嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

中国遼寧鞍山市 本会遼寧分会事務局


みなさん 特集として本会の遼寧分会をお届けしています。


今回は中国遼寧省鞍山市に当協会の遼寧分会事務局ができました。その場所には数多くの作家の作品が収蔵されました。みなさん、中国を代表するすばらしい書法家 水墨画家さんたちの立派な作品ばかりが飾られ、来る方にそのすばらしい作品が紹介されています。私の作品も恥ずかしながら飾られました。多くの方々と思い思いの作品に筆を運ばせたことが大変貴重な思い出になりました。


これからもまた多くの方々がが墨に心を癒され、墨の美を感じてくれるように私もがんばらせていただきたいと思っています。多くの方々に深く感謝しこれからの活動に期待をしたいと思っております。


中国協会事務局より


 



作品右寄り2番目 中国遼寧分会会長 紫雲先生作品


 分会理事会理事 高濤先生 山水作品


 



中国遼寧分会 理事会理事 孫勃先生作品


 



作品中央 書2行書 遼寧分会理事長 呉功久先生


左:遼寧分会国画部副部長:孟庸 先生 83歳の文化大革命から生き抜かれた大変優れた画力と水墨画書法芸術に心を託された偉大な先生でした。


左寄り2番目 日本本部矢形 嵐酔作品


 


 孟庸先生 奥様とともに いつまでもお元気でいらしてほしいと心から願っております。!!



孟庸先生に特別に私の作品を講評していただきました。大変先生の教えが身にしみ今後の作家活動に参考にさせていただきたいと思っております。謝謝



右側 嵐酔より中国遼寧分会に寄贈させていただきました蘇州水郷風景の作品です。


 


今後も遼寧分会のますますのご発展を心から応援し、ともに一眼となり世界にすばらしい書 水墨画を伝えていければと思っています。そして親睦と友好 世界の平和をいのりつつ。


 


国際中国書法国画家協会 中国遼寧分会 事務局より



 


 国際中国書法国画家協会中国遼寧分会 ICCPS-LB    


 


 



国際中国書法国画家協会アメリカ支部


 


  国際中国書法国画家協会ベルギー/オランダ支部


 


国際中国書法国画家協会フランス支部 



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.




にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。

教室情報はこちら。写真をクリックしてね みなさんのお越しを心からお待ちいたしております。お気軽にお問い合わせくださいね。


 


 


スポンサーサイト
  1. 2011/04/24(日) 11:19:46
  2. 国際中国書法国画家協会中国遼寧分会
  3. 中国遼寧鞍山市 本会遼寧分会事務局のトラックバック:0
  4. 中国遼寧鞍山市 本会遼寧分会事務局のコメント:3

Home

コメント

こんにちは!

 お世話になります。どの先生方の作品も素晴らしくただただ感服いたしております。
 昨日サリム先生から教室展の日程(5月29日~6月5日)と時間等お知らせ下さいました。場所はどちらで開かれれますか?ご教示いただければ嬉しいです。
  1. 2011/04/26(火) 11:16:54 |
  2. URL |
  3. 攀桂堂 藤野純一 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

藤野さんへ

はい 展覧会のご案内はまたブログにものせますからぜひお時間ありましたらいらしてくださいませ これからもよろしくお願いしますね
  1. 2011/04/27(水) 11:16:31 |
  2. URL |
  3. 嵐酔 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

ありがとうございます☆彡

 ご丁寧にすみません。またブログの方見させていただきます。
 お忙しいとは思いますがお身体お気をつけて下さいませ。
  1. 2011/04/27(水) 17:34:11 |
  2. URL |
  3. 攀桂堂 藤野純一 #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/764-7a119947
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)