嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

水墨 風を斬る

いぇ5

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか。
週末は今回もまたまた快晴です。 よかったです。行楽日和、洗濯日和と言った感じですね。

さて、今日はこちら。

マーブリングという技法がありますが、この技法を用いて作為的に背景を作り上げてそれを大気の流れと
考えてこういう作品に仕上げました。


マーブリングとは、水の中に流れ出た墨や顔料が自然にとけてマーヴルのような模様を作り出しそれを紙面に転写するというもの。

結構、美術の世界では多用されているようです。

今回は、冬の大空を飛び去っていく二羽の鶴をそこに描き出しまして、大気の流れを壮大に作り出した作品となりました。


一見、水墨画とは、墨で描く作品であると思われがちですが、現代に生きる我々の水墨画は特殊な技法を加味し、更に描かずして作品を仕上げるという高度な領域もある訳で、そういうものを加味していく水墨の世界もまた
現代的らしく今の水墨の世界には必要なのではないかと思っております。


どこかの祝賀会で美術評論家の方が、「我々の現代の水墨画はより多様化され、西洋的な要素や、また特殊な技法で本来描かずして作品を仕上げるということもあり、こういう水墨画は現代人らしく、これをかの大家である雪舟などがみれば一体どういう印象をもつのかと考えるとなおさら興味深い。」とおしゃっていました。


ydkっt

作品を仕上げるなかでこれはだめであるというものはないと思うのです。
もちろん、伝統的形式を守りながら描く事も当然重要であります。しかし、そこに現代の世界で生きる我々にとってもっと斬新で新鮮な技法があるときそれをうまく融合して作品に加味していく。そして新たなる発見をすることが実験的であり、また大きな美の発見にもつながるように思うのですが。




今回の作品は「風を斬る」そういう無心にして大空を翔てゆく鶴を添えて雄大でまた斬新な作品に仕上げています。

墨絵の素晴らしさはこういう頭では絶対に考えだせないといいますか、自然に偶然に生み出される墨の美をうまく使って作品に向かう事ができる唯一非常に実験性の高い芸術だと思っています。


みなさんもぜひ、すばらしい奥深い水墨の世界をもっともっと満喫して頂けましたら幸いです。

お互いにこれからも筆をもって大いにすばらしいまだまだ可能性のある水墨を追求して参りましょう。!!





fdb2014年 洛陽会軸装展のお知らせはこちら





dtk
★★★貸しギャラリー209 お気軽にご利用お問い合わせ下さい。★★★" 通常は矢形嵐酔氏作品の常設展示ギャラリーです。事前予約によりご鑑賞可能!!事前予約はギャラリー内のメールかお電話で。>★詳しい内容はこちら★



★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ<br /><br /><br /><div class=
スポンサーサイト
  1. 2014/05/24(土) 11:02:40
  2. 嵐酔 gallery
  3. 水墨 風を斬るのトラックバック:0
  4. 水墨 風を斬るのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1361-2bc3261e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)