FC2ブログ

嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿、銀座で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

活発なみなさんの活動

xdg


連日大変な暑さです。
残暑のお見舞いを申し上げます。

私は本当に日々多忙すぎていろいろやっております。
訪中の件やら国際展の準備 また注文作品 本の執筆 カルチャー協会などなど時間がもっとほしいくらいですね。


今年の中国国際書画精品展の出品も多数になり、当会所属の門弟もそれはそれは最後の最後まで完走をされ、力作を
お寄せくださいました。

なにはともあれ、みなさんの頑張りは目に見張るものがあり、エネルギッシュな会になりましたことうれしい限りであります。



hes


生徒さんも真剣になればなるほど教室では活気に満ち溢れ、それは立派な研究会になっています。

やはり、ただただ描くだけではなく、同じ趣味を持つもの同士が研究しあえる環境こそ大切で、人それぞれの制作を
みなさがら頑張っていけるものなのです。
それが自分の制作のヒントになることもあります。



初回に入会されてきた人もそういう対策を描くみなさんを眺めてはいつしか自分も描けたらとか書けたらいいなあと口を
そろえております。



gcgh


カリキュラムをきっちり消化する傍ら真剣に制作を進める生徒さん



ngxnf
見事なダイナミックな波濤を描きこみました。



nrxt

我が会の生徒さんは老若男女とはず、みなさんそれぞれに目標をしっかり持ち、それでいて和気藹藹としてみなさんと芸術交流を行います。


筆を持つことで友好も深めながら水墨画 書に真剣に打ち込みながら頑張っているのです。




nxt
夏の風物である 涼をとるためのうちわつくりもみなさん楽しんでいます。
夏は暑さに負けそうな時もありますが、教室でみなさんに合いながら刺激を受け筆を持ってはこうしてがんばっています。


そのひたむきな姿勢があるからこそ確実に伸びていけるそんな対価をもらっているようです。




ncf
素敵な作品ですね。 すずしく感じます。





nxrt
書でお稽古する方も多数です。
なかなかいいですね。 世界にたった一枚の水墨画作品のうちわ。なんともいいですね。



dhe
なかなかタコもいいですな。 女性の若い生徒さんが描いておりました。
いきいき たべたくなります。




h5s4




fxj



se4
桔梗も素敵です。 品格がありますね。



gher




htr




xjh
北欧のオーロラを 斬新です。




xdfh
躍動感あって今にも動き出しそう。 立派ですね。 うまい。





活発な教室では休む暇もないですが、それでいて何よりも元気であること。
本当に頼もしい!!!!


みなさんが一流の作家さんになっています。


これからもどうかお稽古とは修行と思い、技能向上のみならず心を常に磨く そんな教室であるよう一人一人が
頑張ってもらいたいと思います。


みなさん 芸術の秋はもうすぐそこですね。!!!




her
習い始めの生徒さん 立派ですね。 なかなか筆使いもよく感心です。
群馬県から通ってくださっています。




cgx



dxfh



当会の水墨画 書画教室はみなさんが常に主役になれるように自分の個性をモットーにしっかりそのベースをおさえながら指導を進めます。

教室がみなさんそれぞれの主役になれる場になるように私もその環境つくりに頑張って邁進したいと思います。



みなさん がんばってね。





resh
これから国際書画連盟への指導がまた始まる予定です。
私は来年春の銀座の個展に向けて一方で描いてがんばっています。

みなさん 健康でしっかり前進したいものですね。






●●●速報 墨技シリーズ「光を描く」が全国書店にて好評販売中!!●●●
日貿出版より墨技シリーズであります「光を描く」という技法書が刊行されました。
全国書店にて好評販売中。
私もまた「水を描く」に引き続いて第1線でご活躍されている水墨画家の一人としてお仲間に入れていただき執筆を担当しました。どうぞみなさんの水墨画技能向上や作品つくりのご参考になればと
願っております。ご注文は教室お問い合わせからでも承りますのでご遠慮なく
お問い合わせくださいませ。

んdxf

んdf






●●お知らせ●●
HPが解説されました。みなさんこちらもどうかよろしくお願いいたします。rdh





ndrt  

●●●新規受講生若干募集中!!!●●●
洛陽会 嵐酔水墨画書法教室ではクラスの編成に伴い若干名の新規会員を随時受付いたしております。
当会で少人数で楽しく現代水墨画 墨彩画法 また正当な書道から現代書道まで指導しておりますのでぜひ私こそはとお感じになられた方はご遠慮なくお問い合わせださいませ。
少人数若干名につき定員になった場合は終了とさせていただきます。
なお、お問い合わせにつきましては恐れ入りますが下記のメアドに「教室入会希望」と掲題をいただきご連絡くださいませ。
多数のお問い合わせにつき順次ご対応お返事を申し上げます。

MAILはlondontottenham32iromance@gmail.com
●●上のHP内をご覧いただいてもメール送信画面がありますのでお気軽にお問い合わせを!!●●





●●●矢形 嵐酔先生著書 好評発売中!!●●●


kfyu
●こちらは7月に刊行されました「水を描く」という技法書 第一線画家の先生方が執筆 協作です。
3024円となります。




mtyk


hxrt


tyk


20170809_022759_20170811023349fe7.jpg




●こちらが8月に刊行されました「水墨画レッスンノート 矢形 嵐酔 著」です。2376円です。
初級課題から上級まで まだ紙の質やいろいろな新しい矢形先生ならではの現代水墨技法を惜しみなくご紹介
テキスト形式として発売されています。愛読書にしていただき水墨画をたしなむ方のよきお友に。!!!
大変好評で上場のうれゆきだそうです。



上記の本をお求めになられたい場合はぜひ最寄りの書店並びに出版社 日貿出版社さまへ直接お問い合わせください。
また私あてにメールをいただきましてもお手配可能です。
サインをさせていただきます。 つきましてはHP掲載のメールアドレスでお気軽にお寄せください。
順次お手配をさせていただきます。

メール:londontottenham32iromance@gmail.com
掲題:「矢形嵐酔先生 書籍購入希望」まで

みなさまのご愛読のほど切にお願い申し上げます。ありがとうございました。  合掌
gwげ御注文は日貿出版社さまへこちらまで





★★★新規会員随時募集★★★
月に4回受講でき集中して、個別の課題に徹底して指導を受けたい人 【振替制度あり】
書も水墨画の世界も上達したい人
やる気があり、継続は力なりの精神で取り組める人はぜひいらしてください。


残念ながら、当会は上達を確実に感じていただくため、以下の方は勝手ながらご遠慮くださいますようお願いいたします。
※集中力がなく、物事を続ける自信のない方
※一つの課題に向き合えない方
※カリキュラムなどに沿って課題を消化できない方
※作品を作るために追及、研究心のない方



申し訳ありませんが、ご指導させていただいても上達をお約束できかね、お支払いただくお客様【生徒様】のお月謝が無駄になってしまうこと、双方の時間の無駄になりかねますのでご遠慮くださいましたら幸いに存じます。なお、当会は生徒集めに徹した募集はいたしておりませんのでご理解ください。

★★★速報!! お席に若干の余裕しかございません。ご連絡を順次いたしております。書画お稽古などお考えのお客様や体験のご依頼はお早めにお願いいたします。!!。現在少人数での午前のクラスを開設しました。お問い合わせください★★★ 少人数指導を徹底しており制限がありますので希望に添いかねる場合はご了承ください。また、一日だけの短期体験は実施しておりません。

洛陽中国書法水墨画院人気教室のお問い合わせはこちらから無料体験好評実施中!!!お気軽にお問い合わせください。





trsj大人の書道教室ご案内はこちらをどうぞ無料体験好評実施中!!.●アート・インテリア書道講座も好評開講中です。詳しくは下記を!!

●●アート・インテリア書道講座●●




hrerSumi-E&Calligraphy Art School for Foreigners


ysk
★★★ICCPS 国際中国書法国画家協会 入会案内はこちら



ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラスト<br /><br />ef=fgn





スポンサーサイト



  1. 2018/08/25(土) 12:37:57
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 活発なみなさんの活動のトラックバック:0
  4. 活発なみなさんの活動のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/1687-3019c107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)