嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

書と画があってこそ

rth

みなさん ご無沙汰です。お元気でしょうか。
さて、今日は書と画について

書と画 ここでは書と水墨ですが当会では「書画同源」という立場から両方を学べるようなっており、やはり多くの方が書画を
日々追及されています。


書を始めた人は画を始められ、画を始めた人は書をはじめという形で筆の道の上では書画という関係は特に密接な関係であります。
書は基本的なバランスを学び、また画は彩色や構図等いろいろ書にも役立つような内容が含まれます。

書のことを通じて筆の扱いをしれば水墨がより楽になるでしょう。

その意味でも私自身が書をスタートさせ今にいたっており、水墨の世界では大いに役立っております。

xrth

墨をすることで濃度をよく知り、墨色の一番いい出し方を知る。 それが画の墨色を高めていい墨色でしあげられるようになります。


ですから書を学ぶこと画を学ぶことは総合的に密接であり大変重要な関係にあると私は考えております。



xbn

当会でも書を学ばれる方が特に画を学んでいて落款を入れたり、画賛を入れたりするときに大いに勉強になるといっておられます。

書画は常々同じ立ち位置にいた芸術であるのはそこなのです。

筆を知ること 墨色をしることで書を通じて画にも生かせる このようなすばらしいことをぜひ生かされてほしいと思います。


bsrtn
当会ではみなさん 先日も院展が東京都美術館で盛大に開催されましたがそれまでに多くの練習の日々を過ごし、こうして練成会に出席して作品をさらに向上させているのであります。


書も絵画的でないといけない。書もなにかしら色気がないといけない よく先生が言われます。
そういう美はおそらく書や水墨画などそういう総合的な要素からも生まれでるものだと感じております。



zdrb


dzzht
基本を常に大切に謙虚になって学ぶことが大きな成長につながっていかれることでしょう。

みなさん 書をとにかく大事に毎日少しづつの鍛練を重ねながらしっかり画にも生かせるようになってください。


我が教室では書は段級を取得しながら向上を促しております。
そして画の世界へも。


いろいろな筆法をしり多くの経験を通じて本来の美を感じる書画を生み出してもらいたいと願います。


「書画同源」 本当に本当にこの意味するところの世界は大変奥が深いですね。


be


bst
いい墨色といい筆法にであってこそこのような前衛作品も絵画的に作ることができるのですから。



bsr


bs
門人生徒さんも日々のお稽古にしっかり取り組んでおられます。
現代社会のなかでパソコンなどが主流を占めますが自らの手で心の文字をしたためることができれば最高です。
そして、伝統ある筆の文化をどうか日本人のみなさん 継承していただけますように。



今日はそんな思いでまた指導をしていこうかと思います。


trhs
こつこつやることと継続あってこその鍛練しか上達はありませんね。がんばってくださいね。




★★★速報!! 多数のお問い合わせ及びご入会により若干の余裕となっています。順次ご連絡をいたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており人数制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><div class=
スポンサーサイト
  1. 2016/09/08(木) 12:56:07
  2. 日記
  3. 書と画があってこそのトラックバック:0
  4. 書と画があってこそのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1565-49e6f354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)