嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

墨の無限


みなさんは墨はすってますか。 墨をするのもとても大切。それは
白い紙を見つけて、右手では墨をすり、目は紙を見つめ、これから、さあ、心の模様をどう描こうかと

自問自答する。

墨には、無限の可能性がいっぱいですよ。 墨の濃さによっては、水の作用で予期しなかった

表現が生まれたり、また、薄くなって霧のように見える墨の色。

これは、墨をすらないとできません。 

最近は便利な世の中なので、やたらにいい液体の墨が生まれていますがやっぱり

墨をするという固形の墨の方がおそらく自分の手を通じて心が

すられていくように思うのですが・・・・・私だけでしょうかねえ。

今回は、初秋の秋に田舎の野原で見つけた彼岸花を墨で描いています。

彼岸花は、菊の花に属するようで形は似ていますね。でも、その燃えるような紅の色は

田野の夕焼けの日のなかで幻想的に見えました。

その記憶が脳裏にあり、私は、記憶をたどり、大きな作品としてこの水墨の彼岸花を

書いたのです。

仏の花 仏に会いにいくときには両岸にこの燃えるような花が咲いており、この赤は生の時代の血の色

この花道が多いほど自分の生きた人生が華やかだったことの証として仏様には見えるのだとか。

そういう意味深い花だからこそ私は、墨で表現し、その深い意味を深い無限の可能性がある

墨に託してみたのです。

みなさんの心に万珠釈迦の深紅の色は映りましたでしょうか。 

今日も雨の音を聞きながら静かに墨をすっています。    









仏水墨画家Gregoryさんと嵐酔の国際墨絵サイト

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。

教室情報はこちら。写真をクリックしてね みなさんのお越を心からお持ちしております。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/30(土) 13:26:38
  2. 嵐酔 gallery
  3. 墨の無限のトラックバック:0
  4. 墨の無限のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/601-7067c07d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)