嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

漢詩紀行 楓橋夜泊の詩から


みなさん こんにちは 今日は漢詩紀行より「張継の楓橋夜泊」をお届けします。


 




   月落烏啼霜滿天 


   江楓漁火對愁眠 


    姑蘇城外寒山寺 


     夜半鐘聲到客船


 


 





夜が更けて月は西に傾き、烏が鳴き、霜の気が天に満ちている。


漁火の光が運河沿いの楓の向こうに見え、旅愁を抱いて眠れないでいる私の目にチラチラして見える。


姑蘇城外にある寒山寺から夜半を告げる鐘の音が響き、この船にまで聴こえてくる。


            【漢詩紀行:漢詩の朗読から】


 


 



楓橋夜泊」は、中国・日本とともにたいへんよく知られた詩です。詩吟で吟じられたり、教科書に載ったり、掛け軸になったりと、色々な形で親しまれています。


隋の煬帝の築いた大運河を旅する途中、小舟を楓橋のたもとに寄せて一夜を過ごした…旅情溢れる詩です。


とても壮大でその限られて詩の中でとうとうに流れる無限の気持ちになった作者の思いが伝わってくる名作です。


今回は水墨画にのせて詩意画にしてお届けしました。


 


漢詩をこうして綴るのもまた気持ちが変わりいいですね。


 



朝日カルチャーセンターのご案内はこちらから


 


 


国際中国書法国画家協会アメリカ支部


 


  国際中国書法国画家協会ベルギー/オランダ支部


 


国際中国書法国画家協会フランス支部 



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.




にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。

教室情報はこちら。写真をクリックしてね みなさんのお越しを心からお待ちいたしております。お気軽にお問い合わせくださいね。








スポンサーサイト
  1. 2011/04/15(金) 10:53:03
  2. 嵐酔 gallery
  3. 漢詩紀行 楓橋夜泊の詩からのトラックバック:0
  4. 漢詩紀行 楓橋夜泊の詩からのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/755-52e2559d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)