嵐酔水墨画書道教室 東京・渋谷表参道/恵比寿で学ぶ水墨画と書の世界 ~Ransui's Sumi Art class

渋谷恵比寿と表参道で学ぶ本格的な水墨画と書の世界 心の模様を素直に墨と筆に託して思いを伝える そんな教室の様子 水墨画と書の文化を活動を通して発信中 

書 かなを書く 

dhz


みなさん こんにちは お元気ですか。
今朝は、少量の墨を摺りおろしまして美しい俳句をかな料紙にしたためてみました。


「帯ほどに川も流れて汐干かな」 水間 沾徳  句




 この俳句は、水間 沾徳(みずま せんとく、寛文2年(1662年) - 享保11年5月30日(1726年6月29日))は江戸時代初期、松尾芭蕉、宝井其角と同時代の俳人の句を詠んだもの。


 「汐干」汐が遠く引いたので、海へ流れ込んでいる川が、干潟の中に細く帯のようにみられるという大意そうです。


なんとも詩人というのは何気ない様子をうまい具合に詠んでしまうものですね。

言葉がいかに洗練され、また創造豊かでないとこういう表現はむずかしいのではと思うくらいです。



我が教室では、最近はかなを習いたいと足を運ばれる方も多いのです。

日本には古から伝わるすばらしい句や短歌が多いのでぜひぜひそういうみなさん 自分で筆をもってさらっと
かなの美しい紙にしたためてみるのもまた楽しさを感じることもできるではないでしょうかねえ。



また今から指導で、今日はかなを徹底指導します。


ではまた





教室のお問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。





▼国際中国書法國画家協会にご入会いただけますと各国の支部会員と筆を通じた文化交流も可能です、
ご興味の方は以下のICCPS 国際中国書法國画家協会 日本本部をご確認お手続きくださいませ。▼


ICCPS 国際中国書法国画家協会各国支部のHPはこちら



にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村  


にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へにほんブログ村ブログランキング参加しています。みなさんポチッと投票お願いしまっす!!クリックしてね.


にほんブログ村 イラストブログ 墨絵イラストへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2012/05/11(金) 10:42:42
  2. 嵐酔 gallery
  3. 書 かなを書く のトラックバック:1
  4. 書 かなを書く のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumiransui.blog.fc2.com/tb.php/982-8c465025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【書 かなを書く 】

みなさん こんにちは お元気ですか。今朝は、少量の墨を摺りおろしまして美しい俳句をかな料紙にしたためてみました。「帯ほどに川も流れて汐干かな」 水間 沾徳  句 この俳
  1. 2012/05/12(土) 13:22:45 |
  2. まとめwoネタ速neo