嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

2014年 洛陽会院展は盛大な幕を閉じました。

bkgc


みなさん、6月の梅雨の晴れ間いかがお過ごしでしょうか。
じわじわと夏の到来を感じる今日この頃、小会の「洛陽中国書法水墨画院 軸装院展 2016年」も無事盛大に幕を下ろす事ができました。

区民センターギャラリーには連日多くの門弟様のお仲間やこの展覧会を待ちにまってご高覧下さった方などで大いに盛り上がりましてまた展覧会を通じてあたらなる入門者さまもお越しになってくれました。


毎年毎年ですが、おかげさまで生徒さんの技能もさらに向上をしており、たいへん中身の充実したすばらしい会展でございました。


土曜日にはまた、当会の祝賀会を開催させていただきました。
来賓のみなさんもご遠方より駆けつけてくださり当会の院展に対しまして大きなご祝福を頂戴させていただきました。


vxjf
▲私も所属する全日本水墨画美術協会 会長さまよりご来賓代表のご祝辞をいただきました。

上記の写真にもございますように、渋谷にて祝賀会を催しまして大多数のみなさんが駆けつけてくださりたいへん賑やかでまたそして、思い出に残る中身の濃いそんなひとときになりました。

このようなすばらしい会にできましたことはひとえに会員一同の水墨 書に対する尊大な気持ちとそして成功へと導いてくださいましたみなさんの団結力であったと深く感謝をしています。


hkd
その後は書と水墨画のコラボで揮毫会へと移りましてすばらしい作品会となったのでした。
蒼々たるメンバーまた当協会役員が集結しすばらしい筆さばきを見せてくださいました。

筆を握られて揮毫される書の河南省書法家協会会員 陳先生 また当会副会長の遠藤夕幻とつづきまして
そしてさらに盛り上がりをみせまして水墨画のショーへと

みなさん本当に釘付けのそんなひとときをお過ごしになったようで大いに勉強になったようでございます。

6e58e5
▲副会長 遠藤先生はお着物姿でかっこよく1行書をすらすらと。


そこでもっともうれしかったことは、水墨画デモンストレーション前にNHK 水墨画講師でもあり全日本水墨画美術協会 副会長という今やたいへん有名な王子江先生を来賓にお迎えしましてこの度すばらしい作品を揮毫くださいました。

やはり先生の手から生まれる作品は生きておりこの先生のすさましい腕のすごさに驚くばかりで当方もたいへん興味深く多いに勉強をさせていただきました。


hkdty
▲般若心経の一切を筆でさらりと。その優雅な筆遣いは確かなるプロの腕前でございました。
流石です。こういう先生こそ本物だと思いますね。


fgms


gfs


vf
その後は水墨のショーを。左から当会招待 姚小全先生 中央 矢形 嵐酔 右端:当会副会長:島崎 衿秋による見事な作品を多くの観客者様の前で緊張をしながら描かせていただきました。


fzddd
▲私は墨彩画で河魚を水墨で描いてみました。
その横にある飲み物は日本酒 ちょっと飲んで酔筆で心を躍らせて一筆を。

緊張も緊張ですね。やはりそれなりの先生の前で描かないと行けないそんな重圧。。。。
しかしながらみなさんすばらしい作品を残せました事、温かく見てくださったみなさんのおかげでしょうね


当会の祝賀会は総勢100名近くの多くの門弟 またご来賓さまのお力で盛大に名残惜しく幕を閉じましたが
みなさんの心の中に大きな思い出をのこし閉幕をいたしました。

やはり人様のお陰です。この会がますます発展しているそんな気持ちになりこれからも笑顔とまた親睦の満ちあふれたそんな心の交流を常に深められるそんな会であり続けたいと願っております。

また一方の展覧会場でも多くのみなさんからお褒めの言葉をいただきましてすばらしい作品のなかにも人それぞれの温かさやまた思いがひしひしとつたわってくるようだとお言葉もいただきました。

ydtk


gdjt
▲この度、当会の参事に就任され、また協会でも多大なご支援をいただいていますこちらの門弟の方と記念写真を。祝賀会の名司会をしてくださりすごく盛り上がったのは参事のおかげでした。


hdtky

gdjkty
生徒さんの作品のまえにて。すばらしい作品を毎年毎年 やはり1年ごとにみなさんものすごく腕を伸ばされてきますね。
「継続は力」なりその言葉の意味する所でしょうか。


そしてそして、
ntz
▲当会副会長の遠藤先生 二人はいつも着物です。よくにあってましたね。これからまた味のある作品をうんでくれるでしょうね。ちなみに後ろの赤の紙の作品は私の作品 漢字仮名まじりで書きました「若山牧水」の酒の詩を。


htdky
▲我が作品の前で全日本水墨画美術協会 会長とツーショット。 今年もご来院ありがとうございました。

ytdk


jyety
▲メキシコ人の門弟の作品 鶴の作品を描かれました。作品は日本人顔まけでした。
お着物も素敵でメキシコより来日の御家族のみなさんと会場に来てくださいました。本当にありがとうございました。


638

38y
▲半切作品に夏の蓮を。一生懸命の懸命な努力が実を結んだ傑作です。見事な筆さばきでした


6538u
ご夫婦で習いに来てくださっているかたです。しばらくの間お話を楽しみました。


tjrae
▲お友達様とともに。描かれたのは左の人物画 すばらしい色使いとまた構図も良かったですね。



ydtk
今年の作品の高さは私も驚くほどでした。やはりきっちり時間をかけて最後まで研究して来た人がこうして晴れの舞台で輝けるのですね。これからもどうかますますのご精進を。!!!

hstr
▲こちらは陽水会主宰で私もごひいきにさせていただいております松井陽水先生。 この度作品会にお越しをくださり深く感謝です。ありがとうございました。


4w6w
私の作品の前で「かんがえて飲み始めたる一合のニ合の酒の夏の夕暮れ」若山牧水
左横は我が師匠「山田竹綾先生 西郷隆盛の偶感」の漢詩を。


hkd

gfs



本当にみなさん、大きな力をいただきありがとうございました。我が教室はやはりみなさん会員さまあっての会です。そしてこよなく筆と墨を愛し、筆で墨の美を自分らしく表現し続けるそういう会です。

これからもまたますますのご精進をされ、また更に大きくご成長されていくみなさんと来年また元気に再会をできるように心からお祈りしています。


本当にすばらしい作品展示会 及び盛大な祝賀会をありがとうございました。
またでは来年にて!!!

国際中国書法国画家協会 会長
洛陽中国書法水墨画院 代表院長

矢形 嵐酔


dtk
★★★貸しギャラリー209 お気軽にご利用お問い合わせ下さい。★★★" 通常は矢形嵐酔氏作品の常設展示ギャラリーです。事前予約によりご鑑賞可能!!事前予約はギャラリー内のメールかお電話で。>★詳しい内容はこちら★



★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ<div class=
スポンサーサイト
  1. 2014/06/16(月) 15:07:12
  2. 洛陽会院展
  3. 2014年 洛陽会院展は盛大な幕を閉じました。のトラックバック:0
  4. 2014年 洛陽会院展は盛大な幕を閉じました。のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1373-d1364705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)