嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

六本木教室から 鶏を描く

abe

みなさん こんにちは 今日は格段と寒くなりましたね。

冷え込みが強くなりました。どうぞお体の調子をおお崩しになられませんようお気を付けください。

さて、先日行われました六本木教室の模様です。

今回のテーマは来年の干支にちなんで「鶏」を扱いました。 鶏の目の強さやまた軽快な動きが表現できるようにと
格好のいい鶏を選択し今回のテーマにとえがいていただきました。


be
今回のお手本の参考として私が皆さんの前で揮毫した作品です

白の部分をいかに多く残すかが大事ですね。 最近の鶏はどうも色を塗りこむ傾向がつよく筆の筆意や筆あとが残念ながら
消えてしまっている表現法が多く大変に残念です。


dxth

みなさんには、鶏をまず想像していただき、作品を見ながら筆を先にとっていただきました。

まずは手本を参考に描くこと 失敗を気にせずやってみることが力がつくのです。


fh


そして、一人一人に向き合って、作品を拝見し「ここがわるいから直してみたら」とか、「ここはいい」といったように
細かく筆を入れて差し上げました。

何とか、みなさんも形にはなり、あとは画面に対する比率や、色の調整など 細かな部分での指導もくりかえしましたら
何とか素晴らしく表現できたのでないかと思いました。

とにかく皆さんお一人お一人があきらめず、熱心であるということがうれしく思いました。

本当にありがとうございました。


zher


これからもどうかみなさん こつこつ筆をとってがんばってみていただけましたら幸いです。

楽しみながら筆をとること そして、わるいところにも素直に向き合い自分から進んで研究するくらいの姿勢がほしいと
思いますね。

受け身の姿勢でまず上達することもないのです。

積極的な参加と研究する心を常にもつこと そこに上達が見えてくるものです。


来年の干支が輝くようしっかり復習をされてみてください。


reh
立派に描けたと思います。 いい年賀状を期待しております。



erh


dtyk






fngx

★★矢形 嵐酔小作品(ミニ額装展)&嵐酔オリジナルバッグ展示会★★

この度3年度ぶりに矢形 嵐酔氏の水墨 書 墨彩の小作品会並びに嵐酔オリジナルバッグの展示会を開催する運び
となりました。どうぞみなさんこの機会に嵐酔氏のオリジナル最新作品をご高覧賜りますように心より
お願い申し上げます。

会期:平成28年11月19日(土)~11月25日(金)
午前11時~午後6時まで 
初日19日はカジュアルオープニングセレモニーを開催予定
(軽食と飲み物をご提供予定です。) ※お葉書をご持参願います。

場所:ギャラリー209 渋谷区東3-20-9 2F

お問い合わせ:洛陽中国書法水墨画院まで 
TEL:03-3409-2988


主宰:矢形 嵐酔(中国遼寧省鞍山市美術家協会 理事)

主催:洛陽中国書法水墨画院 後援:中国蘇州画院



fbvds
こちらのバッグを展示販売しております。 限定企画品


皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 何卒温かくご高覧くださいましたら幸いです。





★★★速報!! 多数のお問い合わせ及びご入会により若干の余裕となっています。順次ご連絡をいたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており人数制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。
洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。



trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら





にほんブログ村 みなさんぽっちとクリックお願いしますね。




にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/11/02(水) 13:22:08
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 六本木教室から 鶏を描くのトラックバック:0
  4. 六本木教室から 鶏を描くのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1576-9d85b5f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)