FC2ブログ

嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿、銀座で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

若い人にになってもらうこと

ftyk

みなさん 12月になりました。早いものですね。月日があっという間に走馬灯のように駆け巡ります。

さてさて、日々多忙の日々で朝を迎えてはすぐ夜の繰り返しで時間との戦いです。

さて、今日は新しい教室生徒もまじえた教室で感じることを書きます。

最近は、若い人が伝統文化である書や水墨といった古きよき墨の文化に触れる機会が少ないのか周囲の先生の個展やら会員展に足を運びますとそういう声を聴きます。

少ないのは問題です。 とういうのもこういう文化を伝承していって残していくこと そこには若い方が賛同し
筆をもって文化芸術に親しみ、そのたのしさを伝えていけるだけの技量と心を持たないといけないからです。


そうした意味でも、我が会でもそういう危機的状況を迎えたくないといろいろな先生と協力しながら文化伝承にも微力ながら
取り組んでいます。

,tf

ありがたきかな我が会は20、30代の方が多く、多くの若い会員が筆を楽しんでもってくださっています。

私にできること、それは亡き師匠の水墨の非常に高度な技 基礎的技法などを惜しみなく伝え、墨の伝承に貢献することだと思っています。


教室生のみなさんも若いからといって決して下手ではなく、ひいていうならみなさん熱心であり、何度も挑戦し自己研さんをしておられるようです。



nt

私は、書と水墨画という地味な芸術でありながらも素晴らしい墨色に心の声を乗せて発信しています。

我が会のメンバーの中でも幾人かの人は大変能力もありいずれ指導する立場にもなることでしょう。

その意味でも、確かなる力をつけていただき、この書画文化の伝承に私のみならず一人でも多くの方が発信し、世界にもいる愛好家さんも含め文化伝承に貢献していただきたいと願うばかりなのです。



gyc
新しく入門された方もこうしてあしげに通われ素晴らしい初作品に出逢いました。

作品がかけた時の喜びを目にしたとき私も感無量になりますね。


こうした小さな喜びではありますが、それがいつの日か大きな力となり更なる偉大な作品に出逢っていただけるように
私も日々奮闘しております。


mctgy


m,ty

老若男女問わず、どうか今のご時世の中で墨や筆に興味を持っていただき、古の先人が築き上げてきたすばらし書画芸術の
世界をもっと若い人に伝え、その人たちがさらに伝承を深めていただく そういう思いをもって指導にあたっていかないといけないと
つくづく感じる毎日なのです。


学ぶことに年齢は何も関係ありません。
何よりもやる気ではないかと思います。素直な生徒さんであり、素直に聞き入れる耳を持つ人こそ伸びてい来ますし、才能を開花しやすように思います。

その意味でも、若い人はそういう心を持っています。
まだそういう世界にどっぷりとは染まっていないからです。


いろいろな技法に出逢っていただき若い力をもって多くの方にこの書画文化のすばらしさを誇りをもって伝えていただける器になってほしいと願っております。




ctyk



cmky



m,fyu,
初級の半ばを歩く生徒さん こうした実際の作品を目の前で実演し丁寧に指導しながら実践してもらっております。



fm,yu


ctj
年賀状を作りたいと来年の干支を学ぶ生徒さんも多数。 書道のみならず水墨の世界で色を付けています。

もらった方もさぞかし手作りの作品に感動し心を温められることでしょう。


vgj


,tf

我が会でも師範課程を進む生徒さん 日々休まず妥協もせず真剣です。教えがいがあります。

若い人が多く来てくださっている今日この頃本当に感謝です。

その感謝を精いっぱいに指導を通じて伝授し、一人でも多くの方に水墨書画文化をになっていただける一躍が達成できるように
邁進したいと思います。


どうかみなさん、自分だだめだろうなんて思わずにまずは失敗も恐れず前向きに筆をまず持ってもらうことからスタートし
徐々に力を付けてくださいね。


nbest


srtj
大人顔負けの最年少。4年生の生徒さんもお母様の横で無心になって描いています。
最近ではお母様の塾に行った方がいいのではと勉学の心配もあるようですが、水墨の道はやめないといって問答しているそうです。

でも、うれしい限りです。水墨画を楽しんで描いてくれていること。


drhr

外国の方も多く学ばれる今、欧米の方々のみならず、多くの東アジア 東南アジアの方も学ばれています。


外国の方々 特に水墨画書画文化の有名な中国 台湾 韓国などの生徒さんがわざわざ私の教室に足を運んでくれている
ことにただただ驚きとうれしい限りです。


異国に来て自分の国にもあった書画文化の美に気が付いてきたのだとか。

文化の魅力はやはり自分自身で再発見しない限り進んで習おうとはしないものです。


これからも、少しでもみなさんの興味をいただけるように私も更なる磨きをかけ、工夫をし、生徒さんとともに文化伝承の
ともしびをさらに大きくできるようにがンばっていければと思います。


どうかみなさん お力添えくださいね。
そして読んでくださっている塾生のみなさん どうかこれからも一緒に水墨 書画文化発展の橋かけにお力添えくださいね。


今日もこれからまた気合をいれて頑張りたいと思います。



みなさん ありがとう!!!




mg
生徒さんが一生懸命に描いたばら。素敵な風合いです。公募部門に初出品だそうです。



drtj


erh



みなさんとともに歩んでいけるそんな文化教室をめざしたい。





●●●矢形 嵐酔先生著書 好評発売中!!●●●

kfyu
●こちらは7月に刊行されました「水を描く」という技法書 第一線画家の先生方が執筆 協作です。
3024円となります。




mtyk


hxrt


tyk


20170809_022759_20170811023349fe7.jpg




●こちらが8月に刊行されました「水墨画レッスンノート 矢形 嵐酔 著」です。2376円です。
初級課題から上級まで まだ紙の質やいろいろな新しい矢形先生ならではの現代水墨技法を惜しみなくご紹介
テキスト形式として発売されています。愛読書にしていただき水墨画をたしなむ方のよきお友に。!!!
大変好評で上場のうれゆきだそうです。



上記の本をお求めになられたい場合はぜひ最寄りの書店並びに出版社 日貿出版社さまへ直接お問い合わせください。
また私あてにメールをいただきましてもお手配可能です。
サインをさせていただきます。 つきましてはHP掲載のメールアドレスでお気軽にお寄せください。
順次お手配をさせていただきます。

メール:londontottenham32iromance@gmail.com
掲題:「矢形嵐酔先生 書籍購入希望」まで

みなさまのご愛読のほど切にお願い申し上げます。ありがとうございました。  合掌

gwげ御注文は日貿出版社さまへこちらまで






hm
●待望の矢形嵐酔先生の水墨画技法書がまもなく発売へ●●

日貿出版社様よりまもなく待望の技法書が発売予定です。
おかげさまでみなさんと作り上げた指導をまとめた本が世に出ます。どうかこの機会に水墨画の愛好家みなさんの
少しでもお役に立てましたら何よりです。

詳しくは次回に。こうご期待






★★★新規会員随時募集★★★
月に4回受講でき集中して、個別の課題に徹底して指導を受けたい人 【振替制度あり】
書も水墨画の世界も上達したい人
やる気があり、継続は力なりの精神で取り組める人はぜひいらしてください。


残念ながら、当会は上達を確実に感じていただくため、以下の方は勝手ながらご遠慮くださいますようお願いいたします。
※集中力がなく、物事を続ける自信のない方
※一つの課題に向き合えない方
※カリキュラムなどに沿って課題を消化できない方
※作品を作るために追及、研究心のない方


申し訳ありませんが、ご指導させていただいても上達をお約束できかね、お支払いただくお客様【生徒様】のお月謝が無駄になってしまうこと、双方の時間の無駄になりかねますのでご遠慮くださいましたら幸いに存じます。なお、当会は生徒集めに徹した募集はいたしておりませんのでご理解ください。

★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。また、一日だけの短期体験は実施しておりません。

洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。




trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!.●アート・インテリア書道講座も好評開講中です。詳しくは下記を!!

●●アート・インテリア書道講座●●




hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><br /><div class=
スポンサーサイト
  1. 2017/12/04(月) 14:24:44
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 若い人にになってもらうことのトラックバック:0
  4. 若い人にになってもらうことのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1649-43606786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)