嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

共に楽しむ


みなさん こんにちは 日増しに蒸し暑くなっていますね。


これから今年の夏は電力不足などの影響はじわじわやってくるのでしょうかね。節電を進んでやらないと行けないです。


さて、今日はこれ。


いつも仲良くさせていただきながら交流を続けている夕幻書道教室 主宰 夕幻先生とまた機会があって数時間書道やら水墨画の交流揮毫会を楽しみました。


先生はお若いですが、しっかり書道も学ばれ、素直に字をさらりと書いておられました。


文字というのはよくいったもので、「心正しければまたその書も正しい」ということを証明しているかのように夕幻さんの字はまたなおさら暖かみもあり心にふとふれるような作品なのです。


さて、私はというと、貴重な揮毫会を楽しみながら、水墨画で作品を書きながら楽しみました。


同じ墨を愛する者が、自由気ままに作品作りを楽しめることがとてもうれしいですし、お互いに仲良く交流が出来ることがとてもうれしい。


 


なかなか書道の世界も水墨画の世界も、特殊といえばそうかもしれませんが、なにか日本の芸術界は保守的で、横とのつながりをもとうとしませんよね。一番可愛いのはきっと自分の会 ですが、いろいろな人がいるのと同様に、いろいろな


表現があり、いろいろなスタイルがあり、要はそれぞれの人間が墨という物を使いながら芸術表現をしているだけなのです。


 


だから、私は、いろいろな表現を認めながら、「ああ、こういう書き方もあるのかあ。」なんて人様の描き方 書き方を通してまた自分の作風において研究を続けています。


私は、いろいろな人がいろいろな形で発表されている書や水墨画などを見ながら機会があれば交流しています。


夕幻さんもまたその一人。 旅行好きでおひとやか また書道も若さがありまた新鮮で斬新


こういうところを私は横で見せてもらいながら、共に楽しみ、共に筆をもって心の交流を続けています。


同じ芸術を愛するものが、「あれはあかん」「こういう書き方じゃないなあ」など言う物ではなく、多彩な表現を認め合いながらも自分の表現方法を自分なりに作り上げ、オリジナルを生み出してこそそれがいち表現に成るのだと思います。


 


また次回の揮毫会 楽しみでなりませんね。 今回もすてきな貴重な時間があっと過ぎ去りました。


 



左:夕幻作 右:私 同じものをしたためてもまた味わい 書き手でこんなにも違うのがまたいいや


 


 



 平成11年度 中国遼寧省美術家協会協賛 洛陽中国書法水墨画教室展覧会情報はこちら


 


 


 


 国際中国書法国画家協会中国遼寧分会 ICCPS-LB    


 


国際中国書法国画家協会アメリカ支部


 


  国際中国書法国画家協会ベルギー/オランダ支部


 


国際中国書法国画家協会フランス支部 



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.




にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へにほんブログ村 ブログランキング参加中 みなさんポチッと入れてくれたらうれしいです。

教室情報はこちら。写真をクリックしてね みなさんのお越しを心からお待ちいたしております。お気軽にお問い合わせくださいね。


 


スポンサーサイト
  1. 2011/05/22(日) 11:36:31
  2. 日記
  3. 共に楽しむのトラックバック:0
  4. 共に楽しむのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/784-8774d552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)