FC2ブログ

嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿、銀座で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

冬の湖岸


少しだけ温かいかな。春めいてきたかなと思ってもまた今日は寒いですね。 生徒さんの中にはすっかり風邪をもよおされた人もいました。私はジワジワやってきている花粉症を感じ始めています。
さて、今朝はこちらです。こちら冬の湖岸。冷たい水にさらされながらも一匹のさぎが魚をまっています。冬の湖岸というのはまた風情ありますね。純白のさぎがまわりの枯れたあしの陰にじっと寒さをこらえながら待っている。その冬の色というべき光景はまた美しい。

私はやはり絵を描く前に訪れた風景や街並みを思い返す一瞬が誠に好きです。心にはやはり美しい思い出深い光景や風景がいつ時ものこってますもんね

それを水墨画になおす。自分にとってこれほど贅沢な作業はないかもと思います。なぜなら、写真よりもそのときの感動がより深く現れるような気がするから。
昔の人はよく水墨画を 「心の心情的心象的な絵画」とよく言ったものだなあとつくづく思います。
水墨画はみた感動を素直に描けたらそれでいいんですね。
勿論、プロ並みを目指せばかなり細かい技法もありますが、私が思うに絵に云々かんぬんいう前に心の心象風景を素直にかけてまず満足出来ればそれでいいではないのかと。

今朝の一筆は冬の私が感じた風情ある一こまでした。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村



こちらをクリックすると教室情報がご覧頂けます。
スポンサーサイト



  1. 2010/03/02(火) 08:10:36
  2. 嵐酔 gallery
  3. 冬の湖岸のトラックバック:0
  4. 冬の湖岸のコメント:2

Home

コメント

素敵ですね

自分の見た、感動した情景を絵に残せる。
素敵ですね。
写真にとって後から眺めるのとは違って、
よりその時の感情が甦ってくる気がします。

私はほとんど今の絵で風景を描いたことがないので
こんど挑戦してみますね。
  1. 2010/03/02(火) 22:42:35 |
  2. URL |
  3. 沙羅樹 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

沙羅樹さんいっつも温かいコメントありがとう

沙羅樹さん コメントありがとう。私は私で沙羅樹さんのような作品も描いてみたい気もしますが。要はお互いに絵を愛し素直な絵を感動を伝えていきたいですね。
  1. 2010/03/03(水) 11:21:52 |
  2. URL |
  3. 嵐酔 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/308-d0df8b31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)