FC2ブログ

嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿、銀座で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

墨を知って描く


みなさん こんにちは すばらしい水墨画の魅力にはやはり墨の濃淡がはっきり出ています。


水墨画を描くときは、やはり墨をすってその濃淡を自分で調整しますがやはりこういう動作も墨を知らないと


行けないのです。


墨は、生きていますからすぐ瞬間で色も多用に変化します。墨にどれくらいの水をいれるかまたどれくらいの


墨を筆に含ませて描くのかをきちんと把握して紙に走らせるのです。


 


墨の濃淡で描くヨーロッパ風景 今回は濃淡を活かし、少しもやでかすんで見えるイタリアベニスの運河。


以前、イタリアに行った時の思い出は今なお鮮明に残っておりまして、特に最近では心に残る度の風景を墨絵にして


みなさんにご紹介しています。


墨というものは、いやあ、奥が深すぎ 深いからこそまだまだそれについて知りたいと思うようになり、自分で


研究をひたすら繰り返すのです。


墨を知ることは水墨画の大道でもあり、墨絵を活かす最大のお仕事になります。


今回はベニスを描いてみました。


ヨーロッパの建物 現代水墨画技法で描くと大変風情がありまして、部屋に飾ってみるとなんともオシャレでした。


墨の魅力をみなさんも堪能してくださいね。きっと水墨画の奥義を墨の濃淡で知れるようになるでしょう。


 



国際中国書法国画家協会アメリカ支部



  国際中国書法国画家協会ベルギー/オランダ支部



国際中国書法国画家協会フランス支部 



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。

教室情報はこちら。写真をクリックしてね みなさんのお越しを心からお待ちいたしております。随時無料体験実施しています。



スポンサーサイト



  1. 2011/01/22(土) 14:17:01
  2. 嵐酔 gallery
  3. 墨を知って描くのトラックバック:0
  4. 墨を知って描くのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/680-2fbc3cd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)