていければいいなあとつくづく感じておる次第です。
zdf
▲竹林を揮毫されておられる卓吾先生 まさしく芸術家のオーラがひしひしと伝わる筆さばきでした。


xjt
▲王先生はちょっと息抜きに私の引いている胡弓を演奏。いやいや楽しいわずかばかりのひとときでございました

先生との酒をかわし、こんなにも貴重な芸術交流が出来ました事ここに心より深く深くお礼を申し上げます。

ありがとうございました。







hgj矢形嵐酔先生が雑誌に紹介されています。こちら




dtk
★★★貸しギャラリー209 お気軽にご利用お問い合わせ下さい。★★★" 通常は矢形嵐酔氏作品の常設展示ギャラリーです。事前予約によりご鑑賞可能!!事前予約はギャラリー内のメールかお電話で。>★詳しい内容はこちら★



★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めに何卒よろしくお願いいたします。!!。★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますのでお早めに願います。
洛陽中国書法水墨画院教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ<br /><div class=
スポンサーサイト
  1. 2014/04/01(火) 23:47:10
  2. 日記
  3. プロという作家の姿とはのトラックバック:0
  4. プロという作家の姿とはのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1339-8db96932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)