嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

桃の節句


見事な桃。 今日は桃の節句。ひな祭りの人形をだしてお祝いしてますかね?!

一年の巡りは大変早いものですね。初春にふさわしい桃の節句。

庭先を歩いていたらこんなにも美しい桃にでくわしました。これも自然の出会い。こんな美しい桃を見たら絵にかきたくなりました。

桃の節句。 節句とはどんあ意味があるのだろうと見てみたら、

節句=ひな祭りは、高貴な生まれの女の子の厄除けと健康祈願のお祝いとしての「桃の節句」が、庶民の間にも定着していったお祝いで、雛人形などを飾り、桃の花や白酒、菱餅などを供えて女児の健やかな成長を祈ります。
      
特に初節句のひな祭りは、身のけがれを祓う災厄除けの行事です。
      
元々は、「上巳(じょうし)の節句」と呼ばれ平安時代に自分の災厄を代わりに引き受けさせた紙人形を川に流す「流し雛」が、室町時代に3月3日に定着し紙の雛ではなく豪華なお雛さまを飾って宮中で盛大にお祝いするようになりました。

その行事が武家社会へと、さらには裕福な商家や名主の家庭へと広がり、今の雛祭りのようになっていたようです。
【時、歳時記より抜粋】

身のけがれを清めるという意味でも節句が古来より慕われていたんだなあ。

行事も昔は考えもしませんでしたが、今じゃ、こんな行事にも興味をもって時それぞれの歳時記なるものを意味を噛み締めて
感じる3月3日の節句になりました。

みなさんは、どんあ節句を過ごしてますかね?!
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村



こちらをクリックすると教室情報がご覧頂けます。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/03(水) 18:37:58
  2. 日記
  3. 桃の節句のトラックバック:0
  4. 桃の節句のコメント:1

Home

コメント

桃の花

嵐酔さんの描かれる、桃の花が見たいです!
梅の花も見たいです!
いつかアップしてくださいね^^
  1. 2010/03/03(水) 21:34:43 |
  2. URL |
  3. 沙羅樹 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/309-d5b79e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)