FC2ブログ

嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿、銀座で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

生徒さんの喜び 水墨画の野菜を描く


「いきいきした野菜たち。 まるでその描く方の心模様ですね。野菜がとても輝いて見えます。」

今日の作品は、女性の生徒さんの作品です。「私も、生涯の楽しみで水墨画を自由に描いてみたいと思っています。」
と語られ、足を運んでくれました。
以前に、少しだけ、俳画をたしなんでいたようですが、本格的に水墨画や墨彩をやってみようと決意されたようで、今ではその思いもこうして絵の中に徐々に表れています。

書道や水墨画を、「生涯の友に」という思いで習われる方も多いですね。
やはり、ひとつでも自由に自分らしく、好きなときにさらっと描けたらそれは一番素敵な心の支えとなる趣味になるんですね。

私は、いつも思っています。「始められた頃の書道や水墨画を大切にしてほしい。」と。
なぜならば、一番心も純粋で、素直に描いて行けるからなのです。

時を重ねて行くことで、人間という生き物は、自然的に欲も出ますが、やはり絵や書という芸術を考えたときには、芸術の本質を忘れることなく、自分らしく描ける書ける喜びを忘れないでやっていただきたいと思うのです。

展覧会や、また公募展等もありますが、そうしたところに頻繁に出して行くこともそれはそれでいいでしょう。
ですが、昨今の展覧会は私ははっきりいってつまらないのです。師や流派を継承しすぎてコピーなりすぎた絵や書 それで賞や入選を果たしても果たして本当の喜びとして本当に喜べるかという所までにきているようです。

私ももちろん、そうした場所に出品することもありますが、私の師匠には申し訳ないのかもしれませんが、決して模倣や、技巧に懲りすぎた作品作りは嫌いなので自分流で自分らしく今でもやっています。もちろん賞など関係なく。それはそれで私は満足なのでこれからも不滅でしょうか。

私も、水墨画や書道を始めた頃を思い出すと、やはり、そのきっかけは、こちらの生徒さんと同じように、絵が好きでしたので
「生涯やれる水墨画で人が見ていいなあ」と思ってくれるそんな水墨画をめざしたかっただけですから到底、競争も嫌い、ましてや心を偽って描くことすらできません。そんかこんなで今も変わらず筆を握っています。

私は、こちらの生徒さんがお稽古にいらっしゃって、黙々と練習をし、そしてこんなにもすばらしい作品を心のままに描いてくださっている行為そのものに新鮮さと、素直さを感じずっと見習わないといけないなあと感じております。


私の、主張は、
「生徒さん、基礎の力はきちんと着実に身につけよう。しかし、コピーを作るな。師や流派に固執することなく自分らしく、
個性的に習った基礎を最大限に活かして貴方だけの水墨画や書を書こう。」

今日もそんな思いで生徒さんと接しております。

素敵な絵や書をこれからもがんばってほしいと切に願っています。みなさんもがんばってくださいね!!

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村



教室情報はこちら。ご入会希望の方は末尾のお願いをお読み下さり、ぜひお守り頂ける方にお願い致しております。
スポンサーサイト



  1. 2010/03/07(日) 11:50:01
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 生徒さんの喜び 水墨画の野菜を描くのトラックバック:0
  4. 生徒さんの喜び 水墨画の野菜を描くのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/313-fe57ca74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)