嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

第79回書道錬成会から

hrt5


みなさん いかがお過ごしでしょうか。
私の教室でもみなさん風邪などを引いている方も多く心配ですが、寒さに負けずまた健康管理をしながら過ごしたいものですね。

さて、この度ご報告遅れましたが、先日我が会が所属する公益社団法人 大日本書芸院の地方連合練成会が
開催されましてみなさん多くの所属会員が必死になって朝から夕方まで書作されお稽古研鑽をつんでおりました。



hxdh5



rtd6uj


毎年ですが、東京都美術館では年に一度の大日本書芸院展が開催され1000点近くの作品が一堂に展示 その書作の
レベルの高さもさることながら、みなさんの日々の研鑽が字に表れすばらしい展示会となっております。


また台湾や中国といった国々との書や水墨画の展示会もあり院の最大の行事となっています。


その展示会に向けて正月明けよりみなさん 一斉にそのお稽古に打ち込みながら力作を目指しがんばっているのです。

当会ではちょうど、我が会の門人一門展と同時にこの書道院展の制作がまったくかぶっているためとてもハードなスケジュールではありますがみなさん本当に嫌な顔一つせず真剣に一人一人が筆を持って取り組んでおられます。



nstr
当会の門弟も4人参加 実際に受ける方はもっと多いのですが流石に四国 徳島での地での連成会のためなかなか参加できないこともありみなさん行ける方が参加しました。


徳島は我が師匠の地でもあり先生は連合会委員長として精力的に毎回取り組んでこの練成会を皮切りに
指導を熱心にされておられます。


今回も我が会の門弟も書作した作品を片手に東京より徳島入りをはたし、事細かに審査員の先生から丁寧な情熱あふれる
指導をうけましてがんばっておりました。


今回は2月の18日 日曜日開催。 みなさん徳島会員の方々と熱心に書道に取り組むことができました。


本当に熱心というしかいいようがない練成会でした。

練成会を受けることでしっかり見えてこなかったことまで気づくことがあり、それがひいては更なる書の向上につながっています。

すばらしい作品には賞の対象にもなります。

残りわずかな時間を有意義に頑張って錬成をしていきたいものです。




xfnxt



rfhe
当会の門弟も寒い中参加 体いっぱいに書作されます。
書は本当に厳しい鍛錬が必要でなかなか一筋縄にはいきませんがそれだからこそやるだけに味わいが増えてくるものなのです。



ntsr


mgcm

このように朝早くから70名近くの生徒さんたちが寒さに耐えてがんばりました。

徳島の生徒さんはみなさん 団結心も強くさすがですね。
書の魅力をいっぱい伝えられるような作品ばかりが集っておりました。

本当にお疲れ様です。




g,hg




fdzn
上の赤いセーターを着た先生が本部理事も兼ね徳島地区連合委員長山田竹綾先生です。

先生は私の師匠でもあり我が門弟たちにも惜しみなく指導を心を籠めてやってくださいました。
本当にありがとうござました。感謝感謝です。

先生のお元気なお姿をまた拝見でき安心をいたしました。今後とも精進いたしますのでよろしくお願いいたします。




hrt5



m,gh,
最後に、本部代表理事 田村翠津先生がみなさんの書作した作品を丁寧に丁寧にご批評をされそこをこうすればいいのではないかと書のアドバイスをされていました。

70名近くの多くの方々の作品をそれはそれは熱心に拝見 また批評をそえてくださり多くの書の仲間たちの貴重な助言になったものだと思っております。


本当に長時間にわたり先生の温かいまた厳しいご指導に心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。


先生方の書のアドバイスを丁寧に受け止めて残り僅かな時間をしっかり書作し力作をみなさんで提出できればとおもっていますので今後ともどうかよろしくお願いします。


みなさん この度は本当にお疲れ様でございました。



これを機にまた減少しつつある書道人口が全体的に増えていくことを切に願いながら今後もしっかり指導をさせていただこうと思います。みなさんどうかよろしくお願いいたします。



hxdh5




●●お知らせ●●
HPが解説されました。みなさんこちらもどうかよろしくお願いいたします。rdh





ndrt  

●●●新規受講生若干募集中!!!●●●
洛陽会 嵐酔水墨画書法教室ではクラスの編成に伴い若干名の新規会員を随時受付いたしております。
当会で少人数で楽しく現代水墨画 墨彩画法 また正当な書道から現代書道まで指導しておりますのでぜひ私こそはとお感じになられた方はご遠慮なくお問い合わせださいませ。
少人数若干名につき定員になった場合は終了とさせていただきます。
なお、お問い合わせにつきましては恐れ入りますが下記のメアドに「教室入会希望」と掲題をいただきご連絡くださいませ。
多数のお問い合わせにつき順次ご対応お返事を申し上げます。

Mailはlondontottenham32iromance@gmail.com
●●上のHP内をご覧いただいてもメール送信画面がありますのでお気軽にお問い合わせを!!●●





●●●矢形 嵐酔先生著書 好評発売中!!●●●


kfyu
●こちらは7月に刊行されました「水を描く」という技法書 第一線画家の先生方が執筆 協作です。
3024円となります。




mtyk


hxrt


tyk


20170809_022759_20170811023349fe7.jpg




●こちらが8月に刊行されました「水墨画レッスンノート 矢形 嵐酔 著」です。2376円です。
初級課題から上級まで まだ紙の質やいろいろな新しい矢形先生ならではの現代水墨技法を惜しみなくご紹介
テキスト形式として発売されています。愛読書にしていただき水墨画をたしなむ方のよきお友に。!!!
大変好評で上場のうれゆきだそうです。



上記の本をお求めになられたい場合はぜひ最寄りの書店並びに出版社 日貿出版社さまへ直接お問い合わせください。
また私あてにメールをいただきましてもお手配可能です。
サインをさせていただきます。 つきましてはHP掲載のメールアドレスでお気軽にお寄せください。
順次お手配をさせていただきます。

メール:londontottenham32iromance@gmail.com
掲題:「矢形嵐酔先生 書籍購入希望」まで

みなさまのご愛読のほど切にお願い申し上げます。ありがとうございました。  合掌
gwげ御注文は日貿出版社さまへこちらまで







★★★新規会員随時募集★★★
月に4回受講でき集中して、個別の課題に徹底して指導を受けたい人 【振替制度あり】
書も水墨画の世界も上達したい人
やる気があり、継続は力なりの精神で取り組める人はぜひいらしてください。


残念ながら、当会は上達を確実に感じていただくため、以下の方は勝手ながらご遠慮くださいますようお願いいたします。
※集中力がなく、物事を続ける自信のない方
※一つの課題に向き合えない方
※カリキュラムなどに沿って課題を消化できない方
※作品を作るために追及、研究心のない方



申し訳ありませんが、ご指導させていただいても上達をお約束できかね、お支払いただくお客様【生徒様】のお月謝が無駄になってしまうこと、双方の時間の無駄になりかねますのでご遠慮くださいましたら幸いに存じます。なお、当会は生徒集めに徹した募集はいたしておりませんのでご理解ください。

★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。また、一日だけの短期体験は実施しておりません。

洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。





trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!.●アート・インテリア書道講座も好評開講中です。詳しくは下記を!!

●●アート・インテリア書道講座●●




hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><br /><br /><div class=
スポンサーサイト
  1. 2018/02/21(水) 13:26:34
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 第79回書道錬成会からのトラックバック:0
  4. 第79回書道錬成会からのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1660-20197ba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)