FC2ブログ

嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿、銀座で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

水墨画人物を描く2


みなさん おはようございます。いやあまた朝からすごい雨 台風みたいですね。



さて、今朝の一枚はこちら。中国の京劇 水墨画を描く 人物は水墨画のなかでも山水画に匹敵する あるいはそれ以上の上級者向けの世界。

人を描くには日々の繰り返しの練習しかありません。

今回は中国京劇から眺めた人物です。

あの軽快な動きの中で人物の動きや表情を何度も繰り返し観察しますがまあなかなか思ったようにはいきませんね。

静止画ではいけません。

あくまでも人物は生き物 観るなら人物そのものしかないんです。

私のアトリエ以外の書斎には人物専用の画帳がいくつもあり 常にその日々手習いの経過を眺めています。

人物を描くにあたり、私なんかは日々行き交う人のちょっとした動きを見つめながら自宅にもどるとすぐ画帳を取り出し描いています。

いずれは人物 とくに中国京劇の世界のあの美しい世界を大作に仕上げてみようと画帳を眺めながら感じている今朝でした。


 


 



  こちらの写真をクリックしていただけるとサリム氏のHPがご覧になれます。


 


仏水墨画家Gregoryさんと嵐酔の国際墨絵サイト

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。

教室情報はこちら。写真をクリックしてね みなさんのお越しを心からお待ちいたしております。随時無料体験実施しています。


スポンサーサイト



  1. 2010/12/03(金) 08:29:04
  2. 嵐酔 gallery
  3. 水墨画人物を描く2のトラックバック:0
  4. 水墨画人物を描く2のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/640-bc75fb1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)