嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

身近な水墨画教室として

nrt

みなさん いかがお過ごしですか。
暑かった真夏ももう終わり。朝夕は秋めいてきました。

芸術の秋の到来ですね。

さて、今日はこちら。  秋になると各地でいろいろな芸術展覧会が行われます。
そんな中で我が会も多くに所属している関係で、いろいろな公募展が待ち受けておりまして
当会では出品をしてみたい方々に進んでその指導をしております。


みなさん、やはりやっている以上は出品をして大きな美術館で展示したいですものね。

その気持ちもわかります。  
そんな中で生徒さんが積極的になって今筆をもって頑張っています。すばらしいですね。

何かに打ち込んで一つの作品を真剣に作る そのことが大きな意味がありまたその人その人を大きく成長させてくれると思います。


hjrs
来年に行われる公募展にむけて今構図を考えながら模索しています。




hea
こちらの生徒さんは楽しく色鮮やかにみずみずしいアジサイの群生を描いております。


生徒さんは、先ずいろいろな描きかたを学んでいます。
その中でどうしたら今まで習ったものを作品つくりに生かせるのか考えてもらっています。

教室のありかた、当会は自分がまず考えて実際にやっていただくことにあるのです。
当会での考え方は間違えというものはないというスタンスにまずたつこと。

生徒さんの思い起こしたその技法を否定せず、指導を伴って改良していくことに創作する力をやしなっていただいております。

ですから、当会で長らく学ばれた方は実にその作品の構成がうまいですし、その証拠になんら関係のない公募展でもすぐに上位を射止める生徒さんもいるのです。



hseesy

生徒さんとともに考えて一緒になって作品が作れる喜びはこの上ないものですね。
そしてそれが広く認められるようになる それがよき結果につながっているのです。

上記の生徒さんは柿に止まっている雀を。
いや、いい味わい深い作品です。


みなさんの思い付きが味わいがあっていいな。 私もその見ている傍らでとてもいい気分にしていただいております。



bser


she

教室では、みなさんやっている内容が違います。それぞれの能力に応じてしっかり対応力をつけていただけるようにと事細かくカリキュラムを見ながら指導をします。

ですから、生徒さんが迷われることもありません。
私は生徒さんの目線に立って指導が行き届くように授業前によく考察をしております。

今日も足を運んでくださる生徒さんが笑顔で安心して帰っていただけますようにと。


she

大きな大作を描いている生徒さんも試行錯誤 でも、決してあきらめない妥協しない生徒さんなのでこちらも大変教えがいもあり
ますます向上が期待されるそんな一員になったように感じます。


今回は竹の竹林にモダンな水墨画技法で挑戦。


fdhdh


zdbh

水墨画教室を開いて常に心がけること それはその個々人が描きたい最終の目標に確実に近づけるようにしっかり基本を叩き込み、そして描くことの奥の深さを追求できるようにそんな環境つくりを日々模索しています。


いろいろな作品が一つの発送から派生している そこに新たな創作の発見もあるわけでこれこそが描いていく中で楽しいのです。



net


myrsdt

きれいな藤を学ばれ色紙におこしています。 いい色合いですね。


fvwe

ここまでよく描けましたね。きっともらわれた方喜ばれるでしょう。何よりも心がこもっていますね。



he



私も教室では一緒に実演をしながら生徒さんに惜しみなく水墨画の良さを間近に伝えるようにしています。
そして書の大切さ。

書道がものを言う世界だと思っています。それは実に線をうまく生かしてえがかなければ決して
心に響くようなすばらしい水墨画がうまれれ来ないからです。
水墨画は線の絵画 どうかみなさんもぜひこんな奥の深い水墨画 出会ってみてください。

描くことの喜び そして水墨画の墨の美を再発見できることでしょうね。


多くの若い生徒さんが多く通われる教室でいつも活気に満ちています。
これからも元気いっぱいに筆を生徒さんとともに仲良くもって学んで研究していければ最高です。


fgjf





●●●矢形 嵐酔先生著書 好評発売中!!●●●

kfyu
●こちらは7月に刊行されました「水を描く」という技法書 第一線画家の先生方が執筆 協作です。
3024円となります。




mtyk


hxrt


tyk


20170809_022759_20170811023349fe7.jpg




●こちらが8月に刊行されました「水墨画レッスンノート 矢形 嵐酔 著」です。2376円です。
初級課題から上級まで まだ紙の質やいろいろな新しい矢形先生ならではの現代水墨技法を惜しみなくご紹介
テキスト形式として発売されています。愛読書にしていただき水墨画をたしなむ方のよきお友に。!!!
大変好評で上場のうれゆきだそうです。



上記の本をお求めになられたい場合はぜひ最寄りの書店並びに出版社 日貿出版社さまへ直接お問い合わせください。
また私あてにメールをいただきましてもお手配可能です。
サインをさせていただきます。 つきましてはHP掲載のメールアドレスでお気軽にお寄せください。
順次お手配をさせていただきます。

メール:londontottenham32iromance@gmail.com
掲題:「矢形嵐酔先生 書籍購入希望」まで

みなさまのご愛読のほど切にお願い申し上げます。ありがとうございました。  合掌

gwげ御注文は日貿出版社さまへこちらまで






hm
●待望の矢形嵐酔先生の水墨画技法書がまもなく発売へ●●

日貿出版社様よりまもなく待望の技法書が発売予定です。
おかげさまでみなさんと作り上げた指導をまとめた本が世に出ます。どうかこの機会に水墨画の愛好家みなさんの
少しでもお役に立てましたら何よりです。

詳しくは次回に。こうご期待




●お知らせ● 矢形 嵐酔先生 日貿出版社特別講座開講予定

講習日時:平成29年9月19日 10:30~13:00まで
各月第3火曜日 月1回講座 同時間です。
会場:株式会社日貿出版社内 研修室



当会代表院長であります矢形 嵐酔先生が7月8月に待望の水墨画本を日貿出版社さまより刊行されまして代表院長による水墨画 書画の世界を特別に少人数制で改めて新しく開校する運びとなりました。
ぜひ、この機会に矢形嵐酔先生独自の筆致による現代水墨の世界を勉強してみたい方は下記のHPをご高覧いただきメールか直接日貿出版社ご担当者様へお申し込みくださいますようによろしくお願いいたします。
一人でも多い新しいメンバーの方と新しいご縁と出会いをいただけますように心待ちにいたしております。
何卒みなさんよろしくお願いいたします。


矢形嵐酔特別講座開講案内はこちらをクリック

※多数応募の場合で定員以上の場合は先着順となる場合がございますのでご了承願います。
なお、5名以上10名未満で定員に満たない場合は延期今後の募集です。





fh
●●●第7回国際中国書画清品大展覧会●●●  
2017年10月1日~10月14日まで
中国遼寧省鞍山市特別芸術センター予定
主催:国際中国書法国画家協会
後援:中国遼寧省鞍山市美術家協会 鞍山市外事處 鞍山市軍工作室 他
公募展です
奮ってご参会ください。応募希望の方は当会のメールアドレスにてご連絡を。
まくりのままの出品です。現地にて特別表装し軸装します。記念本2冊贈呈

hf
上が今まで刊行された記念本です。オールフルカラーです。





★★★新規会員随時募集★★★
月に4回受講でき集中して、個別の課題に徹底して指導を受けたい人 【振替制度あり】
書も水墨画の世界も上達したい人
やる気があり、継続は力なりの精神で取り組める人はぜひいらしてください。


残念ながら、当会は上達を確実に感じていただくため、以下の方は勝手ながらご遠慮くださいますようお願いいたします。
※集中力がなく、物事を続ける自信のない方
※一つの課題に向き合えない方
※カリキュラムなどに沿って課題を消化できない方
※作品を作るために追及、研究心のない方


申し訳ありませんが、ご指導させていただいても上達をお約束できかね、お支払いただくお客様【生徒様】のお月謝が無駄になってしまうこと、双方の時間の無駄になりかねますのでご遠慮くださいましたら幸いに存じます。なお、当会は生徒集めに徹した募集はいたしておりませんのでご理解ください。

★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。また、一日だけの短期体験は実施しておりません。

洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。


trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!!

hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><br /><br /><br /><div class=
スポンサーサイト
  1. 2017/09/11(月) 00:49:17
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 身近な水墨画教室としてのトラックバック:0
  4. 身近な水墨画教室としてのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1627-191cc5c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)