嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

六本木教室から 富士を描く

ghmch

みなさん こんにちは 春分の日はいかがお過ごしでしたか。
温かい日が続きますね。 まだ寒の戻りもあるようですが春めいてくることでしょうね。

さて、先日の六本木教室からです。 

みなさん元気に集まってくださいまして今回は蘭の描きかたを復習した後に富士を描き そこに飛び立つ鶴を描きました。

みなさんの上達も大変良くなってきておりやはり「継続は力なり」の考え方はまさにその通りです。

myd
手本をみながら構図を考えみなさんお一人お一人がそれぞれに筆の運筆を練習されました。

新しい課題も大事でしょう。しかしながら今までならったこととを忘れないように時折練習をしてみて復讐を重ねることも大事かと思います。



xt

筆を2週間ほど持てなくなるとやはり物事は忘れてしまいますし、特にこういう水墨 書の世界は体の感覚を遣うことが多いため
定期的に復習をし直すことも重要であります。

みなさん、どうか忘れないためにもぜひぜひ頑張ってください。


ydt

さて、その後
本題であります富士と飛び立つ鶴の図  みなさんにまず作画となる課題の見本を渡してみて見本を見せてから取り組んでいただきました。 

まず自分で考えて考察する、筆をどのように使っているかなどなど研究をする心を持つことも大事です。


dfh
山の描きかたにもコツもあります。
また、周囲の背景をどのようにするかなどなど考えることは多いのでそれをじっくり時間をかけて学ぶ姿勢がとても大事ではないかと思います。


どうかみなさん、これを機にまた描いてほしいと思います。描けば描くほどにさらに磨きはかかるものです。
失敗を恐れず筆をもって実際に挑戦してみてください。


vnfx


vcg


nxf


みなさんとこうして和気あいあいと筆を持っていられる日々に感謝をし、水墨画が人生の生きがいになっていただけるように私も一生懸命に励んでいきたいと思います。

ともに歴史を作っていきたいと思います。


cg


今回使用したお手本もまた山河を描くのに非常に役に立ってくれることでしょう。
さらに写真などを使用しながら今後はスケッチも含めて作品を作る課程をしっかり紹介できればと思っております。


vb


mx


,vjh



生き生きと作品を描いている皆さんを見ていますとこちらも元気になれますね。
筆を持つ人が一生懸命になって無心になって、また自分と向き合いながら前向きに仲間と向き合って水墨画の世界を高めてくださるそんな教室であり続けたいと願い今日の報告としたいと思います。


みなさん お疲れ様でした。!!



nxyn


hgcm

今回使用した私の手本です。  すがすがしさを表現したかったのです。 そういう思いで描いております。




★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><br /><br /><div class=
スポンサーサイト
  1. 2016/03/22(火) 12:19:47
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 六本木教室から 富士を描くのトラックバック:0
  4. 六本木教室から 富士を描くのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1555-0a6303c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)