嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

夏の扇子をつくって

awv


暑さもマックスみたいでもうふらふら。 ほんとに夏の暑さに夏ばて気味
でも、へこたれるわけにはいけませんから。国際展やらなにやら また新しい問い合わせにもう暑さのごとく熱くなっております。

さて、最近は教室でも恒例でした扇子や団扇をつくる会を今回から任意でやっています。

といいますのもかなり多くの方が水墨展覧会や書展への応募とますます忙しくなっているためなかなかそちらに時間が取れないようです。


しかしながら、やはり夏の風情を楽しむということでこうして扇子や団扇に描く方もいっぱい。


srtn

構図の配置のみならず、筆さばき また筆の入れ方をわかりやすく解説を一人一人にしながら作品を仕上げていきます。

みなさんのそして、心の中にある理想も壊すことのないように私も努力をしています。

でも、みなさんの味わいのある作品がこうして、オリジナルの作品として扇子やうちわになることは本当に楽しいことですよね。

vaer
アジサイを今年は描く方が多く、多くのかたが描くとそれぞれのあじさいになりまた楽しいものですね。
人の好みがよりよく表現されています。

xzb
毎年、毎年 扇子に描くこと 団扇に描くことを通じて形の違うなかでどのように構図を考えていくのかがとても重要なんですね。


毎年のお稽古は確実にのびています。 やはり時間をかけ、何度も繰り返す これが子の芸術には最低必要な心構えなのでしょうか。


wg


fgnみずみずしあじさいが私も好きで描いては飾っております。


blog_import_4f2ce4fc229e0.jpg


blog_import_4f2dffd0dc60f.jpg
書の作品もこんな素敵に


blog_import_4f2dffc8a0275.jpg
いろいろできる可能性が秘められていますね。描くことは楽しいなあ。


blog_import_4f2e0033e25c2.jpg


h,f

ぜひ皆さんもこの機会にすばらしい世界に一本だけの作品を残して涼を楽しんでくださいね。


ではではまた次回jv.








★★★新規会員随時募集★★★
月に4回受講でき集中して、個別の課題に徹底して指導を受けたい人 【振替制度あり】
書も水墨画の世界も上達したい人
やる気があり、継続は力なりの精神で取り組める人はぜひいらしてください。


残念ながら、当会は上達を確実に感じていただくため、以下の方は勝手ながらご遠慮くださいますようお願いいたします。
※集中力がなく、物事を続ける自信のない方
※一つの課題に向き合えない方
※カリキュラムなどに沿って課題を消化できない方
※作品を作るために追及、研究心のない方


申し訳ありませんが、ご指導させていただいても上達をお約束できかね、お支払いただくお客様【生徒様】のお月謝が無駄になってしまうこと、双方の時間の無駄になりかねますのでご遠慮くださいましたら幸いに存じます。なお、当会は生徒集めに徹した募集はいたしておりませんのでご理解ください。。

★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><br /><br /><div class=
スポンサーサイト
  1. 2015/08/03(月) 14:47:22
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 夏の扇子をつくってのトラックバック:0
  4. 夏の扇子をつくってのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1511-bd1e92d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)