FC2ブログ

嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿、銀座で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

来年に向けての出品へ

ntdy

みなさん 大型の超強力な台風一過となりましたが被害などありませんでしたでしょうか。
さて、さて、今日は東京も晴天となり気持ちのよい澄渡った秋晴れとなりました。

そんな中、今日も教室がまた今週スタートしましたが目まぐるしい日々が始まっています。

教室では、芸術の秋となり新しい仲間も迎えまして張り切っての筆をもって書画を学ぶそんな季節を迎えております。

教室では、来年に向けての公募作品つくりに必死になって取り組んでいる方も多く、新しい生徒さんへのよき
光景になっているようです。


ftj

試行錯誤する中でみなさんにはひとりひとりが参加して学んでいただけるように、そして、確実に描ける書ける力をつけてもらうためにともになって実験をしたり、一緒に考えながら制作に挑んでいきます。


失敗がない人は成功の喜びもひとしおではないのです。
失敗があるからこそそこに大きな成功の喜びを感じるここともできるのです。

失敗がその人の技能を飛躍させてくれます。
ですから、決して私がその制作を知っていてもアドバイスだけは与えましても自分の力で筆の動きや墨色
また構図などなど多義に渡って考えていただき私が答えの実践を出すように導きます。

その成果は大変なもので描けず迷っていた生徒さんでも今や立派に一人で筆を動かすにいたっています。

tdyj


「まず、やってみよ。」というのが私の指導であり、失敗を否定もしません。
先代の師匠もそういう方でしたね。
その教えは一見、酷だなと感じてしまうかもしれませんがそれは非常に大きな成果を出す指導として私は感じております。
問題意識を持って制作していただき、自分の考えも持つとうスタンスが向上させているといえるのです。



当教室では、生徒さんが主役になってほしいと考えます。
ですから、基本から応用までをきっちり指導する中でも生徒さんが裏方になってしまうような指導は一切しません。

いろいろな方法を否定もせず、そこにいろいろな発想を互いに編み出して結果としていい作品の制作につなげてもらうようにしております。


tdj


こちらの生徒さんは大賞をも射止める実力を付けられるようになりました。
絵を描くことに自身ももっているようです。

長きにわたり継続してやってきたことが大きな力となっているそんな気がしております。

ndty


新人の方々も多くの先輩に囲まれながらも楽しく一生懸命に筆を握りながら作品つくりに挑んでいます。
多くの刺激を受けてくれていることをうれしく感じております。
我が会に足を運んでくれた一人一人が楽しんで向上できる空間を常に維持していくこと
それが私に課せられた使命であると感じ、多くの生徒さんに夢を与え続けていきたいと願っております。



nrtn
公募部門でもまた国際展でも上位を射止める実力者で書にもたけた生徒さん
今回も斬新な作品に挑まれていました。

当会の講師でもあります。


公募展には当会では任意で指導していますがみなさんやる気満々で臨まれます。
その際に、お話をしながら生徒さんの胸の内を聴くようにし、そこから理想とされているなあという作風を私なりにイメージし
指導の方法を一人一人に考えてあげるようにします。

ですから誰一人と同じ課題でも作例が違います。

しかしながら、基本を徹底し邪道な描きかたが書き方が横行しないようにすることもまた大切で
伝統の技法を徹底しこの筆文化を正しく伝えていくことも重要なのであります。



tykj

来年の国際展に挑んでいる書の生徒さん
墨つくりから指導をしましてやっといい墨に出逢えた瞬間に一気に心を無にしてダイナミックに大筆を動かせて書作に挑みました、
なかなかのものですね。

生徒さんの体から熱く生み出されるみなぎったエネルギーがひしひしと伝わってくるのです。

墨つくり ただ書作するだけではいけないんです。常に書の美を形成する墨 紙の選択などなど
そういう基本的なところに立ち生徒さんへ助言を続けひとりでに判断して一人立ちができるようにと指導を重ねる
そのことが大事であると私は常に考えます。

そういうことが傑作に出会うことになるのでしょう。



be

みなさんはそれぞれの課題の中で大変です。
でも、好きなことをしている時間、苦にはならないようであります。

いい作品が出来上がったときの生徒さんはまた一段と成長したなあとうれしくなるときがあります。

それが教室をやっていての喜びとやっていける私の大きなエネルギに―になっているように思います。
だから感謝ですね。


新しいメンバーをまた迎えた今、多くの出会いに感謝しつつ、、また新しいすばらしい作品に出逢うことに感謝をしながら
残りわずかな今年も健やかに過ごしたいものです。



bb


dzr

若い方が、墨を操って自由自在に水墨 書の世界を満喫してくれていることうれしい限りです。
このすばらしい書画の文化を若い方に受け継いでいただきいつまでも創作する楽しみをかみしめて歩んでいただきたいですね。


erh


ghr


公募展の結果が楽しみです。
次月には私も皆さんの作品を含め多くの作品の審査に伺います。
国立新美術館での審査にあたります。

とにかく頑張った分だけいい結果になるでしょうね。


ますますのご精進をされ、すばらしい作品つくりに妥協することなく取り組んでいってくださいね。



jd




●●●矢形 嵐酔先生著書 好評発売中!!●●●

kfyu
●こちらは7月に刊行されました「水を描く」という技法書 第一線画家の先生方が執筆 協作です。
3024円となります。




mtyk


hxrt


tyk


20170809_022759_20170811023349fe7.jpg




●こちらが8月に刊行されました「水墨画レッスンノート 矢形 嵐酔 著」です。2376円です。
初級課題から上級まで まだ紙の質やいろいろな新しい矢形先生ならではの現代水墨技法を惜しみなくご紹介
テキスト形式として発売されています。愛読書にしていただき水墨画をたしなむ方のよきお友に。!!!
大変好評で上場のうれゆきだそうです。



上記の本をお求めになられたい場合はぜひ最寄りの書店並びに出版社 日貿出版社さまへ直接お問い合わせください。
また私あてにメールをいただきましてもお手配可能です。
サインをさせていただきます。 つきましてはHP掲載のメールアドレスでお気軽にお寄せください。
順次お手配をさせていただきます。

メール:londontottenham32iromance@gmail.com
掲題:「矢形嵐酔先生 書籍購入希望」まで

みなさまのご愛読のほど切にお願い申し上げます。ありがとうございました。  合掌

gwげ御注文は日貿出版社さまへこちらまで






hm
●待望の矢形嵐酔先生の水墨画技法書がまもなく発売へ●●

日貿出版社様よりまもなく待望の技法書が発売予定です。
おかげさまでみなさんと作り上げた指導をまとめた本が世に出ます。どうかこの機会に水墨画の愛好家みなさんの
少しでもお役に立てましたら何よりです。

詳しくは次回に。こうご期待






★★★新規会員随時募集★★★
月に4回受講でき集中して、個別の課題に徹底して指導を受けたい人 【振替制度あり】
書も水墨画の世界も上達したい人
やる気があり、継続は力なりの精神で取り組める人はぜひいらしてください。


残念ながら、当会は上達を確実に感じていただくため、以下の方は勝手ながらご遠慮くださいますようお願いいたします。
※集中力がなく、物事を続ける自信のない方
※一つの課題に向き合えない方
※カリキュラムなどに沿って課題を消化できない方
※作品を作るために追及、研究心のない方


申し訳ありませんが、ご指導させていただいても上達をお約束できかね、お支払いただくお客様【生徒様】のお月謝が無駄になってしまうこと、双方の時間の無駄になりかねますのでご遠慮くださいましたら幸いに存じます。なお、当会は生徒集めに徹した募集はいたしておりませんのでご理解ください。

★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。また、一日だけの短期体験は実施しておりません。

洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。




trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!.●アート・インテリア書道講座も好評開講中です。詳しくは下記を!!

●●アート・インテリア書道講座●●




hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><div class=
スポンサーサイト



  1. 2017/10/24(火) 02:00:14
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 来年に向けての出品へのトラックバック:0
  4. 来年に向けての出品へのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1639-ea6f1d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)