嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

洛陽会 誌上展から 喜びを

awg

みなさん こんにちは いかがお過ごしでしょうか。 寒さも幾分か和らぎ時折春の温かさを感じる今日この頃です。
さて、昨年末に開催をいたしました洛陽会 誌上展の結果が決まりそれぞれの生徒さんの作品が評価を受けこうしてみなさんに栄誉ある賞状を手渡しました。

上記の生徒さんも日頃の成果がよく評価されておりお持ちになっている作品が見事入賞へとつながりました。

この誌上展は教室での成果を生かしていただくために色紙を主体とした小作品会でありましてみなさんのレベルに応じて書でもよし 水墨画でもよしといったお任せながらの作品会でございます。

開校よりずっと誌上展を開催し、毎年毎年 審査員の外部の先生も口をそろえて「毎年作品の熟達習熟度が上がっているなあ。」とお褒めの言葉をいただいております。


何よりも重要なことは自分でものをしっかり観察し、自分なりの作品で表現するという姿勢です。
もちろん指導を徹底しますがあくまでもアドバイスですね。 よくも悪くもなく、勉強を重ねながら色紙という小品サイズに慣れ親しんでいただこうというコンセプトから出発したものでございます。


zxbr


zdb
作品は毎年 自分でよく研究をしカリキュラムにそった内容で仕上げていただいています。
こういう小さな作品もきっちり学んだことを活かしながら筆の表現していく姿勢が大切であります。


snte
上記の生徒さんは去年はとても桜をテーマにした作品が多かったのですが、こちらの作品は非常に淡い色調で
春の穏やかなころの桜を描かれて見事入賞されました。



こちらの生徒さんも 本当に毎回毎回謙虚に学び、そして大きく実績を残すまでになりました。

それは日頃の成果とたゆまぬ努力ではないでしょうか。

これからも筆を楽しまれ、そしてゆっくりと一つ一つを着実に伸ばしていってもらいたいと切に望むばかりであります。今回も誌上展は外部も含め相当数の数がありました。そんな中でも当会は多くの門弟がキャリアにふさわしい作品を選択し、本当に水墨画 書の魅力をさらに深めてくれるだrとうと心から期待をするばかりです。


sdg

みなさんがうまく上達するも伸びていかない人も、まず重要なことは素直に物をみて自由に筆をまずは運んでみるということ。

それがこのような展覧会のなかで大いに表現されることでしょうね。

この度はみなさん 誌上展 本当におめでとうございました
まますますお一人様の長き健康と、ますますの技能向上をお祈りしております。

nsrt
初出品をされた男性の生徒さんも見事な椿を表現されこの度の初入賞へと評価をされました。


yrdk
ますますみなさんが着実にそして基本ありきの表現がいつ時もできるようにお祈りいたします。

この度は本当にみなさん ご苦労様でございました。





★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><div class=
スポンサーサイト
  1. 2015/02/16(月) 16:22:38
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 洛陽会 誌上展から 喜びをのトラックバック:0
  4. 洛陽会 誌上展から 喜びをのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1470-91d4def0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)