嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

思い思いを描くこと

xhrt

みなさん いかがお過ごしでしょうか。
私は昨年より他の協会の役員業務が重なり毎度のことよりもはるかに忙しくなってしまいました。
毎日の傍らこちらを更新しなくてはとの思いはありながらも時間に追われる日々が続いております。

さて、多くのご入会を賜り心より感謝します。
このサイトを見ていただく方が「先生は元気か。」などとお声をかけてくれることも多く更新できない中でのご心配を
させてしまっているような気配です。申し訳ありませんね。

その一方で多くの方からお声掛けをくださりまた新しく筆を持って学んでくれる方がいらっしゃいますことは本当に感謝の思いです。

現在、当会では初夏の教室院展に向けて多くの方が作品を制作中であります。
長きにわたり作品の指導をしていると毎年毎年皆さんが着実に伸びていることに大きな喜びを感じております。


墨色を学びまた、そこから更なる墨色と対話し一番自分にあった墨色に出逢うこと そこにこの芸術の良さがあるのではないかと思います。


bnsrt
こちらの生徒さんは今年は波濤を描くと意気込みながら非常に熱心に筆を運んでくれています。
とてもやる気が感じられ私も力が入りますね。


教室の院展は教室行事の一環として毎年公的開催場で盛大に執り行っています。
みなさんの集大成として去年までの実力をもって作品制作に挑んでいるわけで毎年向上する自分の姿をしっかり確認できるよき
機会でもあります。


その中で、一年目は指導も私が手本を私ながらも積極的にああしろこうしろとアドバイスをしていくわけですが、2年 3年もたってくると私は本人の作品創作の意思をしっかり大切に考えています。

描く書くだけではいけません。味わいを持たせたり、作品を作るうえで自分自身で創作をしっかりできるようにしていただきたいという思いがあるからです。


もちろん、おかしいところはいいますが。。。。


xbft
 こちらの生徒さんもあれやこれやと苦心もしながらもここまで作品を自分なりに考え一生懸命に取り組まれています。
さぞかし素晴らしい作品に出逢えることでしょうね。


xdg


思い思いに筆と墨に自分の胸中を託す そこに人が感動をする作品となるわけであります。
うまい下手ではなく、我が会はこれからも個性を大事に描くこと書くことがこれほどに楽しいのかというべきものをしっかりご提供できればと感じております。


なかなか多くの方が通われている中でみなさん一人一人に公平にと指導はさせていただいてますがどうか、多数の時も
しっかり自己練習をして諦めぬことのないようになさってください。
私も可能な限りにおいてみなさんの心の思いがすばらしい墨の作品として浮き上がってきますように努力を重ねてまいりたいと
思う今日この頃であります。


20160127_122359.jpg
パーツをしっかり丁寧に何度も学ばれる生徒さんです。すばらしいですね。 この熱い思いは。




★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><br /><br /><br /><div class=
スポンサーサイト
  1. 2016/02/04(木) 12:49:48
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 思い思いを描くことのトラックバック:0
  4. 思い思いを描くことのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1544-ee87b18f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)