嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

親子とのつながり


みなさん おはようございます。


すがすがしいい朝 昨日は、徹夜をしながら展覧会の作品の最終段階を終わりました。


時間というのは光陰矢の如しとはよく言ったものですね。 さて、今朝はこちらをご紹介しています。


最近は、親子で何かを学ぶというのはめっきり少なくなり、なかなか親と子の心をつながりを持つということが少ない今日この頃です。


私の教室にこの度、奈良県より書道を学びにこられている生徒さんのお子様もお母さんとなら学んでみたいと気持ちよく


足を運んできてくださいました。


今年ピカピカの小学1年生!! 目がクッリとしてとても愛嬌のあるお子様で、きちんと自分で挨拶もできたいへん


まっすぐに育っています。


今回は、書道をやるということでお母さんの隣で必至になってもくもくと豪快に筆をとりました。


お子様の作品には素直さがありどこか味わいがあるんですよね。大人に成るとなんだかんだと欲が


でてきて子供の書くような素直さまで気がついたら消えていたということもよくあります。


 


今回は、お母さんと基本の線を学んでいただいたあとにひらがなを試しに書いてみました。


筆もたいへん上手に持ちながら、お母さんの横でしっかり丁寧に練習ていました。


親子が筆をもってそして静かに心を筆に託してともに同じ時間を過ごせる なんとも贅沢で貴重な時間だなあと


すこし未定ながらうらやましく思いました。


 


今はたいへん便利で豊かで効率のいい社会ですから、書道なんかはあまり好まれないかもしれない。


しかしながら、やはり私は、自分と向き合う そして同じ人間が同じ環境で生きているなかで心不在のコミュニケーションはあまりに寂しいし、なんだか無機質なような実態で私はさみしいと思うのです。


ですから、相手を思いながらもわざわざ自分の手で書くという行為にどこかみえないやさしさ 思いやりがあると思うのです。


今回、親子であっという間の90分をもくもくと練習し、お互いに見つめ合いながら同じ趣味を共有できました。


一緒にふれあうとはこういうことをいうのかもしれまんせんね。


みなさんも、もし親子でなにか楽しむことがありましたら何でもかんでも楽しんで思い出に残るそんな時間を体験してみてくださいね。


貴重な時間の中でなにか心に残る思い出が親子で共有できることでしょう。


 


すばらしい時間をありがとうございました。これからもますます楽しんで筆を持ってくださいね。!!!


 



りっぱに書けましたあ。 こんな素直な気持ちがいいのかもしれません。がんばってね。


 



 平成11年度 中国遼寧省美術家協会協賛 洛陽中国書法水墨画教室展覧会情報はこちら


 


 


 


 国際中国書法国画家協会中国遼寧分会 ICCPS-LB    


 


国際中国書法国画家協会アメリカ支部


 


  国際中国書法国画家協会ベルギー/オランダ支部


 


国際中国書法国画家協会フランス支部 



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.




にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。

教室情報はこちら。写真をクリックしてね みなさんのお越しを心からお待ちいたしております。お気軽にお問い合わせくださいね。


 



 


 

スポンサーサイト
  1. 2011/05/18(水) 10:55:07
  2. 生徒さんたちの活動
  3. 親子とのつながりのトラックバック:0
  4. 親子とのつながりのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/780-8adff7d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)